特集「保険」 特集「仮想通貨/ビットコイン」 特集AI 人口知能がもたらす禍福 広告特集「M&A/事業承継」 特集「本を読む。」 特集「不動産投資のはじめ方」 DC特集
経済・ビジネス
Written by ZUU online編集部 1,291記事

リオ五輪、米大統領選、参院選……

2016年はどんな年? 注目の経済イベント

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)

もうすぐ2016年。世界・海外ではリオ・デ・ジャネイロのオリンピック、パラリンピックや米国大統領選などビッグイベントが相次いで行われる。国内でもマイナンバー制が始まったり、伊勢志摩サミット、選挙権の年齢引き下げ後初めての国政選挙となる参議院選挙が予定されている。注目のイベントを1月から順に見ていこう。

1月 マイナンバー制度がいよいよ稼働

●マイナンバー制度が運用開始(1日)
通知カードの誤配や遅配などがなにかと話題になっているマイナンバーがいよいよ運用開始となる。1月以降は社会保障や税金の申請・手続きにはマイナンバーが用いられる。写真付きの個人番号カードの発行も始まり、行政手続きも簡素化される予定だ。

●台湾総統選挙(16日)
馬英九総統の任期満了に伴って行われる台湾の総統選挙。最新の世論調査では民進党の蔡英文氏が国民党の朱立倫氏を大きくリードしている。8年ぶりの政権交代と初の女性総統誕生なるか、注目が高まっている。

●ロボットタクシー実証試験開始
2020年代に無人タクシーの実現をめざすロボットタクシー社が神奈川県藤沢市の公道で自動運転タクシーの実証実験を行う。

2月 FIFA新会長決定、クリーンな改革なるか

●FIFA会長選挙(26日)
汚職事件などで揺れる国際サッカー連盟(FIFA)の会長選挙が実施。アジアや欧州など各サッカー連盟幹部など5人が立候補しているが本命不在という声も多い。有力候補とみられていたのはプラティニFIFA副会長だが、不透明な金銭授受問題で活動停止処分を受けているため、候補者資格は保留されている。

3月 東京から最速約4時間、北海道新幹線が開業

●米国スーパー・チューズデー(1日)
米大統領選で最も多くの州が予備選・党員集会を同時開催する大きなヤマ場。候補者選びの行方に大きな影響を及ぼす。

●東日本大震災から5年(11日)

●北海道新幹線開業(26日)
いよいよ北海道新幹線、新函館北斗―新青森間が開業。東京―函館間を最速4時間2分で結び、1日13往復となる。観光特需に沸いた北陸新幹線のブーム再来を期待する地元の声は少なくない。

●ユニバーサル・スタジオ・ジャパン開業15周年(31日)
過去最高の入場者数を更新している好調のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)が開業15周年を迎える。うつぶせ姿勢で楽しむ最新鋭ジェットコースター「ザ・フライング・ダイナソー」をはじめ、これまでのテーマパーク概念を吹き飛ばすようなアトラクションやイベントが続々登場する予定。

●任天堂が初のアプリリリース
任天堂が初のスマホ向けアプリをリリースする。「Miitomo(ミートモ)」という無料アプリで、自分のMiiを作成し、質問と回答で友達のMiiとコミュニケーションを行うコミュニケーションアプリだ。

4月 電力小売り開始で各社の競争激化

●電力小売り、全面自由化(1日)
これまで各地域で決まった1つの電力会社だけが独占供給していた家庭向け電気の小売販売の新規参入が可能になる。家庭で自由に電力会社や料金メニューを選べるため、携帯電話やガスとのセット販売など価格やサービス競争の過熱が予想される。異業種も多く参入し、事業申請した会社は100社以上となっている。

●東京TYと新銀行東京が経営統合(1日)

●首都高速の料金制度変更
首都高速が距離制料金に統一される。1キロ当たり36円となり、10キロまでの短距離であれば料金は値下げとなり、36キロ以上の距離であれば値上がりとなる。

5月 伊勢志摩サミット開催、その波及効果に期待

●フィリピン大統領選挙(9日)

●三重県伊勢志摩でG7サミット開催(26~27日)
三重県で主要国首脳会議が開催される。前回、日本でサミットが開催された8年前の北海道洞爺湖では、ふたを開けてみると経済効果が薄かったという声も。しかし、三重には伊勢神宮をはじめ観光資源が豊富なので外国人観光客を中心に観光客の大幅増が期待されている。その経済効果は1000億円以上ともいわれている。

●東京・大手町に「大手町温泉」開業
皇居のすぐそこ、東京のビジネス街「大手町」に2014年に温泉が湧出。 再開発プロジェクトを進める三菱地所が開業するオフィスビル内のフィットネス施設に使われる。また、7月には星野リゾートの高級旅館「星のや 東京」も開業予定。

●初の世界人道サミット開催
国際人道支援をより効果的に行うために、世界が直面している人道分野の重要課題に取り組むことを目的とした世界人道サミットがトルコで開催される。

6月 選挙年齢を引き下げる改正公職選挙法が施行

●選挙年齢が18歳以上に引き下げ(公職選挙法改正法公布)(19日)
70年ぶりの制度改正で18歳から選挙に参加できることとなった。そこで一部の高校では模擬選挙や政治課題に関心を持つ啓発授業などが始まっている。政治家も若年層の支持獲得を狙って討論会や懇親会などを開催。実際に18歳以上が参加しての選挙が行われるのは7月の参院選となる。

●上海ディズニーリゾートが開業予定

●宇宙飛行士 大西卓哉さんが国際宇宙ステーション(ISS)に6ヶ月間の長期滞在を開始予定

次のページ
下半期は参院選
12
page 1 of 2
2016年はどんな年? 注目の経済イベント
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします
PREV リアル『下町ロケット』 三菱航空機から選出!「社長が選ぶ...
NEXT 井上真央演じたNHK大河ドラマ「花燃ゆ」 杉文は「起業家の鑑...