auカブコム証券のiDeCo 概要

アプリから簡単申込で始められて節税対策にもなる投資

概要

auカブコム証券のiDeCoでは、iDeCo専用のアプリが提供されており、スマートフォンで口座開設の申し込みや節税効果のシミュレーション、投資信託の選択ができます。大手ネット証券のSBI証券や楽天証券では、iDeCo専用サイトは提供しているものの、アプリの提供はありません。iDeCoが初めての投資になる人には、アプリのインストールから簡単に始められる「カブコムのiDeCo」は大変魅力的でしょう。

auカブコム証券のiDeCoでは、KDDIアセットマネジメントが運営管理機関となります。取扱商品は、信託報酬が業界最低水準となるインデックス投資信託を中心に、株式、債券、不動産(REIT)の投信や定期預金など幅広く27本から選択することができます。また、iDeCoを利用した節税効果のみを希望する人は元本確保型の商品を選択することができます。簡単にiDeCoによる節税金額を知ることができる「節税シミュレーション」を使ってみましょう。

auカブコム証券のiDeCoは運営管理手数料が無料です。そのため、ランニングコストを抑えた資産運用が可能です。

さらにauの2つのPontaポイントがたまるプログラムが提供されており、節税効果にくわえてPontaポイントをためることができます。ただし、NISAと異なり、au PAY カード決済による積立投資に対応していないため、注意が必要です。

取扱銘柄数

5つの運用スタイルから選べるラインナップが魅力

信託報酬が業界最低水準となるインデックスファンドを中心に、幅広い資産の投資信託にくわえて、容易に分散投資が実現できるターゲットイヤー型ファンド、元本確保型の確定拠出年金定期預金など、27本から選択することができます。

また、他社とは異なり、auカブコム証券が定める5つの運用スタイルに27本をカテゴライズしています。自らのニーズに合わせて運用スタイルを選ぶことで、投資先の選択肢が最大でも10本に絞られます。例えば、お金を減らしたくない人は確定拠出年金定期預金の一択で、何を選んで良いか分からない初心者向けにはバランス型投資信託5本から選ぶというようになっています。

インデックスorアクティブ

インデックス

auカブコム証券では10本のインデックスファンドを取り扱い

auカブコム証券では、投資対象を選択して比率を決めたい中級者向けに10本のインデックスファンドが提供されています。投資対象の資産は、株式(国内、先進国、新興国)および債券(国内、海外、新興国)、他にREIT(国内、先進国)、金の9種類です。基本的には1つの資産につき1本の投資信託が厳選されていますが、国内株式のみ、日経平均株価とTOPIXに連動する投資信託の2本から選択することができます。投資対象資産の選択と投資信託の選択がほぼ一致するため、他社と比較しても、投資初心者には選択しやすい商品ラインナップになっています。

アクティブ

auカブコム証券では5本のアクティブファンドを取り扱い

auカブコム証券では、市場指数を上回る運用を目指したい上級者向けに5本のアクティブファンドが提供されています。過去の運用成績が好調で人気のある「ひふみ年金」をはじめ、成長力がある日本株式に投資する「フィデリティ・日本成長株・ファンド」、グローバル優良企業の株式に投資する「iTrust世界株式」、テーマ型投資信託の「iTrustバイオ」、「iTrustロボ」のラインナップになっています。

元本保証型

節税効果のみ狙うなら元本確保型も選択肢

auカブコム証券では、お金を減らしたくない人向けに「三菱UFJ銀行確定拠出年金専用1年定期預金」を提供しています。元本保証にくわえて預金保険制度の対象であり、安全性の高い元本確保型の商品です。iDeCoの節税効果は魅力的ですが、投資信託での資産運用に不安がある人や、資産の一部は安全性の高い商品で運用したいと考える人におすすめです。他社の元本確保型の商品と金利などの商品性では大差がありません。

取扱銘柄数

5つの運用スタイルから選べるラインナップが魅力

信託報酬が業界最低水準となるインデックスファンドを中心に、幅広い資産の投資信託にくわえて、容易に分散投資が実現できるターゲットイヤー型ファンド、元本確保型の確定拠出年金定期預金など、27本から選択することができます。

また、他社とは異なり、auカブコム証券が定める5つの運用スタイルに27本をカテゴライズしています。自らのニーズに合わせて運用スタイルを選ぶことで、投資先の選択肢が最大でも10本に絞られます。例えば、お金を減らしたくない人は確定拠出年金定期預金の一択で、何を選んで良いか分からない初心者向けにはバランス型投資信託5本から選ぶというようになっています。

インデックスorアクティブ

インデックス

auカブコム証券では10本のインデックスファンドを取り扱い

auカブコム証券では、投資対象を選択して比率を決めたい中級者向けに10本のインデックスファンドが提供されています。投資対象の資産は、株式(国内、先進国、新興国)および債券(国内、海外、新興国)、他にREIT(国内、先進国)、金の9種類です。基本的には1つの資産につき1本の投資信託が厳選されていますが、国内株式のみ、日経平均株価とTOPIXに連動する投資信託の2本から選択することができます。投資対象資産の選択と投資信託の選択がほぼ一致するため、他社と比較しても、投資初心者には選択しやすい商品ラインナップになっています。

アクティブ

auカブコム証券では5本のアクティブファンドを取り扱い

auカブコム証券では、市場指数を上回る運用を目指したい上級者向けに5本のアクティブファンドが提供されています。過去の運用成績が好調で人気のある「ひふみ年金」をはじめ、成長力がある日本株式に投資する「フィデリティ・日本成長株・ファンド」、グローバル優良企業の株式に投資する「iTrust世界株式」、テーマ型投資信託の「iTrustバイオ」、「iTrustロボ」のラインナップになっています。

元本保証型

節税効果のみ狙うなら元本確保型も選択肢

auカブコム証券では、お金を減らしたくない人向けに「三菱UFJ銀行確定拠出年金専用1年定期預金」を提供しています。元本保証にくわえて預金保険制度の対象であり、安全性の高い元本確保型の商品です。iDeCoの節税効果は魅力的ですが、投資信託での資産運用に不安がある人や、資産の一部は安全性の高い商品で運用したいと考える人におすすめです。他社の元本確保型の商品と金利などの商品性では大差がありません。

手数料

業界でも最低い水準の手数料でランニングコストを抑えた投資

auカブコム証券の「カブコムのiDeCo」は、業界でも最低い水準の手数料です。

加入時および運用時にかかる「運営管理手数料」が無料で、iDeCo加入後に毎月発生する手数料は171円(税込)です。内訳は国民年金基金連合会に105円(税込)、信託銀行に66円(税込)となっています。毎月の掛金拠出を停止した場合は、毎月発生する手数料は、信託銀行に支払う66円(税込)のみとなります。

auカブコム証券では掛金の拠出の有無に関わらず、運営管理手数料が無料です。SBI証券や楽天証券と並び業界でも最低い水準となっており、ランニングコストを抑えた投資ができます。

手数料

業界でも最低い水準の手数料でランニングコストを抑えた投資

auカブコム証券の「カブコムのiDeCo」は、業界でも最低い水準の手数料です。

加入時および運用時にかかる「運営管理手数料」が無料で、iDeCo加入後に毎月発生する手数料は171円(税込)です。内訳は国民年金基金連合会に105円(税込)、信託銀行に66円(税込)となっています。毎月の掛金拠出を停止した場合は、毎月発生する手数料は、信託銀行に支払う66円(税込)のみとなります。

auカブコム証券では掛金の拠出の有無に関わらず、運営管理手数料が無料です。SBI証券や楽天証券と並び業界でも最低い水準となっており、ランニングコストを抑えた投資ができます。

今、読まれている記事