特集「財務諸表」の読み方 特集「保険」 広告特集「M&A/事業承継」 特集「本を読む。」 DC特集
海外
Written by ZUU online編集部 6,795記事

アジアからは5カ国が上位に

「世界で最も貯蓄している国」中韓トップ5入り、日本は50位にも入らず

貯蓄,ランキング
(写真=Thinkstock/Getty Images)

米国中央情報局(CIA)による「2015年版国内総貯蓄ランキング」で、日本が対象国177カ国中、51位であることが判明した。シンガポール、中国(ともに2位)、韓国(4位)、台湾(8位)、インドネシア(10位)と、アジア圏からは5カ国もトップ10入りしており、日本同様、香港(47位)が圏外という結果に。

日本の総貯蓄対国内総生産(GDP)の割合は24.80%と、1位のカタールの半分以下だった。

日本は貯蓄の余裕ナシ? 中国、韓国は貯め姿勢

この統計はGDPに対する各国の総貯蓄(海外貯蓄を除く個人貯蓄、法人貯蓄、政府貯蓄の集計)を割合で表したものだ。数値が高ければ高いほど、国内の消費率が低く「国の財布のヒモが固い」ということになる。

ランキングを見ると、貯蓄への意識が高い国は発展途上国が多い。経済大国と呼ばれるドイツ(33位)や米国(96位)を始め、カナダ(79位)、ニュージーランド(97位)、英国(134位)、スイス(141位)などは軒並み「財布のヒモが緩め」。逆にシンガポールのように政府によって貯蓄が義務つけられている国もある。

総貯蓄が低い国には2パターンあるようだ。一般的に消費率の高さは景気の良さと連動しているため、総貯蓄率が低い国ほど国民の懐がうるおって消費に走っている、あるいは貯蓄したくても貯蓄するお金がないとも考えられる。

バブル崩壊前の1990年代には個人貯蓄水準の高さで知られていた日本だが、景気の減退とともに2000年以降は「貯蓄に回す余裕がない」といった声が多く聞かれるようになった。お隣韓国も景気の上がり下がりに合わせて、貯蓄率も変動している。総貯蓄が50%を超えた10年前にピークを迎えた中国は若干目減りしているが、まだまだしっかりと貯めの姿勢を維持しているようだ。

次のページ
貯蓄に励む20カ国 1位は意外な国?
12
page 1 of 2
「世界で最も貯蓄している国」中韓トップ5入り、日本は50位にも入らず
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします
PREV 日本のビジネス旅行者は「無意識のうちに相手の気分を害して...
NEXT 「FinTechブームで欧米銀行員の3割が失業」シティが警告