旅行,理想,子供,ジェネレーションギャップ,
(写真=PIXTA)

子供と旅行をする時、心から楽しみ、思い出に残してほしいと考えるものだ。そのためには子供たちの目線に立ってみることが大切だ。

子供たちが理想とする旅行には様々な条件が挙げられるが、12〜15歳頃の子供たちにとっての最大の関心事(条件)は、「旅行中もSNSへの投稿と友達とのやり取りが続けられること」であることが分かった。世界中の子供たちの意見には世相が表れている。子供たちが重要視する条件の背景、その他旅行に求めていることとはどのようなものがあるのだろうか。

ブッキング・ドットコムの調査で判明

世界最大のオンライン宿泊予約サイトBooking.comは、世界中の子供たちが家族旅行にどのような条件を望んでいるか、また満足度の高かった旅先はどこであったかを調査した。

世界中の旅行を終えた5歳〜15歳を調査対象者とし、2016年6月3日〜8月29日にかけて行っている。2万2564人の回答が集まり、その回答内容から子供たちが喜ぶ要素・重要な条件が集計され、10月19日にその結果が発表された。

冒頭でも伝えた通り、12〜15歳頃の子供たちにとって旅行への条件は「旅行中もSNSへの投稿と友達とのやり取りが続けられること」である。

同年代の44%が「SNS投稿用の目立つ写真を撮影することが重要」と回答しており、さらに12〜15歳の89%は「安定した通信ができるWi-Fiが絶対に欠かせない」と回答している。

「安定した通信状況」は特に日本において顕著な結果が出ているという。旅行先で他の子供たちと仲良くなることを重要と考えているのは4人に1人、25%と少ない。

もちろん、旅行先でしか楽しむことができない、アクティビティーへの関心もあるが、12〜15歳の回答からは、家族旅行中であってもSNSを通して友達に報告することを重視していることがわかる。この結果には現代社会の「人との繋がり方」が関わっていると言えるだろう。

旅行先の写真をFacebookやInstagramでアップし、どれだけ「いいね!」をもらえるかで人とのつながりを確認している子供たちは少なくない。それゆえに「SNSで目立つ写真を撮影できる」といった条件の回答も多くみられるのだ。

今回、調査が行われた時期の12〜15歳の子供たちの回答では、「最高の写真を撮影できるスポット」として、ブラジルが1位だった。リオのコルコバードのキリスト像やビーチサイドの有名ホテルが撮影スポットとして挙げられている。オリンピック開催と調査時期重なっていたことが結果に大きな影響を与えているだろう。

旅行先で朝早く起きたくない?

今回の調査の中で、子供たちの回答の中に興味深いものが他にもいくつかあった。それは「食事」についてだ。5〜11歳・12〜15歳どちらの年齢層からも多く声が上がっていたものが「朝寝坊をしても朝食を提供してくれる宿泊施設」だ。

海外旅行では時差や疲れで朝寝坊をしてしまう子供も多い。そのような場合に「1日で一番大切な食事」とされている朝食を、遅めでも摂れることはありがたいのだろう。5〜11歳の子供たちの77%がポーランドを、12〜15歳の子供たちの75%がクロアチアを、「遅めの朝食が食べることができて良い」と高く評価している。

また、「食事」について普段は厳しい保護者の目も、旅行中は制限が緩むことが多く、子供たちにとってうれしいところである。子供たちの3人に1人、32%が「家族旅行で最も重要なのは普段は食べてはいけないと言われるものを食べること」と回答している。「旅行中のアイスクリーム食べ放題」といった可愛らしい回答も34%にのぼり、旅行中は夢のような時間と言えるのかもしれない。

だからこそ、子供たちにとって旅行先ではおいしいものをお腹いっぱい食べる絶好のチャンスなのだ。さらに異文化の食べ物を味わうといった楽しみ方もある。異文化の食事では、5〜11歳の子供たちの84%が「日本への旅行では食べ物がおいしかった」と回答している。和食として有名な寿司などが人気が高いのはもちろん、人形焼きなどの和菓子を初めて味わい楽しんだようである。

宿泊先も子供たちに大切な条件の一つである。夏の旅行で子供から宿泊先の理想としては「ビーチの近く」という回答が多く挙がる。太陽と海と砂浜は子供たちにとって最高の組み合わせだ。のんびりとしたビーチ、ウォータースポーツ、シュノーケリングスポット、これらが揃う島がいくつもあるギリシャは、5〜11歳の90%、12〜15歳の70%からの高い評価を得ている。

このようなビーチで遊ぶ日中のアクティビティーではなく、釣りや野生動物の観察など「夜のアクティビティ」を楽しむ子供たちも増えており、そちらを重視する子供たちはカナダを旅先として高く評価している。

いかがだったろうか。家族旅行をずっと楽しく過ごし、大切な思い出にするために旅行のプランを考えることは簡単なことではない。ブッキング・ドットコムの調査結果を参考に、子供の年齢を考えて一番理想的に過ごすことができる旅行先や滞在中の行動を決めてみると良いだろう。(ZUU online 編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)