(写真=Thinkstock/GettyImages)
(写真=Thinkstock/GettyImages)

みなさんは地熱発電はご存知でしょうか?

外資ファンドと地熱発電開発所が、地熱発電の運転成功を目指すというストーリを描いた「 マグマ 」というドラマが、2012年にWOWOWで放送されました。 配役などが魅力的で、面白いドラマでしたが、世間の評判も上々だったようです。
(2009年にNHKドラマで話題になった、「ハゲタカ」の著者である真山仁さんの「マグマ」が原作です。)

このドラマのテーマになった 地熱発電 ですが、2011年3月の震災と原子力発電所の事故以降、クリーンエネルギーの一分野として、日本版のエネルギー革命となるのでは無いかと多くの注目が集まり、今後の成長に期待が持たれています。

参考: 世界を変える大革命?〜話題のシェール革命についてお勧め記事まとめ〜

今回、地熱発電の概要やその仕組み、上場企業で地熱発電に取り組んでいる会社の情報などをまとめます。

【銘柄関連記事リンク】

北朝鮮の宣戦布告で再び動き出す?〜有事に備える防衛産業銘柄のまとめ〜
電鉄に百貨店にテレビ局まで?〜不動産相場の恩恵を受ける関連銘柄のまとめ〜
2013年ついにカジノ解禁?〜話題のニュースと恩恵業界・関連銘柄のまとめ〜
アベノミクスで恩恵を受ける関連銘柄のまとめ [前編]〜円安とリフレで潤う企業〜
アベノミクスで恩恵を受ける関連銘柄のまとめ [後編]〜減税や公共投資で潤う企業〜
シェール革命の動向と予測vol3〜注目10銘柄+おまけ〜
日本版エネルギー革命?〜注目を集める地熱発電についてのまとめ〜

◯地熱発電の仕組み


地熱発電の発電形態は、地下熱源から噴出する蒸気を用いて蒸気タービンを駆動させることにより出力を得るというものです。日本では1925年に初めて地熱発電に成功し、1966年には国内初の地熱発電所である、松川地熱発電所の運転が開始されました。

地熱発電の方式はおおまかに以下の3つに分類されます。

①最も簡単な方法で、地熱によって生じた天然の水蒸気が熱水をほとんど含んでいない状態に利用できる「ドライスチーム方式」
②水蒸気に熱水が含まれている場合、水蒸気を一度汽水分離器というものに通して熱水を取り除き、残った蒸気でタービンを回す「フラッシュサイクル方式」
③熱水を利用して沸点の低いアンモニアやフロンなどを沸騰させてその蒸気でタービンを回す「バイナリーサイクル方式」

日本では主にフラッシュサイクル方式が採用されています。