ABCラジオ【笑ってトクするマネークリニック】 特集「保険」 専門家たちの金言 広告特集「ライツ・オファリング」 特集「仮想通貨/ビットコイン」 特集AI 人口知能がもたらす禍福 特集「本を読む。」 DC特集
投資の応用
Written by ZUU online編集部 1,584記事

自分の時価総額はいくら?

自分の株を発行、トレードできる「VALU」とは? 堀江氏らインフルエンサーが次々参加

企業が株式を公開して株券を売り出すように、自分の価値を数値化して発行・交換ができるサービス「VALU」がスタートした。堀江貴文氏らインフルエンサーがさっそく活用していることでネット上で大きな話題となっている。

自身の模擬株式を発行できる

話題のネットサービス,FinTech
(画像=Webサイトより)

VALUの会員になれば、自身の模擬株式「VALU」を発行する。運営会社はTwitterやFacebook、InstagramなどのSNSのフォロワー数や友達数などから影響力を数値化し(単位はVA)、審査に通れば売り出せるようになる。その人を応援したいと思う会員は、ビットコインで購入し、「VALUER」となる。「VALUER」は発行人からイベント参加権やメールマガジンなど各種特典を受けることができる。

ある人の「VALU」を購入する人が増えるほどその時価総額は高くなるし、手放す人が増えるほど下がっていくのは、これまでの株式と同じだ。発行人にとっては、自分のファンから出資を得ることができるし、VALUERにとっては発行人を応援することもできるし、株式投資的にキャピタルゲインを狙うこともできる。

似たような仕組みに、ネットを介してプロジェクトに賛同した人から少額の資金を集める「クラウドファンディング」がある。クラウドファンディングは「オリジナルの映画を作る」などといった明確な目的があり、出資者はそのプロジェクトに魅力を感じて出資し、金額に応じて見返りが得られる。出資のモチベーションはプロジェクトのリーダーの人間性ではなくて、プロジェクト自体の面白さといえる。一方、VALUはその人の能力や可能性に魅力を感じて出資するもので、必ずしも明確な見返りがなくても成立する。

運営会社はサービスのメリットを「金銭的な理由であきらめざるをえなかった目標や夢を、ファンから応援してもらい実現できる」「支援者は原石に投資でき、成長すれば応分の見返りを得られる」などと説明している。「夢を支援するFinTechサービス」といえるかもしれない。

投機的動きも横行?賛否両論

運営会社によると、VAを売り買いして稼ぎまくることについては一応、関係省庁に確認して法的にはクリアしているという。ただ、さっそくバブルのような現象も起きている。6月1日のサービス開始後、時価総額ランキングが表示され、イケダハヤト氏(ブロガー、アフィリエイター)、堀江貴文氏(投資家)、はあちゅう氏(作家)、家入一真氏(アートディレクター)らネット上で人気の面々が並び、イケダ氏に至っては、1000万円以上を調達したとされる。短時間で売買を繰り返して利益を得たVALUERもいたようだ。

ネット上では賛否両論だ。

イケダ氏はTwitterで「VALUはちゃんとみんながハッピーになる仕組みにできると思いますよ。そうじゃないとぼくはやらんよw 要するに事業を伸ばして、株主への還元を適切に実施していけばいいだけなのです。株式会社と同じですな。」と完全肯定している。

一方、投資ブログメディア「Market Hack」編集長の広瀬隆雄氏は、6月11日付の同サイト上で危険性を指摘した。特に、VALUで資金調達した上場者が、そこで得たビットコインを使って他の上場者のVAを購入している点を指摘し、「二人が示し合せてこれをやると、無限にVAの価値を吊り上げることが出来ます。ここで大事なのはその原資となる資金は、新規の投資家から貰ったカネが、そういう互助に直行している点です。(中略)アメリカでこれをやると確実にアウトです」と警鐘を鳴らす。

「日々アップデート」と運営会社

運営会社も投機が過熱することは望んでいないようだ。現在、VALUのサイトにアクセスできる時間を平日の午前9時~午後6時までに限定。当初は表示していた時価総額ランキングも非表示にした。「VALUを取引する際は、発行主の情報、タイムライン。優待情報などを確認して、『あなたが応援したいVALU』取引をしてください」との注意書きを追記し、運営の趣旨を逸脱しないよう求めている。このほか、機能も制限し、審査通過後、最初に売り出せるVA数は5までに、1日あたりの売買取引回数は3回までとした。

こうした修正は、単に会員が勝手に運営会社の趣旨を逸脱した使い方をしているから行っただけ、とは言い切れない。運営会社がルールの不備を認めたようなものだ。ただ、運営会社は公式Twitterで「より安全で楽しく取引ができる場所として発展していくために日々アップデートを重ねている」と述べており、一定の良心を感じることはできる。

「エルモだった人」と名乗るあるブロガーがTwitterでつぶやいた。「valuがきな臭く感じるのは、1.根本的な理念は素晴らしく理想的 2.だけど集まってくる人の大半は金が欲しいだけの人 3.そうとは知らない人がいつのまにか損しちゃう という構図がネットワークビジネスっぽいんだよ」。

また、THE GUILD代表の深津貴之氏は「VALUで大金調達しちゃった人は、なんかその金で有意義なことをしないと、未来永劫カルマを背負い込むと思う。特に大量に売りさばいて途端に沈黙してる人々。」とTwitterで同様に苦言を呈した。

このシステムを本気でイケダ氏のいう「ハッピーにできる仕組み」にするための真面目な知恵の出し合いこそ、今、求められているのではないか。(フリーライター 飛鳥一咲)

【編集部のオススメ記事】
最前線で活躍する大人のスキンケアの心得とは(PR)
「メルカリ上場」と日経が報道、時価総額1000億円超のユニコーン企業
時代が変わっても変わらない金投資の魅力とは?(PR)
9月に読まれた記事ベスト10|トイザらス破産、スタバ以上のホワイトな企業とは……
株初心者が知らないと損をする?7つのポイントと株式投資で利益を得る方法(PR)

自分の株を発行、トレードできる「VALU」とは? 堀江氏らインフルエンサーが次々参加
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします

今話題の『FinTech』

PREV 覚えておきたい税金の特例、「グリーン投資減税」って?
NEXT 日本でいうと明治30年代!?カンボジアの底知れぬ経済ポテン...