5歳から12歳の子どもの運動量を調べた結果、「子どもの年齢があがるとともに、運動量が減っている」ことへの懸念を示すレポートを、英国公衆衛生庁(PHE)が発表した。

英国で推奨されている子どもの運動量は1日1時間だが、5歳から7歳の子どもの28%がこれを満たしているのに対し、11歳から12歳の子どもは17%に落ちこむ。

PHEは運動不足を子どもの幸福度に影響する要因のひとつとして指摘している。

運動神経に自信がない子どもも運動不足傾向

運動不足,子ども,健康
(写真=Thinkstock/Getty Images)

英国政府のポータル「Gov.uk」によると、この調査は小学校就学年齢の子ども1005人と保護者1004人を対象に、2017年6月の子どもの運動量について調べたもの。PHEとウォルトディズニー、スポーツ・イングランド が、子どもに健康的な生活を促進するキャンペーンの一環として行った。

93%の子どもが「運動が好き」と答えているが、十分な運動をしている子どもは5人に1人。男子23%、女子20%との割合だ。PHEは「年齢があがるにつれ、運動不足の子どもの数が40%増える」と述べているが、この点に関しては詳しい数字が公表されていないため未確認だ。

子どもの運動量の低下は特に先進国で広がっており、デジタル社会の副作用が要因のひとつであることは否定できない。WHO(世界保健機関)やユニバーシティ・カレッジ・ロンドンも、デジタル化による子どもの健康への影響を懸念するレポート を発表している。

現代っ子がコンピューター・ゲームよりも運動を選ぶには、「友達と一緒に運動する(53%)」「もっと面白いアクティビティーがあれば運動する(48%)」など、何らかのモチベーションが必要なようだ。

「うまく運動できなかったら心配(22%)」と、自分の運動神経に対する自信のなさから、あえて運動を避けている子どももいる。この傾向も年齢とともに強くなり、5歳では17%だが11歳になると29%まで増える。

幸せな11歳は半分以下 幸福度が年齢とともに低下

PHEは運動量の低下とこどもの幸福度が比例している点に懸念を示している。例えば5歳から6歳の64%が「常に幸せ」と答えたのに対し、同様の回答をした11歳は48%と半数以下に減る。

確かに適切な運動と精神的な健康の関連性は様々な研究で立証されているが、子どもの幸福度に影響する要因はほかにも多数考えられるため、一概には断定できない。

勉強、人間関係、家庭環境など、子どもを取りまく環境にもストレスの種があふれている。運動はストレス解消に役立つとされているため、「運動不足=幸福度の低下」と考えるよりも、「運動不足によってストレスが解消されにくい」と見る方が正しいだろう。

PHE「活発な子どもは健全な大人に育つ」

親の見解はどうだろう。全対象年齢をとおして「十分な運動が子どもの幸福度に貢献している(79%)」「社交的にしてくれる(74%)」「自信をつけてくれる(72%)」と、運動によるポジティブな効果を実感しているようだ。

英国では成人だけではなく子どもの肥満も深刻化しており、2歳から15歳の3人に1人が肥満と の統計がでている。

同じく5人に1人が就学年齢に達した時点で肥満しており、卒業時には3人に1人に増えているという統計結果も報告されている。運動不足と肥満の関係が、育ち盛りの子どもの間でも無視できないレベルに達しているということだ。

PHEの児童家庭部門の責任者、ユースタス・ソウサ氏は「十分に運動している子どもは運動不足の子どもよりも肉体的・精神的に健康で、健全な大人に成長していく」とし、「早い段階から活発な生活習慣を身につけさせることで、一生涯恩恵を受ける」と述べている。(アレン・琴子、英国在住フリーランスライター)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)