資産4億円以上の中国のお金持ちが贈り物に使った額を調べたところ、合計で約5兆円に上ることが分かった。

具体的には、平均資産2200万人民元(約3.6億円)、平均年間可処分所得417万人民元(約6901万円)の中国14都市のお金持ち507人が、2016年に贈り物に使った金額は3000億人民元 (約4 兆9560億円)だった。また今後3年で3900億人民元(約6兆4432億円)に達すると予想されている。

過去1年に贈り物をした回数は平均34.4回で、平均総額26万1000人民元(約432万円)を使っている。

この調査 は中国の資産調査会社、胡潤百富榜 (Hurun)が行った。

高級ギフトの需要は2013年の水準に回復

中国,お金持ち,富裕層
(写真=Thinkstock/Getty Images)

調査に回答した富裕層(High Net Worth Individual 、HNWI)の平均年齢は41歳。92%が「贈り物をするという行為が、生活において重要な役割を果たしている」 と考えている。

これらの層が贈り物に使う金額は過去3年で増えており、「現金(72%)」や「たばこ・お酒・お茶(66%)」などの定番商品に加え、サプリメントや健康器具を含む「ヘルスケア(44%)」の人気が高まっている。「将来ヘルスケア商品を贈り物にする」と答えた回答者は89%にものぼる。

「高級品(77%)」を贈るHNWIも年間20%の成長率で増えており、2013年と同じ水準にまで回復。

Hurunが実施した別のHNWI調査では、受け取る側が喜ぶ贈り物 としては、男性が「腕時計(23%)」「電化製品(15%)」「赤ワイン(10.9%)」、女性が「宝石(26.6%)」「化粧品(17.8%)」「アクセサリー(16.9%)」を挙げている。

9割が「ブランド・商品の質重視」

贈り物を選ぶ際、最も重視するのは「商品の質(87%)」「実用性(85%)」「独創性(77%)」だが、「パッケージのデザイン(74%)」と中身だけではなく見た目の重要さも主張している。

ブランド趣向が高く「面目を保つために高級ブランドを選ぶ(87%)」、あるいは「よく知られているブランドを選ぶ(83%)」という。高級感が伝われば「相手、または自分のイメージに合わないブランドでも気にしない(80%)」。また「相手が期待しているぐらいの金額の商品(60%)」であることも考慮に入れている。

贈り物で人気のトップ3ブランド は、男性にはApple、カルティエ、ルイ・ヴィトン。女性にはルイ・ヴィトン、Apple、シャネルだ。

自分へのご褒美は世界共通?

Eコマース市場が巨大化している中国だが、意外なことに贈り物は「オンラインで買う(69%)」よりも「実際の店舗(97%)」で購入するHNWIが多い。

贈り物を選ぶ際、「相手の好みが分からない(57%)」というのは、世界共通の悩みのようだ。選ぶのに費やす「時間や努力(50%)」「滅多な贈り物には喜ばない相手(49%)」など贈り物特有の気苦労も尽きないようだが、中国でも一般的に女性は贈り物選びという行為そのものを楽しむ傾向が強い。

贈り物をする相手は「家族(98%)」が最も多く、「自分自身(67%)」にご褒美として贈り物をしているHNWIも珍しくないという点も世界共通だろうか。(アレン・琴子、英国在住フリーランスライター)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)