2017年6月、ソウル・明洞駅の近くにオープンした8階建てのミニ百貨店「ダイソー明洞駅店」。高級品を扱う新世界百貨店をはじめ多くのブランドショップが建ち並ぶエリアに隣接した地域にあり、公示地価が1平方メートルあたり1078万ウォン(約103万円)。そんな場所で1000ウォンから5000ウォン(約95から477円)の低価格品を販売しており、マスコミからも注目を浴びている。

週末には人の流れを変える盛況ぶりで、1階はレジを待つ行列で埋め尽くされているが、慌ただしく買い物を済ませるのでなく、時間をかけてフロアを回りながら商品を比較購入する利用客が多い。すぐに必要とはしない商品を少額で買う楽しさを提供するアミューズメントの要素が受けているようだ。

信念は「品質イコール価値」

韓国経済,ダイソー,百均,
(写真=筆者)

韓国ダイソーを運営する大創亜成産業の母体企業である亜成産業は、1992年の創業以来、日本の大創産業をはじめ世界各国に生活用品の輸出を行なっている韓国企業だ。

亜成産業は1997年にアスコイーブンプラザという韓国初の均一ショップを開店した後、2001年にダイソーに名称を変更した。韓国ダイソーは2016年には1兆5600億ウォン(約1488億円)を記録。韓国内の店舗は16年時点で1000店を超えており、商品点数は3万点以上、一日の店舗訪問客は60万人に達している。

韓国ダイソーの主な成長要因は、商品のコストパフォーマンスだ。大創亜成産業の朴正夫(パク・ジョンブ)会長は、中央日報の取材に対し、徹底して均一価格ショップを守ったことが成長の秘訣と答えている。1000ウォンから2000ウォンの商品が全体の80%を占め、5000ウォンを超える製品は扱わない。

安いだけではない。消費者の目が厳しい日本に輸出してきた経験が品質に活かされている。コストパフォーマンスに加え、毎月、数百種類の新商品を投入する商品開発力も成長を後押ししている。

見る楽しさもある

コストパフォーマンスだけではない。あらゆるジャンルの商品を1つのレジで買ことができるワンストップサービスもダイソー人気の要因だろう。

韓国は個人商店が主体で、さまざまなジャンルの商品をワンストップで買える店は限られる。複数ブランドを扱っている大型店は食品スーパーくらいしかなく、家電はサムスンやLGの専門ショップ、衣料もユニクロやH&Mなどブランドショップがチェーン展開している。

ショッピングモールは個人商店の集合体で、資金力が弱い個人商店は売れ筋商品に集中する。店頭に価格表示はなく、複数ジャンルの商品を購入したい消費者は、1軒1軒値段を交渉しながら複数店舗をはしごする。

ダイソーは自社ブランド商品も多いが、複数ジャンルを比較し、1つのレジで精算ができる。すべての商品に価格表示があり、値段交渉は必要ない。

買い物客はレジ前の長蛇の列を好まない傾向があるが、アミューズメントを楽しむダイソーマニア達は、30メートルを超えるレジ待ちをいとわないようだ。(佐々木和義、韓国在住CFP)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)