中国の寵物(ペット)市場は、今後20%以上のペースで伸び続け、2020年には2000億元(約3兆2800億円)に達するという。中国のペット市場はどうなっていて、どこへ向かおうとしているのだろうか。経済ニュースサイト「界面」が分析を載せている。

犬が猫の2倍と犬好みだが、魚類も激増

中国経済,界面
(写真=ANURAK PONGPATIMET/Shutterstock.com)

中国ネット通販2位の京東とメディア・南方財経全媒体集団によって設立された21・京東BD研究院は8月下旬、「2017寵物消費趨勢報告」を発表した。京東の持つビッグデータを分析し、今後を見通したレポートである。

国民所得の増加、都市化の進展、一人っ子政策などの影響により社会は激変していく。飼い犬、飼い猫に寄せる情感は強まり、国民の生活習慣の一つになりつつある。しかもそのエネルギーは強まる一方だ。

21・京東BD研究院の予測によると2016年、中国のペット動物保有数は1億匹に達する。これは世界ナンバーワンの米国の2億200万匹につぐ。人口1人当たり0.07匹である。これに対し米国は0.67人と10倍だ。英国、ドイツ、フランス、イタリアの4国平均はさらに多く0.87匹、日本でも0.2匹と中国の3倍である。

中国を含めた各国の主力ペットは犬猫であり、魚類がこれに次ぐ。中国では犬が猫の2倍、魚類は10%である。しかし2016年以降、魚類ペット市場は爆発的に増加している。2017年上半期の売上前年同期比は300%を超えている。確かに金持ちの家や事務所には、豪華な水槽と色鮮やかな鑑賞用熱帯魚が定番となっている。

女性80后(1980年代生まれ)90后(1990年代生まれ)の台頭

中国農業大学動物医学院の資料によれば、1人当たりGDPが3000~8000ドルのとき、ペット産業は急速に発展する。現在、北京、上海、広東省などがこの水準にある。京東のデータでは、2017年上半期、最もペット関連消費が多かったのは、北京、広東、上海となっていて、まさしく一致している。

ただし北京と所得の低いチベット自治区でも、消費傾向は同じだ。餌、日用品、医療、宿泊などの順である。それに高学歴、高収入者が多いのも特徴である。ペット関連用品の購入者は70%近くは大卒だ。これは京東の購入者平均より15%も高い。ホワイトカラーが46%を占めている。

これまでペットの飼い主といえば男性、退職したお父さんのイメージだった。ところがここへ来て女性の増加が著しい。京東のデータでは、2015年から2017年上半期の間、女性によるペット用品購入は平均80%以上伸びている。犬猫の餌を購入する人の女性比率は、京東の全顧客データより5~10%高い。その女性のうち、80后90后の占める割合は70%以上をしめている。

女性は男性に比べ、餌以外の買い物を楽しむ。シャンプーやおやつ、美容用具なのである。しかもリピート比率は高い。その結果、餌の売上比率は61%から50%に低下した。

O2Oサービスへの期待

ペット市場は高度成長を続けている。今後の発展の方向性は、ネットと実体の融合、O2Oに鍵がある。中国のペットショップと動物病院は、一線級二線級の大都市に集中している。ペット医療や、清掃など関連サービス需要は高まる一方だ。それらを橋渡しするサービスへの期待は高まる一方だ。レポートによると飼い主の75%は、防疫などの医療サービスを求めている。清掃サービスは55%、美容サービスは40%である。

中国のペットたちは退職者の心の友から、独身女性のパートナーへと立ち位置を変えているようだ。ペット保有率は、先進国レベルに近付いていくに違いない。実際に日本製のペット用品を頼まれることも稀ではない。大きなビジネスチャンスが広がっている。(高野悠介、中国貿易コンサルタント)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)