ABCラジオ【笑ってトクするマネークリニック】 特集「保険」 専門家たちの金言 広告特集「ライツ・オファリング」 特集「仮想通貨/ビットコイン」 特集AI 人口知能がもたらす禍福 特集「本を読む。」 DC特集
銘柄分析
Written by 株式新聞 118記事

(PR)株式新聞より

「衆院選」突入 公約で「関連株」探しが本格化!

衆議院が28日に解散したことで、選挙戦が本格的にスタート。株式市場においても関連株探しが続きそうだ。

27日には民進党が希望の党からの立候補を認めるという「サプライズ案」が伝わり、小池新党への注目度がさらに増しつつある。一方、自民党も今後、選挙公約に新たな目玉政策を盛り込みむことで、希望の党への対抗策に出ることが予想される。

「兜町再開発」も再注目

選挙銘柄
(写真=PIXTA ※画像はイメージです)

希望の党の政策では、ポストアベノミクスに代わる成長戦略として「不動産の有効活用」と「AI(人工知能)」、「金融」が挙げられている。このうち、不動産と金融を組み合わせると浮かび上がるのが、東京・日本橋兜町の再開発構想だ。都民ファーストの会が都議会で多くの議席を得ている点もプラスとなる。

平和不動産 <8803> をはじめ、ヤマタネ <9305> 、ヒューリック <3003> などが注目されるほか、金融特区構想に絡み、インフォテリア <3835> ・M をはじめとするフィンテック(金融のIT化)関連も再浮上しそうだ。

一方、自民党では教育や人材育成などの政策をより具体化すると見込まれる。教育分野では幼児教育の無償化に注目が集まっているが、生涯教育や語学、資格取得などにも言及すれば、幅広い層の支持を得やすい。オンライン英会話教育のレアジョブ(6096・M)や、eラーニングシステムを手掛けるアイスタディ <2345> ・(2)、資格学校のTAC <4319> などが穴株となる。

「女性活躍」なども注目のテーマとなり、安倍首相や小池都知事の今後の演説内容などを注視する必要がある。(9月29日株式新聞掲載記事)

>>話題のテーマや注目株を一足早くお届け「株式新聞WEB」限定プレミアム銘柄も

【関連株式ニュース株式新聞へ】
編集部まとめ!「希望の党」政策に関心?選挙公約関連の穴株発掘
シーズメン続落、18年2月期第2四半期と通期の単体業績予想の下方修正、配当予想は無配に
杉村倉が反落、18年3月期第2四半期に約3億2000万円の特別損失を計上
日電硝子が底堅い、環境改善工事による特別損失を計上
大同特鋼が反発、SMBC日興証は業績予想を上方修正

「衆院選」突入 公約で「関連株」探しが本格化!
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします
PREV 若い世代に人気? 「ボウリングブーム」が復活するか
NEXT バイオ薬 原料生産 日本触媒、19年大阪に施設 目立たない...