富裕層,腕時計
(画像= Creative Lab/Shutterstock.com)

目次

  1. 知っていると一目置かれる世界のトップブランド
  2. ヴァシュロン・コンスタンタン:260年の歴史を持つ名門
  3. A. ランゲ&ゾーネ:組立過程に込める超一流のこだわり
  4. リシャールミル:急成長を遂げた新時代の旗手
  5. 覚えていて損のないトップブランド

知っていると一目置かれる世界のトップブランド

腕時計はビジネスマンの必須アイテムだ。「この人デキるな」というオーラは服装からなんとなくうかがえるが、袖の下からチラリと見えた腕時計がいかにも高級なものだと、トドメを刺されたような気がする。

サラリーマンがすぐに思いつく高級腕時計と言えば「オメガ」や「ロレックス」といったところだが、世の中にはそれほどポピュラーではないものの、富裕層の間では絶大な人気を誇るブランドが存在する。それらの中から今回、知る人ぞ知る3ブランドを紹介しよう。

ヴァシュロン・コンスタンタン:260年の歴史を持つ名門

創業1755年、スイス・ジュネーブ生まれのマニュファクチュール(自社一貫生産体制をとるメーカー)。現在まで製造が途絶えなかったメーカーとしては世界最古とされる。シンボルマークは4つの「V」を組み合わせた「マルタ十字」で、突き出た8つの角それぞれが忠誠心や敬虔さなど騎士道における8つの美徳を表している。

世界3大高級時計メーカーに数えられ、銀座のランドマーク「和光」でも、輸入ウォッチ部門で「和光が選び抜いた10ブランド」のひとつとして販売している。試しに楽天市場で価格を確認してみると、最高値は中古品だが約2020万円。最も多い価格帯は100万円台だったが、200万~500万円台の商品もズラリと並んでいた(2018年3月現在)。

視認性のよさと美しさには定評があるが、なによりの凄みはその卓越した技術だろう。2015年、最先端技術に時計製造の伝統的手法を組み合わせ、史上最多となる57の複雑機構を搭載した懐中時計「Reference 57260」を発表した際は大きな話題になった。6つの時計機能、8つのユダヤ暦カレンダー機能などさまざまな機能を詰め込んだその価格は1000万ドルとも噂される。富裕層に好まれるのはこうした技術の裏打ちがあるためだろう。

A. ランゲ&ゾーネ:組立過程に込める超一流のこだわり