2017年の世界十大テーマパークの客数は4億7600万人で、前年比8.6%増だったという。そのうち中国の三大テーマパークは1億1000万人を超え、全体の4分の1近くを占めた。

これはTEA(Themed Entertainment Association)とエイコム(AECOM・建築設計、エンジニアリング大手)が共同で発表した「全球(世界)景点游客報告」(報告)によるデータだ。

ニュースサイト「今日頭条」が分析記事を掲載した。中国のテーマパーク業界とは、どのようなところなのだろうか。

中国のテーマパーク業界は高成長

中国経済,テーマパーク,TDL,USJ
(画像=PIXTA ※写真はイメージです。)

報告によると世界トップ3は、ディズニーランド、レゴランドなどを運営するマーリン・エンターテインメンツ、ユニバーサルスタジオである。それぞれ1億5000万人、6600万人、4950万人を集客した。4~6位は中国勢で、華僑城4288万人、華強方特3850万人、長隆集団3100万人となっている。合計1億1238万人である。次は主な施設を概観してみよう。

ここ2年、客数の減少が続いていた香港ディズニーランドは、2017年は横ばいの620万人だった。2017年初に新規導入したアトラクションが寄与し、経営は安定した。老舗テーマパーク、香港海洋楽園は580万人で、3.3%の減少だった。

本土では上海ディズニーランドの業績が好調だ。年間入場者数は1100万人を超え、予想を大きく上回った。2018年も出足は順調である。客数は増加し滞在時間は長く、リピート率も高い理想的な状況だ(東京はディズニーシーと合計で3010万人)。

中国国内勢の1位、「華僑城」の入場者数は32.9%増、2位の「華強方特」も21.7%増と、業績は上々だった。いずれも集中的に投資をしたことが効を奏した。ただし両者のビジネスモデルは好対照である。華僑城は国有企業であり、現有施設や観光地の維持、発展が主要業務である。今期の投資は、上海と成都に集中して行っている。華強方特は民間資本のため、自由な発想で、新しい動画作品に多額の投資をした。

3位の「長隆集団」の運営する広東省のマリンパーク、珠海長隆海洋王国も好調で、入場者数は17%増加した。高温多湿の日が多く、これは集客にとってプラスに作用した。会社全体では13.4%のプラスだった。中国市場全体では20%の成長である。

ディズニーランドとユニバーサルスタジオの影響力

報告によると2017年、世界トップ25のテーマパーク入場者数は2億4400万人、前年比4.7%のプラスだった。2016年は1.1%のマイナスだったため、明らかに好転している。

中でもディズニーランドの影響力は大きい。米国フロリダ州のウォルト・ディズニー・ワールドでは、2017年5月「パンドラ:ザ・ワールド・オブ・アバター」をオープンした。効果はてきめんで、ディズニー・アニマル・キングダムの入場者数は、15%プラスの1250万人となった。前年は0.7%の減少だった。

世界のディズニーランド合計では6.8%プラスの1億5000万人だった。トップ25のうち13施設と過半を占めている。

ユニバーサルスタジオは、フロリダの3テーマパークで2%プラスだった。ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター のオープンしたハリウッドのテーマパークは、12%の高い伸び。大阪は3%伸びて1500万人となり、単独では同社最大のテーマパークである。

この両者の影響力は極めて大きい。

国際的な競合を勝ち抜く

AECOMは2020年に、中国は世界最大のテーマパーク市場になると予測している。現在建設中の、ユニバーサルスタジオ北京が同年にオープン予定なのだ。これはフロリダを上回り、世界最大級の規模となる。その他中国国内勢も大型投資意を続ける可能性が高い。

ただし地域間競争は厳しい。筆者は今年の初春、上海で名古屋の女子大生グループと出会った。彼女たちは、東京DLか上海DLか迷った挙句、上海を選んだのだという。2泊3日の経費で比べると、両者はほとんど変わらない。今回は海外へ行ったことのないメンバーの意見が通った。つまり、名古屋以西の日本人にとって、東京DLと上海DLは、完全に競合しているのである。

これは上海以南の中国人にとっても同様だろう。今度はユニバーサルスタジオの北京と大阪が競合することになる。北京に対する、他地域に住む中国人の感情は屈折したものがあり、大阪を選ぶ人も多いはずである。これは、負けられない戦いになる。日本ならではの洗練されたセンスを発揮して、できれば圧倒したい。(高野悠介、中国貿易コンサルタント)