お金持ち,健康
(画像=bluedog studio / Shutterstock.com)

目次

  1. 「お金持ちは長生きする」は本当だった
  2. 「健康に暮らせる期間が10年延びるなら、資産の48%を失ってもいい」
  3. お金持ちにとって健康維持は仕事のひとつ

お金持ちの多くは「自分が100歳まで生きる」と考えている。 UBS Financial Servicesが100万ドル以上の投資可能な資産を保有する5000人のお金持ち(投資家)を対象に実施した健康に対する意識調査から明らかになった。

対象国は、米国、英国、ドイツ、イタリア、スイス、香港、シンガポール、台湾、メキシコ、アラブ首長国連邦。国・地域によって差は見られるものの、ドイツ、スイス、メキシコ、イタリアでは7~8割のお金持ちが自分は100歳まで生きると予測している。

「自分が100歳まで生きると思うか」という質問に対し、ドイツの投資家の76%、スイスの68%、メキシコの67%、イタリアの66%が「生きる」と答えた。一方、米国では30%、英国では32%、アラブ首長国連邦では45%と、国・地域によって差はあるようだ。

「お金持ちは長生きする」は本当だった

裕福な層と貧しい層では、平均寿命に約10~15歳の差が出るという調査報告もある。調査ではその要因として「健康習慣の差」があげられているが、所得による生活スタイルや医療ケア、「健康で長生きしたい」という意識の差も大きいのではないだろうか。

近年多くの国・地域で平均寿命の伸びが見られている。OECDの調査によると、米国、中国、東欧州では平均余命が70代、日本や西欧州では80代まで延びた。

保有資産と寿命・余命の関連性はないように思えるが、実は貧富による寿命・余命格差は本当に存在するという。米国医師会(AMA)が2016年に発表した報告書によると、お金持ちは貧しい人よりはるかに長生きしている。これは納税記録や社会保障局から収集した1999~2014年のデータに基づき、その期間に死亡した40 ~76 歳の男性411万人、女性269万人の所得と死亡率の関連性を分析したものだ。対象者の年齢の中央値は53歳、所得の中央値は6.1万ドルである。

その結果、最も裕福な層1%と最も貧しい層1%の寿命の差は、男性で14.6歳、女性で10.1歳も開いていることが分かった。2001~04年にかけて最も裕福な層5%の平均余命は、男性が2.34歳、女性が2.91歳延びているのに対し、最も貧しい層5%の平均余命は、男性が0.32歳、女性が0.04%しか伸びていない。低所得層の中でも、所得が低くなればなるほど、その差は開くという。

「健康に暮らせる期間が10年延びるなら、資産の48%を失ってもいい」