FXの口座は一つでいいのか、それとも複数あった方がよいのか、疑問に思う人もいるのではないだろうか。

今回は、FXの口座はむしろ複数持つべきである理由と複数口座のメリット・デメリットについて解説する。

FXトレーダーが複数口座を所有する理由

fx,口座,複数
(画像=PIXTA)

FX取引に慣れたトレーダーは、FX業者の個性に合わせて複数口座を使い分けている。「取扱通貨ペアが多い」「スワップポイントが多くつく」「スプレッドが狭い」といったようにFX会社の強みにはさまざまなものがある。これら以外にも「豊富な情報を提供している」「取引ツールの使いやすさが魅力」といった会社もある。

もちろん、初心者トレーダーでもメリットの恩恵は受けられるので、余裕が出てきたら複数口座を持つようにしてみよう。

FXトレーダーは、自分の取引スタイルや情報収集など目的に合わせて複数のFX会社の口座を組み合わせて活用しているのだ。

FXは複数口座を開設しても無料

FX会社の口座は、ほとんどが無料で開設・所有できる。そのため「口座を複数持つと口座維持手数料がかさむのでは?」という心配は無用だ。またクレジットカードやカードローンのように利用限度額などといった概念はなくFX口座をいくつ開設しても不利益はほとんどない。

FXで複数口座を開設するメリットとは?

FXで複数口座を開設するメリットは、以下の3点だ。

・短期取引用と長期取引用に分けて効率化かつリスク分散
・各FX会社より多くの情報を得られる
・トラブル発生時のリスクを分散できる

それぞれのメリットについて解説する。

短期取引用と長期取引用に分けて効率的かつリスク分散

短期取引用と長期取引用に分けてFX口座を持つことで2つのメリットがある。

「スプレッドの狭い会社を短期取引用」に「スワップポイントの多い会社を長期取引用」に使い分けることで効率的に取引できる

デイトレードやスキャルピングなどの短期取引では、できる限りスプレッドが狭いFX会社を選ぶと有利だ。スキャルピングを歓迎しない会社もあるため、特にスキャルピング用の口座を選ぶときは気をつけなければならない。ポジションを長期保有する投資スタイルの場合は、スプレッドは少々広くてもスワップポイントがより多く付与されるFX口座のほうが有利になる。

一つのFX会社でスプレッド・スワップポイントどちらの条件も良いとは限らない。条件の良い会社を選び複数に分散して短期・長期と口座を分けることでより効率的な取引ができるだろう。

短期取引と長期取引で口座を分けることによりリスク分散ができる

短期取引では、少々ハイリスクな取引をするというケースも想定される。一方、長期取引はできる限りリスクを抑えてコツコツと運用するのが一般的だ。短期取引と長期取引を同じ口座で行っていると資金管理面でリスク分散できなくなってしまう。

各FX会社より多くの情報を得られる

各FX会社は、マーケット情報や独自のアナリストレポートなどを開示している。「自社ユーザーがどのようなポジションを保有しているか」をグラフ化して見せる会社や値動きの予測チャートを提示している会社もあり情報の種類はさまざまだ。

提供情報に特徴のあるFX会社の口座を複数所有することでより多くの情報が得られ、それだけFX取引の判断材料が増えることが期待できるだろう。

トラブル発生時のリスクを分散できる

複数のFX会社に口座を持っておけば、いざというときのリスク分散になる。例えばFX会社は、システムトラブルの発生によって取引できなくなる可能性がある。実際に「相場の急変時などにシステム 障害が発生した」というニュースを目にしたことがある人もいるだろう。複数口座の開設は、このような「万が一の備え」という意味もあるのだ。

複数のFX口座を開設するならどこ?

複数の口座を開設するなら以下の条件でより良いFX会社を選んで組み合わせることが大切だ。

 FX口座の開設目的  おすすめの会社の特徴
 短期取引向き  スプレッドの狭い会社、約定力の高い会社
 長期取引向き  スワップポイントの多い会社(通貨ペアごとに確認)
 マイナー通貨向き  通貨ペア数の多い会社
 情報収集  情報量の多い会社、チャートが見やすい会社
 自動売買がしたい  自動売買可能な会社
 少額から取引できる  裁定取引通貨単位が1,000通貨以下の会社

これらの情報を比較ポイントとして優位な会社を複数選ぶようにするとよいだろう。

おすすめのFX会社の組み合わせ

先ほど紹介した各観点に対応したおすすめのFX会社は、以下の通りだ。

この中から自分の取引スタイルに応じて、タイプの違うFX会社を選んで口座を開設するとよいだろう。

例えば短期取引と長期取引の組み合わせなら「GMOクリック証券+LIGHT FX」。マイナー通貨も取引したいならヒロセ通商を追加するといった形だ。ヒロセ通商はユニークなキャンペーンも多く展開している点も特徴の一つだ。自動売買ならインヴァスト証券やFXブロードネットが得意としている。

初めてFXの複数口座を開設するポイント

現在一つのFX口座で取引をしている場合は「そのFX会社がどういう強みと弱みを持っているか」を確認するとよいだろう。弱みは、普段取引をしていて不満に思う点があれば、その点を弱みとする。そのうえで弱みを補完するFX会社を探すことが大切だ。

例えば、スプレッドの狭さを重視してFX口座を開設した場合は、長期取引用に他のFX会社の口座を開設することも方法の一つだろう。「提供される情報量が少ない」と感じる場合は、情報量の多いFX会社を選べばよい。

銀行や証券会社とFX専業会社の違いとは?

FX専業の会社は、銀行や証券会社のFX口座に比べてスプレッドが狭くスプレッド以外の手数料がかからない点が大きな特徴だ。取引できる通貨ペア数もFX専業会社のほうが多い傾向がある。

FXは口座開設に上限がない

FX口座開設に上限はない。例えば複数のFX会社へ同時に口座開設の申し込みをしても特に問題なく手続きは完了する。口座維持手数料がかかるFX会社もないため、多くの口座を所有して困ることはないだろう。またごく少数ではあるもののOANDA Japanのように一つの口座の中に複数のサブ口座を所有できるFX会社もある。

会社ごとのリスク分散にはならないが「短期取引用と長期取引用で口座を分けておきたい」という場合には、一つの口座内に複数のサブ口座を持てるFX会社も便利だろう。

FX会社 スプレッド
(取引コスト)
取引
単位
通貨ペア
米ドル/円 ユーロ/円
5万通貨以上の取引で5,000円SBI FXトレード 0.09銭 0.28銭 1通貨 34種類
取引1回で4,000円
キャッシュバック
DMM FX
0.1銭 0.3銭 1万通貨 20通貨
安心のYahoo!グループYJFX 0.2銭 0.5銭 千通貨 24種類
老舗のFX会社外為ドットコム 0.1銭 0.3銭 千通貨 28種類
最大手FX会社GMOクリック証券 0.2銭 0.3銭 1万通貨 20種類

FXで複数口座を開設するデメリットとは?

FXで複数口座を開設するメリットだけではなくデメリットもあります。複数口座を開設するデメリットは、以下の3点だ。

・用意する証拠金の額が増える
・確定申告の際に損益確認および通算する手間がかかる
・管理の手間がかかる

これらのデメリットを順番に解説する

用意する証拠金の額が増える

複数の口座を運用するとそれだけ多くの証拠金が必要になる。運用できる資金が少ない場合は、運用する口座数に自然と制限が生じるだろう。自動売買取引の場合、必要証拠金はさらに多くなる傾向にあるため特に注意が必要だ。このデメリットを解消するには、自己資金を増やしたり少額から取引できるFX口座を選んで1口座あたりに必要となる証拠金を低く抑えたりするなど工夫をするしかない。

確定申告の際に損益確認および通算する手間がかかる

ビジネスパーソンがFX取引で20万円を超え る所得を得たなどの場合は、FX取引に関する確定申告が必要だ。各FX会社から年間の取引報告書を取り寄せ損益通算して確定申告の手続きを行うことになる。年間の取引報告書を取り寄せ、通算する手間がかかる点はデメリットだろう。

管理の手間がかかる

FX口座を複数所有しているとログイン情報の管理や資金管理などの手間がかかる。案内メールも多く送信されるため、情報を受け取るメールアドレスも別に分けるといった手間もかかるだろう。

FX口座の情報を一元管理するには、マネーフォワードなどようにFX会社の口座情報と連携できる家計簿アプリが便利だ。FX口座を一つ一つログインして確認する手間が省け資産状況を一元管理できる。

複数口座は取引スタイルで組み合わせよう

複数口座は、基本的に取引スタイルによって組み合わせることを検討するとよいだろう。FXの取引スタイルは、主に「スキャルピング」「デイトレード」「スワップポイント狙いの長期取引」の3つだ。それぞれの取引スタイルで口座を選ぶときのポイントについて解説する。

スキャルピング

スキャルピング取引とは、数十秒から数分など超短時間で取引と決済を繰り返す取引スタイルだ。短時間で数pipsの利幅を狙うため「その分取引数量を多くして利益額を上げる」という方法で取引を行う。そのためTICKレベルのチャートがありスプレッドはできる限り狭くチャートが使いやすいFX会社を探すとよいだろう。

ただし、スキャルピング取引は、そもそも許可しているFX会社が少ないので注意が必要だ。約款で「短時間で注文を繰り返す行為を禁止 」といった文言でスキャルピングを禁止している会社が多いため、約款は必ず確認した方がよいだろう。ヒロセ通商 やJFX のように「スキャルピングできます」と公式サイトに明示している会社を選ぶと安心だ。

スキャルピング取引は、短時間で注文を繰り返すために、ブローカーであるFX会社が処理をしきれないことがある。そうすると損失がFX会社持ちとなるために許可しない会社がある。 また、短時間での取引が多くなることでサーバー負荷がかかることも要因の一つだ。 海外のFX会社はスキャルピングを禁止していないところが多いため、スキャルピングをしたい場合は海外FX会社も候補に入れてみよう。

デイトレード

デイトレードの場合、重要視したいポイントは「スプレッドの狭さ」と「チャート分析機能の豊富さ」だ。デイトレードは日に何回かトレードをするため、スプレッドが広いとその分手数料が多くかかってしまう。またチャート分析機能が豊富なほうがデイトレードしやすくなるだろう。

スワップポイント狙いの長期取引

長期取引の場合は、少々スプレッドが広くてもスワップポイントの高いFX会社を選択するべきだろう。取引回数は少ないので少々スプレッドが広くても気にすることはない。

複数口座は利用できるキャンペーンが増える

各FX会社は、新規顧客獲得の目的で新規口座開設時のキャンペーンを展開している。複数口座を開設する際は、ぜひ口座開設キャンペーンを積極的に活用して特典を得た方がよいだろう。

特にキャッシュバックキャンペーンを行なっている会社が多く、口座開設だけでもらえるキャッシュバックや取引額に応じてキックバックも貰える。

複数口座を持つならその効果が重要

複数口座を持つ場合は、複数持つことによる効果が得られるように考えて、FX会社選びを行うべきだ。先ほど紹介したように取引スタイル別に複数の口座を持つのは合理的で効果のある持ち方だ。

逆に同じような特徴の口座を複数持っているだけならリスク分散以外の相乗効果はあまり期待できない。証拠金が分散するだけデメリットのほうが大きくなってしまう。

実際にFXを始める

まだFX口座を一つも持っておらずこれから実際にFXを始める場合は、少額から取引ができてスプレッドも狭いSBI FXトレードのようなFX会社を選ぶと良いだろう。そこから長期取引をしたくなれば長期取引用の口座、情報収集をしたいなら情報提供の多いFX会社を選ぶなど口座を複数持つことを検討してみてはいかがだろうか。

おすすめのFX会社

■FX口座数国内第1位
>>DMM FXの口座開設はこちら

■業界最狭水準のスプレッドが魅力
>>LIGHT FXの口座開設はこちら

■FX取引高8年連続国内第1位(※)
>>GMOクリック証券の口座開設はこちら

■信頼性の高いインフラ体制が魅力
>>ワイジェイFX(YJFX!)の口座開設はこちら

■業界最高水準のスワップがうれしい
>>みんなのFXの口座開設はこちら

■1通貨から取引可能
>>SBI FXの口座開設はこちら

■高い約定率で快適な取引を実現
>>FXプライムbyGMOの口座開設はこちら

■自動売買「トラッキングトレード」が人気
>>FXブロードネットの口座開設はこちら

■高機能なツールで取引をサポート!
>>ヒロセ通商の口座開設はこちら

■自動売買取引で始めやすい
>>インヴァスト証券の口座開設はこちら

■お申込み当日から取引可能
>>LINE FXの口座開設はこちら

※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2019年12月)