マネタリーベースThinkstockPhotos-466252715

(写真=Thinkstock/Getty Images)

日銀は5月7日、4月のマネタリーベース(資金供給量)を発表した。世の中に出回るお金の量は4月末の残高で305兆8771億円となり、9カ月連続で過去最高を更新した。月末残高として初めて300兆円の大台を突破した。

4月中のマネタリーベースの平均残高は、300兆3275億円で前年比35.2%増。平均残高ベースでも過去最高を更新した。

内訳を見ると、日銀当座預金は56.8%増の206兆1602億円で、紙幣の発行残高は4.1%増の89兆5381億円だった。貨幣は0.8%増の4兆6292億円だった。

日銀は昨年10月にマネタリーベースを増やす方針を決めている。長期国債などを買い入れる大規模な金融緩和を実施しており、資金供給量の増加が続いている。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
黒田総裁「後ずれは事実だが物価基調は改善」、目標達成の16年度先延ばしで
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
今年はゆうちょやLINEの株も購入可能?直近2年で勝率82%以上の「IPO株」とは
後ずれする「インフレ目標」本当に達成できるのか?
上場へ再申請!時価総額1兆円か?LINEのIPO株を最速で手に入れるには?