Prague Castle by Night

毎年6月に米Forbes誌より、世界のビリオネア(10億ドル以上の資産を持つ富豪)のランキングとして発表される世界長者番付(The World's Billionaires)。

2012年・2002年・1992年と10年ずつ時間を遡り、このフォーブスのランキングを見ることで、この20年でビリオネアの世界にどんな変化が起きたのかを探ってみようというこの企画。

今回は前回の この20年、億万長者の世界にはどんな変化があったのか1/3 の続きとなります。

前回の1992年より、10年過ぎた2002年。
この10年の間に、インターネットの個人による本格利用の始まりや、冷戦の終結による旧東側世界での市場経済の本格化(グローバリズムの進展)など、数々の事件や出来事がありました。

そんな激動の10年を経て、2002年の世界長者番付は1992年と比較し、どのような変化があったのかを、本日お送りします。

【参考:その他の億万長者ランキングはこちらになります。】

2013年版フォーブス億万長者トップ30[世界編]~バフェット氏の連続記録止まる~
2013年版フォーブス億万長者トップ20[国内編]~ランキングが語る栄枯盛衰~
この20年、億万長者の世界にはどんな変化があったのか1/3
2002年、グローバル化とIT革命が生んだ大富豪〜この20年、億万長者の世界にはどんな変化があったのか2/3〜
2012年、躍進する新興国とネット企業〜この20年、億万長者の世界にはどんな変化があったのか3/3〜
90年代、3つのバブルに揺られて〜この20年、日本の億万長者の世界にはどんな変化があったのか?1/2〜
いつかは来るバブルの終わり、その時資産を残す人と無くす人の違いとは?〜この20年、日本の億万長者の世界にはどんな変化があったのか2/2〜
中国でのビリオネアや富裕層の最新事情


【1992年から2002年の主な出来事】

1992年
・ロシアが、IMFと世界銀行に加盟
・米国、メキシコ、カナダが北米自由貿易協定(NAFTA)に調印

1993年
・ガットを改組して、世界貿易機構(WTO)とすることが決定

1994年
・メキシコがペソの下限レートを15%切り下げ
・ロシアのルーブル暴落

1995年
・Windows95の登場で一般個人でのインターネットの利用に加速
・ビルゲイツ氏、この年の番付から1位へ、以後2007年まで首位を独占

1996年
・ニューヨークダウ終値、初の6000ドル突破へ
・米yahoo、ナスダックへ上場

1997年
・タイが通過バーツの実質的な切り下げを実施、その後アジア通貨危機へ
・ウォールマートの従業員数が、全米で最大へ

1998年
・ニューヨークのダウが初の9000ドル台を突破

1999年
・欧州単一通貨、ユーロが11カ国へ導入
・ニューヨークのダウが初の10000ドル台を突破

2000年
・米シスコが、時価総額5554億ドルとなり、時価総額世界最大に

2001年
・9.11テロ
・WTOが中国と台湾の加盟を承認
・米Apple、ipodを発売

2002年
・米通信大手ワールドコム社が倒産