Enzo_Ferrari_02446-1920x1080_8JTSSJ

(写真=Ferrari)

サンタモニカの高級クラシックカー・オークション会社が2016年1月29日から2日間にわたって行うオークションに、1960年代に生産された伝説の250GTや1990年代、2000年代のスーパーカーなど、貴重なフェラーリ8種が出品される。


このオークション会社は、グッデイング&カンパニー(Gooding & Company)。 スコッツデール・オークション(Scottsdale Auction)にフェラーリを出すのは、ビバリーヒルズの有名フェラーリ・コレクター、トニー・ショシャニ(Shooshani)氏だ。

ショシャニ氏はフェラーリに魅惑された収集家の1人としてその名を知られている。単に車を収集するだけではなく、実際に自らが最も愛する288GT 1985年モデルで「フェラーリ・コース・クライアント・プログラム」などのラリーに参加するなど、車の楽しみ方を知っている本物のコレクターだ。

ショシャニ氏は自らをコレクターと見なさず、「フェラーリの歴史的な価値を維持する世話役」と称しているという。

それでは今回出品される予定の8車種を紹介しよう。

F50(1995年モデル)推定価格250万~290万ドル

1995年3月、ジュネーブ・オート・ミュージアムで発表された。フェラーリ鑑定書付き。鑑定番号である99999番はフェラーリが5桁の数字を鑑定書に用いた最後の型である。フェラーリのプロモーションや新型F50 スーパーカーなど大型イベントのショーケースに使用された後、伝説のフェラーリ・ディーラー、ジャックス・セーター氏が購入。

F40の新型モデルとして、わずか225ポンドの炭素繊維の車台を採用。走行距離はわずか1100マイル(約1770Km)。世界に349台しか存在しないため、希少価値の高い近代的なスーパーカーを落札するチャンスである。

F40(1990年モデル)推定価格130万~160万ドル

フェラーリ40周年を記念して発売された、同世代中最も珍重されているスーパーカー。「余計なものがない方が良い」というコンセプトのもと、レース用チューブラーフレームや炭素繊維を採用。2400ポンドという車体の軽さが特徴だ。出力特性はV8ツインターボエンジンで最高時速200マイルとなっている。

1991年に米国に出荷された213台のうち、49番目のF40)。走行距離3600マイル。

フェラーリ・エンツォ(2003年モデル)推定価格240万~280万ドル

2000年初頭の発売当時、オートモーティブ業界に旋風を巻き起こした、記録破りの大人気モデル。最高時速217マイル、最高馬力660PSのV12エンジン搭載スーパーカー。F1カーを意識したギアボックス。走行距離2600マイル。伊ピニンファリーナの元トップ・カーデザイナー、奥山清行のサイン付き。全製造台数349台。

250GTシリーズ2・カブリオ(1960年モデル)推定価格240万~230万ドル

ブル・スクーロ(紺色)の車体にクリーム色の内装が魅力的。2000年のぺブル・ビーチ・コンクール・デレガンス以来、滅多に市場に出回らない希少モデル。生産当初のハードトップ完備。

250GTルッソ(1964年モデル)推定価格220万~250万ドル

総生産台数350台のうち275番目に生産され、2013年にフルレストア車に改造。2014年にフェラーリのヒストリアン、マルセル・マッシーニ氏からクラス1の認定済み。深い青の車体にベージュのレザーシート。

フェラーリ・ディーノ(1969年モデル)推定価格70万~80万ドル

総生産台数153台のうち140番目に生産された、全く手の加えられていない初期のディーノ。典型的な明るい赤(Rosso Chiaro)の車体で手入れも行き届いている。1960年台に生産されたフェラーリのファンにとってアイコン的なモデルだ。

フェラーリ512 Bbi(1984年モデル)推定価格40万~47.5万ドル

V-12エンジン搭載特有のサウンドを体験できるベルリネッタ・ボクサー・スーパーカー。ダッシュボード両面に前オーナーである伝説のレーサー、A.J.フォイト氏のサイン入り。スタイリッシュなグレー(grigio argento)の車体とボルドーのコンビネーション。

フェラーリ328GTS(1988年モデル)推定価格12万5000~15万ドル

走行距離1万5000マイル。丁寧に手入れされ、書類やツールなども含めてオリジナルフル装備のコンディションをキープしている。(ZUU online 編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
ZMP上場に迫る!自動運転で注目の企業は優良IPO銘柄となりうるのか?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)