特集「保険」 特集「仮想通貨/ビットコイン」 特集AI 人口知能がもたらす禍福 広告特集「M&A/事業承継」 特集「本を読む。」 特集「不動産投資のはじめ方」 DC特集
欧米
Written by ZUU online編集部 4,702記事

資産を減らす間違い投資法とは

投資の世界でも「富裕層」が勝ち組、上位1%が最高リターンを獲得

現金への依存、銘柄の増やし過ぎにも要注意

オープンフォリオは2014年にも、3000件にのぼるデータをベースに、「資産を減らす最大の要因」に関するレポートも昨年発表しており、「ポートフォリオで現金の比重が20%以上だった投資家が損失をだした」としている。

2014年は当たり年といわれていたにも関わらず、約25%の投資家の資産が減少したという事実は、けっして現金が安全な投資対象ではないという現状を表している。

米投資家のポートファイルの平均36%が現金で構成されていたことも、非営利組織マネージメント、Applied Research Centerが、2014年に2800人の投資家を対象に行った調査で報告されている。

2008年のリーマンショック以来、投資家が株式市場に臆病になっているのは不思議ではない。しかし世界的に低金利傾向が増している近年、銀行に預金していても残高が減るだけではなく、株や債券で収益を生みだす大きなチャンスを逃していることになる。

ここで注意すべきは、もう一つの損失要因である「銘柄の増やし過ぎ」だ。分散投資は、管理しきれないほど多数の銘柄に手をだすという意味ではない。あくまで管理可能な範囲で、バランスよくポートフォリオを構成することが前提である。

オープンフォリオのデータによると、銘柄を管理できる範囲に好バランスで絞っていた投資家の方が、10銘柄以上を所有していた投資家よりも高リターンを得ている。

「現金に依存することなく、分散投資で丁寧にポートフォリオを管理する」が、投資の勝ち組に仲間入りするコツのようだ。(ZUU online 編集部)

【編集部のオススメ記事】
年収が200万円上がる!? 会社員だから知っておきたい◯◯型収入って?(PR)
100万円で79万円儲かる?「究極の」資産運用術とは
「平均480万円削減!」住宅ローン借り換えサービス 面倒な手続きはすべてお任せ(PR)
東京23区「平均年収ランキング」圧倒的1位は902万円の……
会社をさらに成長させるため、ライバル企業が取っている戦略とは(PR)

12
page 2 of 2
投資の世界でも「富裕層」が勝ち組、上位1%が最高リターンを獲得
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします
PREV リオ五輪選手用 Visaの指輪型ウェアラブル「NFC Ring」一般...
NEXT 「口は災いの元」失言を反省するトランプ氏、「後悔先に立たず」