アントレプレナーシップ,日本,エコシステム
(写真=Thinkstock/Getty Images)

世界130カ国・地域における事業の革新性、経済的・社会的影響力、実行力などを評価した「2017年国際アントレプレナーシップ(GEI)指数」で、 日本は25位となった。アジア圏では台湾、シンガポールに次いで3位。昨年と比較すると0.9ポイント、5ランクアップと、まずまずの進展だ。

ランキングは国際アントレプレナーシップ開発機関(GEDI)が、経済発展に欠かせないアントレプレナーシップ(新事業に対する創造意欲)のエコシステムが、各国・地域でどれほど確立されているかという点を順位づけしたもの。

上位は新事業のエコシステムが整っている欧米国が独占。米国が昨年から引き続き首位の座を獲得したが、スコアは2.8ポイントさがっている。カナダ、オーストラリア、台湾、シンガポールも、順位が後退した。

対照的に日本、スイス、フィンランドなどは飛躍。圏外では29ランクアップで69位となったインドの活躍が目覚ましい。

最新版ではデジタル分野での発展が評価項目として追加されており、革命性を測定するうえで、順位やスコアの変動にも影響を与えたようだ。近隣国では、韓国(27位)、香港(32位)、中国(48位)という結果に。

革命エコシステムが整っている25カ国とGEIスコア

25位 日本 51.7ポイント(昨年順位30位)
24位 シンガポール 52.2(11位)
23位 エストニア 55.5(22位)
22位 ノルウェー 55.9(20位)
21位 カタール 58.0(24位)

20位 ルクセンブルグ 58.1(23位)
18位 アラブ首長国連邦 58.8(19位)
18位 チリ 58.8(16位)
17位 イスラエル 59.1(21位)
16位 台湾 60.7(6位)
15位 ベルギー 63.0(17位)
14位 オーストリア 63.5(15位)
13位 フランス 64.1(10位)
12位 ドイツ 64.9(14位)
11位 フィンランド 66.9(18位)

10位 オランダ 67.8(13位)
9位 アイルランド 71.0(12位)
8位 英国 71.3(9位)
7位 オーストラリア 72.5(3位)
6位 アイスランド 73.5(7位)
5位 デンマーク 74.1(4位)
4位 スウェーデン 75.5(5位)
3位 カナダ 75.6(2位)
2位 スイス 78.0(8位)
1位 米国 83.4(1位)

(ZUU online 編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)