女性,投資,UBS,金融リテラシー
(写真=Thinkstock/Getty Images)

UBSが1月24日、女性向けウェルスマネージメント・サービス改革を目指す5年計画を発表した。UBSは女性の投資意欲をうまく煽動しつつ女性顧客の開拓に専念することで、2兆3000億ドル(約257兆2320億円)相当の新規投資を見こんでいる。

世界の私有財産の3分の1を女性が所有 予想年間成長率は1.6%

様々な分野でミレニアル世代を次世代顧客層と見なす風潮が強まっているが、UBSはそこから一歩視野を広げ、女性をターゲットに取りこむ第一歩として、「投資は男性のもの」という固定観念を覆す試みに取りくんでいる。

女性が十分な資産力をもった顧客になり得ることはすでに立証済みだ。昨年のボストン・コンサルティング・グループの調査からも、「世界の私有財産の3分の1を女性が所有している」と報告されている。

UBSによる女性の所有資産の予想年間成長率は1.6%。今後4年間にかけて、男性の所有資産よりもはるかに急激な速度で成長すると期待されている。

経済的な観点から見ても、女性が「上得意顧客」の潜在性を秘めていることは明白だ。

多くの女性が投資に消極的 6割の女性が「知識に乏しい」

女性投資家の割合が男性と比較してはるかに低い事実が、これまで数々の調査で指摘されてきた。投資に関する男女間のスタンスの差が、この背景に深く根付いているものと思われる。

一般的に女性は投資を貯蓄と切り離して受けとめ、支出と見なす傾向が強い。多くの男性が投資を「増やせる機会=貯蓄」と見なすのに対し、「損失する可能性がある=支出」とまったく異なる観点から見る女性が多いということだ。

例えば積立金制度なども投資であるにも関わらず、加入者の男女割合は66%:73%(バンガード・グループ調査)と女性ほうが高い。これは女性にとっては「積立」という言葉が「貯蓄」を直接的に連想させ、安心感につながるためではないかといわれている。

また投資を難しい、複雑なものとしてとらえている女性も多い。バンク・オブ・アメリカの1万人を超える顧客サーベイでは、55%の女性が「投資や金融市場に関する知識は平均以下」と回答。同様の回答をした男性は2分の1だった。

「興味はあるが、実際には手をだしにくい」が女性の本音

それでは投資に関心のある女性は少ないかというと、決してそうではない。

UBSが過去2年間にわたって実施した調査からは、88%の女性が社会福祉促進事業への投資に興味をいだいていることなどが判明している。つまり「興味はあるが、実際には手をだしにくい」「どこからどのようにして投資を始めればいいのかわからない」といった初歩的なバリアが存在するということだ。

前述したように知識や自信の欠落が原因で、多くの女性が資産を育てるチャンスを逃している。投資をより身近なものとして体感できる最適な環境が整えば、女性の投資家としての才覚がどんどん開花していくと期待できる。

包括的な経済成長を期待

UBSは新たなプロジェクトに向け、この分野の専門家育成に2年を費やしたほか、2012年以降は女性のための金融シンポジウムを毎年開催するなど、着実に女性投資家を育てる環境を整えてきた。

ウェルスマネージメント改革の具体案としては、今後5年にわたり女性の観点から見たサービスを取りこんでいく。

女性顧客にアピールする投資商品を開拓する一方で、多様性と持続可能性の高い長期的な投資の機会を提供するなど、女性が受けいれやすい投資環境を整えることが最優先事項となる。

また未来の女性投資家を育成する意図で、2021年までに大手教育機関と提携した女性向け金融リテラシー・プログラムなどを企画している。

このプロジェクトの指揮をとるマネージング・ディレクター、マラ・ハーヴェイ氏は、リテラシー教育が少なくとも100万人の女性投資家の育成に役立つことを目標にかかげている。

男女格差や所得格差が国際規模で社会問題化している現在、包括的な経済成長を促進する画期的な試みとなりそうだ。 (アレン琴子、英国在住フリーランスライター)

【編集部のオススメ記事】 ・2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)