◆ココがポイント!

・通常の通夜・告別式をやると、費用の平均は約200万円。
・お墓と永代使用料の平均は100~200万円を目安に考える。
・略式の葬儀スタイルもある

葬儀やお墓の費用はピンからキリまである

葬儀やお墓にかかる費用について、「相場がよくわからない」というのはよく聞く話です。例えば、お寺で行う一般的な葬儀の平均は約200万円とされています。ですが、最近では、家族葬や1日葬など、コンパクトに行うケースも増えていて、10万円台から行えることもあります。お墓についても、すでにお墓がある人と新たに購入する人では、出費の額が異なります。さらに最近は、お墓のスタイルも自由になりつつあります。

家族でよく話し合って、故人の希望に沿うようなものを選びましょう。

◆葬儀費用の相場

葬儀をあげることになった場合は、以下のようにさまざまな費用がかかる。貯金で不足する分は、遺族年金や保険でまかなうとよい。

葬儀費用,お墓,相場
(出所=『必ず知っておきたいお金の貯め方・使い方オールカラー』)

◆役立つミニ情報

先祖代々のお墓がない場合は?
近所の寺院などの檀家かになって墓を建てる、宗教や宗派を問わない納骨堂や霊園などを選ぶ、といった方法がある。

◆お墓+永代使用料の平均

全国平均 196.37万円
お墓と永代使用料にかけた費用で、最も多いのが100~150万円。2位の150~200万円とあわせると約50%近くになる。つまり、お墓+永代使用料にいくらかけるかの予算を考える場合は、100~200万円を目安にするとよい。

(出所=『必ず知っておきたいお金の貯め方・使い方オールカラー』)

◆いろいろなお墓・葬送のスタイル

(出所=『必ず知っておきたいお金の貯め方・使い方オールカラー』)

◆KeyWord

永代使用料

お墓を使用する権利の代金のこと。具体的には、「墓石」と「お墓の土地」の費用のことをいう。お墓を建立する際に必要な費用だが、その後、定められた管理料を払い続けている限りはお墓を使い続けられる。

(※本記事は『 必ず知っておきたいお金の貯め方・使い方オールカラー 』(2016年10月20日発行/岡崎充輝監修/西東社)より抜粋して制作しています)

(画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)
(クリックするとAmazon.co.jpのページに飛びます)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)