1000万円以上預けると優遇を受けられるプレミアムバンクの比較 にはじまり、 続・1000万円以上を預けると優遇の受けられるプレミアムバンク~サービス解説編~ など、ZUU-ONLINEでは過去何度かに渡り、各銀行のプレミアムバンクについて解説をしてきました。

そして本日は三井住友信託銀行のプレミアムバンクサービス、「 ベストクオリティ 」のサービスの詳細をお届けします。

【参考:プレミアムバンクの内容や取り扱っている金融機関については、下記のリンク先をご参照ください。】

1000万円以上預けると優遇を受けられるプレミアムバンクの比較
続・1000万円以上を預けると優遇の受けられるプレミアムバンク vol1~サービス解説編~
続・1000万円以上を預けると優遇の受けられるプレミアムバンク vol2〜Citigold編〜
続・1000万円以上を預けると優遇の受けられるプレミアムバンク vol3〜みずほプレミアムクラブ編〜
続・1000万円以上を預けると優遇の受けられるプレミアムバンク vol4〜三菱Quality Life Club編〜
続・1000万円以上を預けると優遇の受けられるプレミアムバンク vol5〜三菱UFJ信託エクセレント倶楽部編〜
続・1000万円以上を預けると優遇の受けられるプレミアムバンク vol6〜三井住友信託銀行ベストクオリティ編〜

【参考:預け入れ資産1億円以上を対象としたプライベートバンク関連】

日本版プライベートバンク成功へ向けて〜現代富裕層の悩みと金融機関の4つの課題〜
プライベートバンクへの期待〜その幻想と真実〜
「プライベートバンクサービス」≠「プライベートバンク」?〜富裕層サービスの真実〜
資産1億円以上限定、富裕層向け「プライベートバンク」サービスの比較


◉三井住友信託銀行のプレミアムバンクサービスが2つある理由


三井住友信託銀行は2012年4月1日に、住友信託銀行と中央三井信託銀行が合併をして誕生した信託銀行 です。そのため、 三井住友信託銀行のプレミアムバンクサービスは、旧住友信託銀行系の「アドバンテージサービス」と、旧中央三井信託銀行系の「ベストクオリティ」の2つに分かれています

なお、両サービスは統合される予定のようですが、具体的なスケジュールなどは未定のようです。

どちらのプレミアムバンクサービスも、店舗に出向いての申込みが必要であり、「アドバンテージサービス」に申し込むには旧住友信託銀行系の店舗に、「ベストクオリティ」に申込をするには旧中央三井信託銀行系の店舗へ出向く必要があります。
両者のサービス内容は似通っている所も多いのですが、会員としての有効期間が旧住友信託銀行系の「アドバンテージサービス」は半年であり、旧中央三井信託銀行系の「ベストクオリティ」は1年であるなどの違いもあるようです。


◉「ベストクオリティ」の概要


本日は、ベストクオリティの内容をお届けします。

まず入会条件ですが、 1名義あたりの取引残高が1000万円以上あること 、もしくは 三井住友ファンドラップRか三井住友信託SAMの契約を締結していることが条件 になります。また 取引残高の1000万円も、普通預金や国債などの公共債は認められず、定期預金や投資信託、また生命保険などの合計が1000万円以上必要 です。

また、 3000万円以上の取引残高をお持ちの方は、特別会員になることが出来ます 。ただ特別会員と通常会員の違いですが、特別会員専用のサービスも一部あるようですが、 大半のサービスは共通 のようです。

サービス内容ですが、以下の4つに分けられます。

①バンキングサービス

②手数料優遇サービス

③資産管理サービス

④その他サービス

以下、順番に見ていきましょう。