前回、エンジェル投資について独自の視点から語ってくれたhey代表の佐藤裕介氏。今回は、コロナショックに瀕している日本のスタートアップに対するメッセージや、エンジェル投資家としての社会的役割について、話を聞くことができた。(聞き手・師田賢人)

佐藤裕介(さとう・ゆうすけ)
2008年にGoogle入社後、広告製品開発を担当。2010年10月、フリークアウトの創業に取締役として参画。2014年6月、東証マザーズに上場。2017年1月、フリークアウト・ホルディングス共同代表に就任した後、2018年2月にはヘイの代表取締役社長になる。エンジェル投資家としても活動し、累計100社以上に投資実績あり。

※編注:本インタビューは2020年3月末、オンラインにて行われました

日本のエンジェル投資界は「村社会」から脱するべき

エンジェル投資家に聞く#5
(画像=hey提供、ZUU online編集部)

――日本のスタートアップ市場にはどのような課題がありますか?

まず前提として「市場の価値は参加者が多ければ多いほど上がっていく」と考えています。例えば、2017年ごろのビットコイン(BTC)は、投資までのハードルがとても低く、グローバル規模で参加者が一気に流れ込んだ結果、とんでもないサイズのアセットクラスが「あっという間」にできあがりましたよね。

未上場スタートアップ市場においても、より参加者の入り口を低く設定できるはずです。しかしながら、現在における未上場スタートアップの世界は「村社会」といっても過言ではないくらいに閉ざされています。したがって、もっと「参加者を増やしていくべき」という課題はあるでしょう。この点「株式型クラウドファンディング」には、投資家の参加枠を広げていくという意味で、少し期待しています。

ただし「参加者増加」と「投資家保護」はトレードオフのような関係でもあるので、見極めが難しいとは思います。今よりはもっと参加者が増えて、オープンに新しいものが生まれる環境になればいいと考えています。

――海外のエンジェル投資家が日本のスタートアップに投資することはよくあることですか?

はい、よくあると思います。例えば、僕自身もNASDAQに上場しているソーシャルゲームの「Zynga(ジンガ)」の創業者と一緒に2、3社共同出資したことがあります。

――日本と比べて、シリコンバレーのエンジェル投資界はどのように映りますか?

まず、シリコンバレーにおけるエンジェル投資家の大半は、イグジット起業家です。すなわち、すでに「創業して売る」というサイクルを何周も大きくまわしているんです。そうなってくると、ポテンシャル投資家となる人口の規模がものすごく大きいです。

あとは、エンジェル投資家が案件を見つける方法がフォーマット化されています。例えば「Y Combinatorのデモデイに行けば、フィルターにかかった案件がいくつか見つかるよね」みたいな。「エンジェルリスト」を見れば、連絡先もたやすく把握できますしね。

まとめると「マーケットのボリュームが桁違いに大きい」ことに加えて「スタートアップのエコシステムが成熟している」ということです。

エンジェル投資家から見たコロナショックの影響は?

――エンジェル投資家として、コロナショックをどのように受け止めていますか?

投資先にお願いしていることは「24ヵ月のサバイバル資金」を確保することです。ここで攻めに転ずる人は、あまり多くありません。最優先すべきは、生き延びること。そのためには、事業計画の修正やコストカットが必要になることもあります。

スタートアップには「デフォルト・アライブ」と「デフォルト・デッド」という2つのステータスがあります。簡単にいうと「固定費を自分たちの粗利でカバーできるか」という話です。今、大事なことはどんな手段を講じてでも、自分たちを「デフォルト・アライブ」にもっていくことです。あとは、そのうち良くなるだろうという感じですね。

――アフターコロナの世界をどのように見ますか?

リーマンショックのときにもありましたが「出口」が見えにくくなると思います。IPOのマーケットが閉じてしまうということですね。上場の承認を受けたスタートアップもIPOを延期しています。それによって、バリュエーションが上がりづらくなってしまう。

また、今までだったら十分な投資を受けることが可能なはずの案件も、場合によっては投資を受けられなくなるケースも当然あるはずです。具体的には、大型資金を必要とする資本政策系の企業は厳しいですね。逆に、初期段階でポジティブ・キャッシュフローが見込める事業は好まれるようになるでしょう。

――2022年の東証改革によって、さらに状況が厳しくなるということはありますか?

僕が投資をするようなスタートアップで、市場の区分変更が直接的なダメージになる企業は、ほとんどないと思います。もちろん、審査期間が延びたり、プロセスが複雑になったりする影響はありますね。ただ今回の改革が大きく市場環境に変化を与えるということは、想定していません。

エンジェル投資したくなる起業家像

――エンジェル投資家に求められる資質は何ですか?

エンジェル投資は「収益化しにくいアセットクラス」だということを理解する必要があります。要するに「担保性の無い資産でキャッシュが5〜7年ロック」されることに加え、ほとんどの場合うまくいきません。成功するためには、投資や金融の素養、専門的知識や経験、高いフィルター強度が求められますが、それでも不確実性は高い分野です。

エンジェル投資の醍醐味は「投げ銭」に近いと思います。例えば、コロナショックで来月倒産しますという人たちに「自分がどのように助け舟を出せるのか?」。あるいは、彼らが「どのような創意工夫をもってこの危機を乗り越えるのか?」。これら一つ一つは、とても純度が高い物語です。それを一緒に、体験、応援、参加できる価値は、非常に貴重だと思います。

――基本的には、応援したい起業家に投資をするというイメージでしょうか?

そうですね。僕はサッカーの観戦チケットを買うような気持ちで投資をしているので、自分が応援したい起業家、「うまくいかなくってもべつにいいか」と思える人たちにお金を出したいと思っています。

――「この人は応援したい」と思うポイントは何ですか?

「短期間に変化が見える人」ですね。具体的には、一度会った次の週には、新しい発見をどんどん見つけていて、成長しているような人。

例えば昔、delyの堀江裕介くんがフードデリバリー事業をしていたんですが、初めて会った翌週に「道玄坂でラーメンのつゆをこぼさずに運ぶ方法を見つけました!これは革命です」と言ってきたんですよ。

やはり、次々とアイディアを行動に移して、さまざまなことを学んで、変化していくことを楽しめる人は、見てて楽しいじゃないですか。そういう人とは、仲間でいたいなと思いますね。

――ありがとうございました。

PR
(画像=ZUU online)