数ヶ月前、日経平均株価が2万4000円台をつけ、株式市場がおおいに盛り上がっていたときに株をやってなかった人は「さぞかし株をやっている人は儲かっているんだろう」と思っていただろう。あるいは、これから株を始めようと考えていた人は「これだけ株が上がっているのだからきっと自分も儲かるにちがいない」と思っていたのではないだろうか。

結果はどうだろうか。米国の金利上昇をキッカケに2月は世界中の株式市場が下落を見せ、日経平均株価は3月8日終値時点で2万1368円となっている。

株で利益をあげるためには株価があがるだけでなく、損失をコントロールする力、すなはち「リスク管理」の知識が必要になる。ここでは株のリスクとはどんなシチュエーションで起きるのかなど、場面別にリスク管理について解説していくことにしよう。

いつでも付きまとうリスク 株価下落

株式投資,損切り
(画像=Thinkstock/Getty Images)

株を買った場合のもっとも典型的なリスクが株価の値下がりのリスクだ。企業の株価は、世の中のお金の動き(為替)や個別企業の動向(売上や利益)といった要素に左右され、株価を上下させている。そのため、タイミング次第ではこれから値下がりをする前に株を買ってしまうこともしばしばあるのだ。

これは株をやる限りはどうしても付き合わなくてはならないリスクである。どんなに実力のある投資家も値下がりは確実に経験しているはずだ。問題は、その値下がりが生じたときの対処法である。

大きく分けて以下の3つに分けられるだろう。

  1. 戻るまで待つ(塩漬け株)
  2. 損失を受け入れてその株から離れる(損切り)
  3. 株を買い増しする(ナンピン)

初心者がやりがちなのが、1と3である。

1の場合、戻らなかった場合には損失リスクのみならず、時間のロス、他の投資機会を見逃す可能性がある。できれば避けたいところではある。ちなみに1で株価が戻らない状態にある株式を「塩漬け株」という。

3だが、こちらも初心者がやりがちなパターンで、通称ナンピンと呼ばれる。ナンピンは成功すれば損失がなくなるのみならず大きな利益をものにできるので、必ずしも悪ではないが、「下手なナンピン、スカンピン」という言葉があるように仕掛けるタイミングが難しい。

実は初心者がもっとも苦手とする2の「損を受け入れてその株から離れる」というのが、損失回避という意味合いでは、もっとも効率がよい投資の仕方と言える。多くの名だたる大物投資家も損切りの大切さには言及する人が多い。

必ず付きまとう値下がりリスクだが、ある程度の見積もりで損失を出すということは長期的に見れば「合計利益>合計損失」となる布石でもあるのだ。

人間心理におけるリスク 落ちるナイフとは

株式投資の世界には多くの格言が存在している。その中でも「落ちるナイフを掴むな」という格言は株のリスクを表す言葉としてもっとも示唆に富んでいると言える。これはナイフが落ちている最中に無理に掴もうとすると思わぬ怪我をするということであり、ナイフが床に辿りついてから拾っても遅くはないという意味の言葉である。

株も同じで、下げ始めの頃はどうしても今のままでの上昇が頭の中にあるため、思わず株価が安くなっていると思って飛びつき買いをしてしまうという典型的な投資の負けパターンである。

人間心理(投資家心理)でアンカリング効果とも呼ばれているが、先に提示された高値を見ているとどうしても10%やそこらの下げで飛びつき買いをしてみたくなるものだ。しかし、それは株価下落の始まりとなる場合も多く、株価がいわゆる底をつくまでに多くの時間を要することにつながることもある。

リスク管理に必要な知識としてアンカリング効果などの投資家心理はぜひ覚えておきたいところだ。

ポジションサイズのリスク 信用取引は便利か?

現行の証券会社の制度だと、信用取引を利用することで証券会社に預け入れている資産の3倍程度の株を買うことが可能だ。これは言ってみればお金を借りて株の取引をするということであり、使用する際には高度な知識と豊富な経験が必要である。

現に口座開設後、信用取引を行うためには一定の審査が必要である。とはいえ、審査自体、自己申告のため使おうと思えば使える制度でもある。この信用取引だが、使い方を間違えると株取引におけるリスクが一気に膨らんでしまうのだ。

例を挙げてみよう。

ある企業の株式を100万円分購入したい場合、もし手持ちの資金が40万だったとしても信用取引による株式購入が可能である。

ただ、もし購入した株式の価格が20%下落した場合には、100万円の株式の価値が80万円になってしまうので、一気に20万円分の資金がなくなるということになる。

つまり元本の40万円のうち、半分が消し飛んでしまうことになるのだ。

ちなみに20%程度の株価下落は銘柄にもよるが日常茶飯事で起きているので、信用取引を利用するには銘柄選定の知識も必須である。株を買う量を調整しないと思わぬ大損失を生じさせてしまうことを覚えておいて欲しい。

株をやるなら心得ておきたい

株の利益があがると人間はどうしても強気になり、さらに利益を得ようとするものである。強気になるのでいつもはしない行動や自分のキャパシティーを超えた行為をすることもしばしばある。 しかし、株のリスクは突然やってくるもので、強気になった時にこそ注意しなくてはならない。

勝って兜の緒が緩んでいないか、それを確認しながら取引を続けていくことこそ株式投資のリスクにのまれないための秘訣と言えるのだ。

谷山歩(たにやま あゆみ)
早稲田大学法学部を卒業後、証券会社にてディーリング業務に従事。Yahoo!ファイナンスにてコラムニストとしても活動。日経BP社の「日本の億万投資家名鑑」などでも掲載されるなど個人投資家としても活動中。個人ブログ「インカムライフ.com」。著書に「超優待投資・草食編」がある。