【第24回】中小企業で大卒者を採用することが困難な場合に打つべき施策とは?
(画像=THE OWNER編集部)

THE OWNER特別連載「経営者のお悩み相談所 〜経営コンサルタントが一問一答!〜」第24回目は「社員数が20名弱の中小企業で、大卒者を採用することが困難な場合、どのような施策を打つべきでしょうか?」という経営者のお悩みについてお答えします。

▼経営者様からのご質問はこちらで受け付けております!
https://the-owner.jp/contents/the_owner_questions

【今回のご質問】
社員数が20名弱の中小企業で、大卒者を採用することが困難な場合、どのような施策を打つべきでしょうか?

2020年の大学進学率が54.4%(文部科学省による令和2年度学校基本調査より)となり、大学卒が「普通」になってきている現代において、大卒者を採用することは最低限優秀な学生を採るために必要な戦略だと考える向きもあります。では、大卒者に選ばれるための施策にはどんなものがあるのでしょうか。

岩下 廉(株式会社ポムスタディ 代表取締役社長)
岩下 廉(株式会社ポムスタディ 代表取締役社長)
【略歴】製薬会社、国家公務員総合職での勤務を経て、ITベンチャー企業でディレクターを務める。20年1月より株式会社ポムスタディを設立して独立。
【学歴】東京大学 農学部 国際開発農学専修 卒
【資格】TOEIC970、将棋アマチュア参段
【株式会社ポムスタディ】マーケティングを中心としたコンサルティング事業および教育学習支援事業を推進。コロナ禍の状況下でも、増益増収を達成中。
HP:https://pom-study.com
Mail:info@pom-study.com

大学生(新卒)の就活事情とは?

大卒者を採用するという目線で考えるとき、まずはその対象となっている大学生の就職活動を理解せねばなりません。さて、最近の大学生がどのようなことを考えて、どのような方法で就職活動をしているかご存知でしょうか。

厚生労働省が公開している「大卒者等のインターネットを通じた就職活動に関する調査」結果は、新卒の大卒者の採用に対する考え方を知る上で手がかりになる資料です。上記資料によれば、就職先の企業を知ったきっかけとして「昔から知っていた」が約43%、「説明会等で見つけた」が約35%、「サイトで見つけた」が約32%と上位を占め、次に「友人、先生、親などの勧め」が続いています。

400万人が利用中!国内最大級の金融メディア
これより先は無料会員コンテンツです
会員登録して続きを読む