高級老人ホーム


今回は、日本の富裕層、超富裕層における高級老人ホームというテーマにてお送りさせて頂きます。

介護付き有料老人ホームでも、富裕な高齢者にとっては高級住宅街にある豪華なホテルのような有料老人ホームが一種のステータスになっています。入居金が最低でも1人1億2800万円(夫婦では1億4400万円)となっており、老人ホームといっても破格と感じるかもしれませんが、設備やサービスなどを見てしまうと納得してしまう豪華さです。

以下、そのような高級老人ホームのご紹介をさせて頂きます。

【参考】


◉日本の富裕層、超富裕層における「高級老人ホーム」

例えば高級住宅街にある豪華ホテルのような高級老人ホーム「サクラビア成城」は、60歳以上を対象とした介護付き有料老人ホームです。最上階では、入居料が夫婦で4億200万円という値段ですが、施設やサービスも一般的な有料老人ホームとは違ってとても開放的です。
まず、入居者の食事についても食事のメニューなどの種類が30種類から40種類と多く、レストランでは、週末に家族がきてもいっしょに食事を楽しむことができるなどとてもユニークな取り組みが行われています。また、毎週木曜日など人気の寿司店から主張サービスの「握り寿司」などがメニューにあてられています。

また、日本の富裕層・超富裕層の「高級老人ホーム」をいずれも比較してみても、医療や介護体制整備が徹底されています。「サクラビア」はクリニックも併設してあって、365日・24時間と医師と看護婦が常駐しています。入居者は少しの体調の変化でも気軽に受診できるという点や、人間ドッグなども実施されているので医療体制としてはとても安心です。
ナースコールなど深夜でも往診してくれますし、介護サービスなども1日4時間まで受けられるということや、リハビリルームも理学療法士が個別対抗していて充実しています。

施設的にも申し分がなく、舞台や音響、照明設備などピアノを置いたホールのほか、トレーニング、シアタールーム、ビリヤード、囲碁、将棋、アトリエ、陶芸、図書室などが充実しています。また、歌舞伎や花実、紅葉などのバスツアーなども年に15回ほど開催されています。
なんといっても通常の老人ホームと比較して、入居者が退屈しないというところが大きな違いかもしれません。

では、いったいどのような人たちが入居しているのでしょうか。
「高級老人ホーム」や「超高級老人ホーム」の入居者の多くが開業医などの医師や弁護士、また経営者などが多いということです。平均年齢も82歳で、ほぼ入居率100%の満室状態です。


◉高級老人ホームに求められるもの

高級老人ホームに求められるものは、何よりもまず「安心感」です。
例えば「ロングライフ京都嵐山」でも、「高齢期こそ人生は充実する」という考え方に基づいて、ロングライフのケアサービスを充実させています。
この場合の安心は、特に1人1人の健康状態を心身両面でサポートしてくれるというところでしょう。常勤の看護師やナースコールはもちろん、24時間体制で緊急トラブルにも対応してくれます。

なお、高級老人ホームに求められるものには、「医療の充実」のほか「食へのこだわり」「国内・海外旅行イベント」「身の回りのお手伝い・お買い物・外出」などライフクオリティーサービスが含まれます。

その点ロングライフ京都嵐山は、古都京都の嵐山にあり、観光地として洗練されてきた場所です。ゆったりとした季節感を堪能できるように日本庭園も敷地内に見ることができて、日々の暮らしに豊さを味合わせてくれます。和風旅館をイメージした外観では、木のぬくもりもいたるところに感じられるということです。
それは、ほかの老人ホームと比較してもてもケアの質を高める空間として居住している人たちに五感に心地よい空間として「癒しのある施設になっているか」という開発チームとしてのこだわりを感じることができます。
風・光・水・緑に癒される空間づくりということでは、ケアの専門化としての建築家、設計士、造園家、インテリアデザイナーなど徹底的にミーティングが行われていると言われています。