(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)

「2016年に訪れるべき地域」ランキングが発表され、大阪中央区が世界1位となったことがわかった。

2015年にAirbnbを利用した4000万人以上の宿泊客の旅行パターンを分析し、昨年中に人気が上昇した地域を選び、ランキングを制作した。

レポートによれば、選ばれた16の地域に共通するテーマは「アート」「食」「野外体験」「ショッピング」だった。

まずは2016年に訪れるべき16地域をAirbnbを利用した顧客の伸び率とともに見てみよう。地域・国名の後の数字は伸び率で、Airbnbに登録先に滞在したゲスト数の2014年から15年にかけての成長率を表す。

「訪れるべき地域」16 アジアが上位に

1位 大阪、中央区(日本) 7000%増
2位 バンコク、バンランプー(タイ) 1230%増
3位 クアラルンプール、ブリックフィールズ(マレーシア) 1200%増
4位 ボルドー、カピュサン(フランス) 960%増
5位 アテネ、コウカキ(ギリシャ) 800%増
6位 セビリア、トリアナ(スペイン) 770%増
7位 ハンブルク、ハンマーブローク(ドイツ) 415%増
8位 オアフ島、カネオヘ(米国) 320%増
9位 フォルタレザ、メイレーレス(ブラジル) 285%増
10位 メキシコシティ、ローマ・スール(メキシコ) 275%増

11位 ダラス、オークローン(米国) 260%増
12位 ジョージア州アトランタ、ポンシー=ハイランド(米国) 240%増
13位 ブダペスト、第7 地区(ハンガリー) 145%増
14位 バリ島、ブキット半島(インドネシア) 130%増
15位 メルボルン、リッチモンド(オーストラリア)  126%増
16位 ブエノスアイレス、コンスティトゥシオン(アルゼンチン) 125%増

大阪市中央区の魅力

レポートでは、大阪市中央区がどのように外国人向けに紹介されているのだろうか。

大阪市中央区には歓楽街や流行のファッションやアイテムが買える店があり、また芸術も楽しめる。レポートも、天下統一を果たした豊臣秀吉が16世紀末に建造した「大阪城」は一見の価値があると指摘している。

300以上の店舗があり、ショッピングも楽しめるほか、黒門市場」は食通が集うところとして知られる。「大阪の台所」と言われるほどだ。

また「ウラなんば」と呼ばれる路地裏の人気が最近高まっている。地元の人たちを中心に大勢の人を集めている、勢いのあるエリア。“少し怪しげな場所”とも言われるが、おいしい飲食店や居酒屋が増えている。道具屋筋商店街の一本隣の通り沿いには、「難波 炭火焼笑店陽」をはじめ、多くの焼き鳥屋が並んでいる。(ZUU online 編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)