(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)

「5年後の自分と家族の経済的な見通し」について世界各国で調べたところ、日本で「5年後の状況が良くなっている」と答えた回答の割合が、知識層、一般層ともに調査国のなかで最下位であることが分かった。

将来に対して一番前向きなのはインドだった。日本で「5年後の状況が良くなっている」と答えたのは、知識層の19%、一般層の15%。これに対してインドは知識層が87%、一般層83%。いかに日本人は将来に対して悲観的がわかる。

2020年には東京オリンピックの開催で経済効果も期待できるが、少子高齢化や経済への不信感から5年後も経済状況が良くならないと感じる人が多いのだろう。

この調査はPR会社エデルマンが世界28カ国、3万3000人以上に対して行った「トラストバロメーター」で、「自分と家族の経済的な見通しについて、5年後の状況が良くなっている」と答えた回答の割合が高い国を一般層の高い順から見てみよう。

日本7人中1人程度しか期待せず

83% インド
81% コロンビア
74% インドネシア
70% アラブ首長国連邦
69% 中国
65% ブラジル
64% アルゼンチン
64% メキシコ
57% マレーシア
49% スペイン

49% 南アフリカ
49% アイルランド
47% トルコ
46% シンガポール
45% アメリカ
39% ロシア
37% カナダ
36% 香港
36% ポーランド
34% スウェーデン

34% オランダ
33% 韓国
33% イタリア
31% オーストラリア
31% イギリス
24% ドイツ
20% フランス
15% 日本

平均47%

(ZUU online 編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)