資産120億の常勝投資家が語る「お金の真実」 「ひとりVCファンド戦略」のススメ 太陽光投資の今 FIT開始10年目の大検証 減価償却ハック 「証券担保ローン」活用術 持ち株でレバレッジをかけよ 元バークレイズ・ウェルスISSヘッドが語る プライベートバンクが超富裕層に伝えていること 三井・馬渕のwhat's next 有望企業を探せ! 富裕層の資産運用マル秘テクニック テレ東BIZ プライベートバンク完全ガイド 〜PBは富裕層に何を伝えているのか〜 明日からすぐ活かせる!金融営業・富裕層営業のプロセス別完全ガイド 日経CNBC
ZUU online編集部

尾原和啓


フューチャリスト

PROFILE

1970年生まれ。フューチャリスト。京都大学大学院工学研究科応用人工知能論講座修了。マッキンゼー・アンド・カンパニーにてキャリアをスタートし、NTTドコモのiモード事業立ち上げ支援、リクルート、ケイ・ラボラトリー(現:KLab取締役)、コーポレートディレクション、サイバード、電子金券開発、リクルート(2回目)、オプト、グーグル、楽天(執行役員)の事業企画、投資、新規事業に従事。経済産業省対外通商政策委員、産業総合研究所人工知能センターアドバイザーなどを歴任。著書に『アフターデジタル』(日経BP)、『ネットビジネス進化論』(NHK出版)、『モチベーション革命』(幻冬舎)、『どこでも誰とでも働ける』(ダイヤモンド社)など。1970年東京生まれ。独立研究者、著作家、パブリックスピーカー。慶應義塾大学文学部哲学科、同大学院文学研究科美学美術史学専攻修士課程修了。電通、ボストン・コンサルティング・グループ、コーン・フェリー等で企業戦略策定、文化政策立案、組織開発等に従事した後に独立。現在は「人文科学と経営科学の交差点で知的成果を生み出す」というテーマで活動を行う。株式会社ライプニッツ代表、一橋大学大学院経営管理研究科非常勤講師、世界経済フォーラムGlobalFutureCouncilメンバーなどの他、複数企業の社外取締役、戦略・組織アドバイザーを務める。著書に『ニュータイプの時代』(ダイヤモンド社)、『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』(光文社)、『武器になる哲学』(KADOKAWA)など。
オフィシャルサイト:尾原和啓(おばらかずひろ)公式サイト
SNS:Twitter @kazobara
Youtube 尾原の IT&モチベ解説 ー10分対談・ITビジネスの原理実践編
Facebook @kazuhiro.obara
Instagram @obarakazuhuro

関連する記事

記事一覧

今、読まれている記事