カードローン,返済
(写真=PIXTA)

カードローンは、一度契約すればいつでも何度でも融資が可能と非常に便利な金融商品だが、無計画に借りてしまうといざ返済の段にいたって頭を抱えることになる。今回は返済プランを立てる上で知っておいてほしい、カードローン各社の返済方式やそれを踏まえたシミュレーションなどについてまとめた。また、金利や返済方法の面で現在の契約に不満がある場合は、おまとめローンなどによってローンを借り換えることもひとつの手だ。合わせて解説する。


返済プランの立て方

返済プランを立てるために、まずは返済可能額を見極める必要がある。毎月いくらまでならば生活を圧迫せずに返済していくことができるのか。融資を受ける理由次第では、生活費を多少切り詰めてでも借り入れを検討したいという場合もあるだろう。それならば生活費そのものの見直しから始めなければいけない。現在の収入、毎月の支出、これらをある程度把握しなければ、返済に充てられる金額は見えてこない。

ちなみに、収入から家賃等の固定費を差し引いたものを「可処分所得」と呼び、これは一般に自由に使える所得のことを指すが、イコール返済に充てることが可能な金額ではないことに注意したい。実際の返済プランを立てるにあたっては、残業代やボーナスといった臨時収入や、固定費以外の支出についてもある程度見通しておく必要があるだろう。

こういった基本部分を見落としたままに返済プランを立ててしまうと、その計画は思いがけず破綻してしまう可能性が高い。当初見立てた通りに返済が行えないのであればそもそもカードローン会社を比較する意味も薄くなる。いたずらに返済期間が長期に渡ってしまっては、せっかくの低金利もほとんど効果をなさないのだ。

各社で違う返済方式

さて、返済に充てられる金額が見えてきたところで、今度は返済方式について考えよう。カードローンの返済方式は通常「リボルビング返済方式」を採用しているのだが、返済金額の決定方法には「元金均等返済方式」と「元利均等返済方式」という2種類の方式がある。

元金均等返済方式は、元金(借入額)を返済回数で割り、決定された返済金額に利息を上乗せする形で請求が行われる。元利均等返済方式は、元金と利息を始めから合わせた状態でこれを割り、返済金額として決定する。前者はカードローンのような複数回に及ぶ可能性のある借り入れに向いており、後者は一括、あるいは分割返済といった借入額が変動しない返済に向いている。

リボルビング返済方式とは端的に「毎月一定の額を返済する方式」なのだが、現在返済方式として主に扱われているのはその中でも「残高スライド方式」と呼ばれるものだ。仮に現在の借入残高が50万円あるならば毎月の返済額は1万円、30万円ならば8000円という風に、返済額がスライドしていく。

この残高スライド方式を基準に、元金均等返済や元利均等返済が組み合わさったものが、現在のカードローン返済方式なのである。それぞれ「残高スライド元金定額リボルビング方式」や「残高スライド元利定額リボルビング方式」などという非常に煩雑な名前になってしまっているが、前述の特徴を把握していれば理解することはそう難しくない。前者は毎月の支払は抑えられるが返済が長期になりやすく、後者は月当たりの返済額は増えるものの短期で終えられるため総支払利息は安く済む。

加えて、繰り上げ返済に対応しているかどうかも重要なポイントだ。カードローン契約における返済方式は基本的にリボルビング返済方式が基準になっているが、取扱い会社によっては早期に返済が済ませられるよう繰り上げ返済に対応している。これを随時活用することができれば、最終的な支払利息は当初の計算よりもはるかに安く抑えることができるだろう。臨時収入についても視野に入れておきたいのは、この繰り上げ返済を活用できるかどうかの目安となるからでもあるのだ。

また、念のため分割返済方式とリボルビング返済方式の違いについても触れておこう。分割返済方式とは「支払回数」を固定した返済方式であり、これに対しリボルビング返済方式は「支払金額」を固定した返済方式だ。毎月の返済金額が抑えられるため負担になりにくい反面、返済期間が長期になりがちなことが主なデメリットと言えるだろう。カードローンは無担保で小額融資を受けることができる商品だが、似たサービスとしてキャッシングが挙げられる。両者の違いは、カードローンがリボルビング返済方式であるのに対し、キャッシングは一括ないし分割返済方式を採用していることだ。

利息の計算方法とシミュレーション

以下の式で、1日当たりの利息を算出することができる。

融資額(借入残高)×金利÷365日=1日当たりの利息

また返済期間がはっきりしているならば、

借入残高×金利÷365日×利用日数

このように変形することで支払利息を求めることができる。例として、次の条件でシミュレーションしてみよう。

・借入額:20万円

・金利(実質年率):15%

・月当たり返済額:5000円(※)

※元金均等返済方式として計算する

まず、今回は計算を分かりやすくするため元金均等方式によって返済額をすべて元金に割り当てるものとして、利息は別途加算されるものとして考える。借入残高は毎月5000円ずつ確実に漸減するため、20万円÷5000円=40か月後に返済を終えることになる。ではこのときの総支払利息はいくらになるだろうか。

20万円×15%÷365日×30(×40か月)=9万8630円

この10万円弱という値がそのまま総支払利息になるわけではなく、これを更に半分に割る。実際の支払利息は毎月減っていくため、月当たりに支払う利息もそれに連れて抑えられるからだ。上記の式で求められた値を割ったシミュレーション上の総支払利息は4万9315円。40か月間の支払を全て正しく計算した場合の総支払利息は5万914円だ。違いはあるものの、おおむね近似値といって差し支えない値が得られた。もちろん、より厳密な利息を求めたい場合は、

20万円×15%÷365日×30(1か月)=2468円

19万5000円×15%÷365日×30=2404円

19万円×15%÷365日×30=2342円

といった形で40か月分計算した方が間違いはない。手間ははるかにかかることになるが、より具体的な返済プランを立てるために、そちらの方が相応しいことは言うまでもない。

お得にカードローンを返済するコツ

カードローン返済にかかる利息を安く済ませる方法は、とにかく支払いを短期で終えることだ。基本的に毎月の返済額が一定であるリボルビング返済方式でこれを実現するためには、繰り上げ返済を利用するか月当たりの返済額を増やすほかない。仮に先のシミュレーション条件で返済額を5000円から1万円に増額すると、どの程度支払利息を抑えられるだろうか。

20万円×15%÷365×30(×20か月)÷2=4万9315円÷2=2万4658円

ちなみに正しく計算した場合は2万5903円である。月当たりの返済額を2倍に増やすと、当然支払期間は半分に短縮する。これに伴い、支払う利息もほぼ半減するのだ。とにかく支払利息を抑えたいのであれば、可処分所得や臨時収入の許す限りの支払額を設定するといい。もちろん、返済が滞らない範囲内で、だ。

おまとめローンやローンの借り換え

もしも現在のカードローン契約に不満を抱いているならば、おまとめローンやローンの借り換えといった方法もある。おまとめローンは、複数の借入を一本化することで融資額を上げ、法定上限金利の枠を跨ぐことによって強制的に金利を引き下げる手段。ローンの借り換えは、より金利の低い業者へローンそのものを借り換えてしまう手段だ。

いずれも対応商品を取り扱う業者に選択肢が限られてしまうものの、有効活用することができれば恩恵は大きい。ただしこのときにも、月当たりの返済額や返済期間をおざなりにしてはいけない。何度も言うように、たとえ金利が下がったとしても返済期間が延びてしまっては意味がないのだ。

返済が厳しくなったら債務整理

どうしても毎月の返済が苦しい場合は、債務整理も検討しよう。債務整理というとどうしても自己破産などネガティブイメージが伴うかもしれないが、方法はそればかりではない。任意整理や個人再生など、借金は無くならずとも毎月の返済額を減らす手段はさまざまある。特に現在数社から融資を受けている場合など、自身で利息等の計算をすることが困難なのであればなおさらだ。任意整理であれば情報が周囲に届くようなこともないため、比較的気軽に相談することができるだろう。手遅れにならない段階で対処することをおすすめする。