3月株主優待特集 特集「2016年回顧→17年展望」 広告特集「太陽光投資」 特集「不動産投資のはじめ方」 特集「仮想通貨/ビットコイン」 「トランプ大統領」誕生へ DC特集
借りる
Written by ZUU online編集部 6,768記事

急な出費に対応できるが……

「キャッシング」と「カードローン」はどう違うのか

カードローン,キャッシング,消費者金融
(写真=PIXTA)

冠婚葬祭など予定外の出費が必要になった。しかし口座に入っている金額だけでは足りない……。そのような時に助かる「キャッシング」や「カードローン」。銀行から普通にお金を借りるのと違い、保証人が不要なことが多かったり、パソコンやスマートフォンから申し込むことができたりと助かる存在だ。

どちらも銀行、信販、消費者金融が取り扱い

どちらも端的に言えば「現金が借りられる」サービスだ。申し込んで審査に通れば、窓口やATMでお金を借りることができる。そして期日までに、借入金に利息を足した金額が口座から引き落とされたり、指定口座に振り込んだりすることで返済できる仕組みだ。

どちらも「銀行」「信販(クレジットカード会社)」「消費者金融」の3業界が取り扱っている。その違いは何だろうか。それぞれの特性をきちんと把握して、賢く計画的に利用するために、いまいちど整理しておこう。

1つ目の違いは「利用額」

まず大きな違いは、借り入れの上限額だ。カードローンはキャッシングよりも高額融資に対応できるとされている。みずほ銀行カードローンは1000万円、三井住友銀行カードローンは800万円が上限。消費者金融も追随し、プロミス、アコム、アイフルなどが収入証明書を提出すれば500万円まで対応できるとしている。

なお消費者金融には年収の3分の1までしか借りることができない「総量規制」が適応されるため、500万円借りるには年収が1500万円以上ないといけない。一方のキャッシングは、メガバンクは3行とも上限は最大300万円。その中でもみずほ銀行はゴールドカード保持者以外は80万円となり、カードローンとの差が激しい。

理由は返済方法の違いによるところが大きい。三井住友銀行を例にあげると、キャッシングは1回~24回(24カ月)払いの間での返済となるが、カードローンは借入残高に応じて毎月の返済額が変動する「残高スライド元利定額リボルビング方式」を採用している。

借入残高が300万円の場合、月々の返済金額は35000円。残高が50万円を切ると、支払いは月1万円ずつになる。つまり返済期間は120カ月。長期の支払いになるため、必然的に借り入れの総額も上げられるというわけだ。利用者にとっては、毎月の返済額が抑えられるため負担が少なくなるが、返済期間が長期化することで(利息総額)がかさんでしまうこともある。

違いのその2は「利息」

絶対に見逃してはいけない違いが「利率」だ。基本的にキャッシングはカードローンと比べて利率は高めになっている。三井住友銀行カードローンの利子は年率4.0%(700万円超)~14.5%(100万円以下)なのに対し、キャッシングの分割払いは18%。プラチナ、ゴールド、プライム会員の優遇を受けても15%だ。三菱東京UFJ銀行もカードローンは4.6%(400万円超)~14.6%(100万円以下)で、キャッシングは14.5%だ。

この理由も、カードローンが長期返済を前提にしたものであるからだろう。金額が大きくなりやすいため全体として審査が厳しい傾向にあり、貸し倒れリスクがキャッシングに比べて低いということも反映されているといわれている。キャッシングは少額での利用が多いため利用者の裾野が広く、その分返済遅延者の数も多くなってしまうという面もある。

自動車費用、事業のため……利用者の声

ここでは実際の利用者の例を見てみよう。

地方都市に住む契約社員のAさんにとって、自家用車は必需品だ。しかし車検や自賠責保険が発生すると給料だけでは足りなくなる月がある。そこで大手消費者金融のカードローンを利用することにした。

Webサイトでの申し込みから審査通貨の連絡まで1時間弱。入金もその日のうちに完了していたという。金利は18%程度だったそうだが、初回利用時は30日以内に返済すると1カ月無利息という設定があり、適用された。「知り合いや身内に申し訳ない気持ちでお金を借りるよりも、保証人の要らないカードローンは気楽で良い」とのことだ。

別の例を挙げよう。Bさんは勤めていた会社から独立して1年の個人事業主。資金が減っていく一方で、売り上げが入るのは数カ月遅れてという状況が続いていた。「入ってくる売り上げは計算できるけど、手元には資金がない。こんな状況が続いて一時的に生活費が不足気味になってしまったのです」。

収入が不安定なため、ローンを組むことは難しい。そんな状況の助け船となったのは、消費者金融のキャッシングたった。申し込み後に電話で事業の内容や借入金の使い道を説明したところ、「融資可能」との判定を受けて数時間後には入金があったという。急場をしのぐためにはありがたいだろう。(ZUU online 編集部)

【編集部のオススメ記事】
あの有名企業への合格判定はA判定?あなたのビジネスパーソンとしての偏差値を測る(PR)
100万円で79万円儲かる?「究極の」資産運用術とは
実益に加えて社会的意義も! 太陽光投資が持つ可能性(PR)
東京23区「平均年収ランキング」圧倒的1位は902万円の……
日本で唯一「シワを改善する薬用化粧品」が証明。ポーラ・オルビスグループの底力(PR)

「キャッシング」と「カードローン」はどう違うのか
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします

マイナス金利導入!「ローン」特集

PREV 住宅ローン控除をお得に活用する3つのケース
NEXT 教育ローン審査に通らない?国の制度から審査に通らない時の...