カードローン,審査,即日,キャッシング
(写真=PIXTA)

急な出費が重なったときなど頼りになるカードローンだが、いざ必要なときに融資を受けることができないのでは意味がない。今回は、カードローンを契約する上で覚えておいていただきたい、審査基準について解説する。また即日借入可能なカードローンも合わせて紹介するので、今後カードローンの利用を考えている方はぜひ参考にしていただきたい。


カードローンとは

ローンには大きく分けて目的ローンとフリーローンがある。目的ローンとは、住宅ローンや自動車ローン、あるいは教育ローンなどといった利用目的が限定された融資について用いられるローンだ。これに対しフリーローンは利用目的が限定されていない。このフリーローンの中でも、特にカードを利用して融資を受けるタイプのローンをカードローンと呼ぶ。

カードローンは設定された限度額内であれば何度でも利用することが可能であり、事前に契約したカードを利用するため窓口を介す必要がないなど、非常に利便性が高いことが特徴だ。カードローンを扱う会社は銀行を始め貸金業者や消費者金融などさまざまあるが、基本的な利用方法や返済方法についてはおおむね変わらない。取り扱う会社や商品にもよるが、フリーターや専業主婦であっても一定の条件を満たしていれば契約が可能であるなど、目的ローンと比べると審査基準も若干緩く設定されている。

カードローンとキャッシングの違い

キャッシングとカードローンは、どちらも個人向けの無担保融資であることからしばしば混同されるが、両者には一応線引きがある。キャッシングはもともとクレジットカードに付帯するサービスであり、その主な目的はショッピング利用だった。ほとんどが1万円から50万円程度の少額融資となっており、返済方法も一括払いが基本だ。これに対しカードローンは数十万円から数百万円、商品によっては1000万円を限度とするものもあるなどキャッシングと比べると高額融資が可能なものが多い。返済方法もリボルビング返済方式がほとんどで、特にこの支払いについてキャッシングとカードローンの境目と見るのが分かりやすいだろう。

しかし現在では、キャッシングという名目でも分割返済に対応していたり、逆にカードローンであっても返済方法を一括払い(繰り上げ返済)に変更することが可能だったりと、両者に明確な差はほとんどない。また借入そのものを指してキャッシングと呼ぶ向きもあるため、これらを意識して区別することにあまり意味はないだろう。

カードローンの審査基準

さて、実際にカードローンを契約する為には各社で定められている審査基準を満たす必要がある。審査方法は基本的に銀行系カードローンでもノンバンクカードローンでも共通であり、主に「属性」と「個人信用情報」を重視している。

まず属性とは、年齢や勤務先、また収入などといった個人情報のことで、これらに安定性が認められれば審査でも有利に働くと言えるだろう。ここでいう安定性は、必ずしも年収の多寡などといった単純な情報を指すわけではなく、それが継続して得られている収入かどうかなどを審査する。例えば個人事業主の場合、ある年は1000万円超の年収を得ていたとしても、これが翌年も継続するかどうかは分からない。これに対し会社に所属するサラリーマンならば、数年で収入が激減する可能性は比較的低いと言える。安定した収入は継続支払能力に直結するため、こういった審査では非常にポイントが高いのだ。

また個人信用情報とは、信用情報機関に登録されている情報のことである。これは取り扱う業種によっても管理される情報が異なるため、カードローン審査において主に見られる項目についてのみ示す。直近(6か月間)の他社カードローンへの申し込み状況、他者借入情報、過去2年間の返済履歴、返済事故の有無、の4点である。

審査落ちする理由

まず先に挙げた個人使用情報のうち、返済事故がある場合は基本的に審査が通らない。返済事故とは、以下の3つを指す。

・返済日より61日以上又は3か月以上の支払遅延が有るもの、又は有ったもの

・返済が出来なくなり、保証契約における保証履行が行われたもの

・裁判所が破産を宣告したもの(破産手続き開始の決定がされたもの)

これらに該当しない場合でも、返済履歴や他社申し込み状況、他社借入情報などはいずれも審査する上で比重が大きいため気をつけなければいけない。例えば数社のカードローンに申し込みこれを断られた場合、その情報は6か月以内であれば次の審査でも判断基準として機能する。他社審査で落ちているからには相応の理由があると判断され、それ以外のカードローン審査も通らないことが多いのだ。

カードローンの審査に通るには?

ここまでに挙げた内容から、審査に通るため心がけることは主に3点だ。

1.限度額を低く設定する(必要以上の額を設定しない)

2.勤務先など、情報は正確に記入する

3.同時期に複数のローンに申し込まない

まず1は、属性や個人信用情報に関係なく大前提とも言える点だ。限度額の高低は審査難易度に直結する為、逆に言えば限度額をいかに低く設定しても審査に通らないのであればそもそもローン契約を諦めた方が良い可能性さえある。また一旦審査に通りカードを作ることさえできればその後増額審査を申し込むことも可能なので、ひとまず審査落ちを防ぐために低限度額で申し込むというのもひとつの手だ。

2も大前提ではあるが、これが案外おざなりになっているケースが少なくない。勤務先の有無が確認できるかどうかはカードローン審査において返済能力の有無とほぼ同義であり、これが確認できない時点で審査の通貨は難しくなってしまう。勤務先の信用度により審査結果が左右されるならばともかく、そもそも確認できないのでは信用されなくても仕方がない。記入間違いによる審査落ちだけは避けていただきたい。

3は、個人信用情報で触れた通りだ。少なくとも直近6か月間については他社へ申し込んだ内容が管理されているため、避けた方が良い。逆に言えば、期間を過ぎてしまえば新たにカードローンを申し込んでも問題はない。この情報保持期間については返済履歴などに関しても同様で、もしも履歴に不安がある場合は各情報の保持期間が経過してから申し込むと良いだろう。

即日でカードローンを借りるには?

確実に即日借入したい場合は、銀行系カードローンを避け、自動契約機による契約が可能なノンバンクカードローンを選択すると良い。自動契約機は他の契約方法よりも営業時間が長く、かつ審査落ちのリスクもかなり低い。当然銀行系カードローンと比べると金利は高くなるが、先に触れた通り借入が高額でなければその影響は少ない。仮に10万円の融資を金利14.5%と18%で受け、それぞれ月当たり1万円で返済したとすると、

10万円×14.5%÷365×300日(10か月)=1万1918円

10万円×18.0%÷365×300日=1万4795円

その差はおよそ3000円弱である。これは雑計算で、実際は元金割合や返済期間の違いで変動するが、いずれにせよ即日で借り入れられることを考えれば大きな負担とは言い難いだろう。ただし、初めに説明した通りカードローンはリボルビング返済方式であり、これは融資額が高額になるほど、また返済期間が長期になるほど支払利息が膨れ上がるようになっている。カードローンにより高額の借り入れを検討している方は、ぜひ一度自身の手で返済計画を立ててみることをおすすめする。