特集「財務諸表」の読み方 特集「保険」 広告特集「M&A/事業承継」 特集「本を読む。」 DC特集
日本
Written by ZUU online編集部 5,757記事

同じグループで住み分けは?

銀行グループに消費者金融がある理由

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)

消費者金融は一昔前は「サラ金」と呼ばれた、社会的なイメージもよいものではなかった。今では銀行の傘下に入り、アイドルや俳優を起用したテレビCMや公共交通機関の車内広告を大々的に展開、すっかりイメージも変わった。業界大手のアコムは三菱UFJフィナンシャル・グループで、レイクは新生銀行グループ、プロミスとモビットは三井住友フィナンシャルグループだ。

ところが、銀行は自身でもカードローンサービスを提供している。三菱東京UFJ銀行の「バンクイック」、「三井住友カードローン」などが代表例だ。つまり銀行本体とグループ会社で似たようなサービスを提供している。そもそもなぜ、銀行は消費者金融会社を傘下に収めているのだろうか。

銀行側にもメリットがあった

消費者金融側から考えると、総量規制や過払い金請求、グレーゾーン金利の廃止などの影響で経営が悪化していた。実際、2006年には1万4000ほどあった登録貸金業者も現在は2000を切る水準にまで減っている。

銀行の傘下に入ることで信用力、ブランド、資金力を得たかったというのが理由と考えられる。特に財政基盤の安定は大きかっただろう。消費者金融の収入源は、主に金利と各種手数料。対してシステムの構築などの支出はなかなか減らせるものではなく、銀行のバックアップは重要な役割を果たしている。

連携は銀行にもメリットがある。住宅ローンなどの利息と各種投資の運用だけでは利益が上がりにくくなっていた中で、ローンも借り手が不足。消費者金融と顧客ネットワークを共有することは、新たな市場の開拓につながった。銀行は従来企業向けが多かった融資の対象を個人にも広げ、コンビニATMの普及と併せて新たな顧客を獲得していった。また消費者金融ならではのスピード、利用者のニーズに沿った独自性の高いサービスのノウハウも、銀行には魅力的に映ったはずだ。

顧客のほかにインフラの共有も銀行側のメリットだった。新たな利益を生むためにカードローンやキャッシングの分野に進出をしたものの、そのシステム整備には多額のコストがかかってしまう。そこで同じグループの消費者金融からATMにカードローンのシステムを入れるノウハウを提供してもらったり、システムそのものを借りたりすることで、コストを大幅に下げたまま新たなサービスを展開できるようになったのだ。

銀行カードローンに申し込むと傘下の消費者金融が審査

実は銀行と消費者金融では、適用される法律が異なる。銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法が適用される。貸金業法には「総量規制」があり、利用者は年収の3分の1の金額までしか借りることができないが、銀行にはこの規制がないため、高額の借り入れがしやすいのだ。

こうした状況の中で、銀行と消費者金融は同じグループ内で同じサービスを提供する事業者同士として、共有と住み分け、つまり共生に努めている。

銀行はカードローンの審査で、保証会社として傘下の消費者金融を使っている。たとえば三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」のサイトでは、「お申し込みに際して当行および保証会社(アコム(株))の所定の審査をいたします」なる但し書きがある。三井住友銀行のカードローンの保証会社はSMBCコンシューマーファイナンスだが、同社は大手キャッシングブランドのプロミスのサービス元だ。

つまり銀行カードローンと消費者金融では審査基準も異なり、一般に銀行のカードローンのほうが消費者金融よりも審査は厳しく、利率は銀行カードローンのほうが低めに設定されているのだ。(ZUU online 編集部)

【編集部のオススメ記事】
カードローン比較ランキング、おすすめの会社はどこか
「個人の財務諸表」の考え方!プロから学ぶ改善術とは?(PR)
「メルカリ上場」と日経が報道、時価総額1000億円超のユニコーン企業
スキンケアが武器に!?ビジネスにおいての5つのメリット(PR)
株初心者はどこで口座開設してる?ネット証券ランキング(PR)

銀行グループに消費者金融がある理由
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします

マイナス金利導入!「ローン」特集

PREV 過度な楽観論と悲観論、財政破綻につながるのは?
NEXT 北海道新幹線開業迫るJR北海道、深刻な経営危機