カローラが生まれて50年。3月から日本全国を巡る参加型イベント、「笑顔の花冠プロジェクト」が行われている。カローラが産声を上げた愛知県の高岡工場をスタートし、全国4つのルートに分かれて各都道府県のトヨタ力ローラ店を巡り、『花冠(カローラ)』をつなぎながら日本を1周し、最後は宮城大衡工場を目指すというものだ。各ディーラーでは、オーナーミーティングや、花にちなんだ店舗イベントを実施予定だ。

「カローラ」とは、ラテン語で花の冠の意味で、1966年に誕生した。誕生当時は「人目をひく、美しいスタイルのハイ・コンパクトカー」がイメージされたという。

登録台数でも長い間首位を取り、一時は日本の国民車というべき存在でもあったカローラは、日本のモータリゼーションに与えた影響も多大なものだった。

一時は生産台数の6割を占めたカローラには日本初・トヨタ初の技術や設備が

トヨタ,カローラ
(左から)初代、4代目、10代目カローラ(画像=トヨタWebサイトより)

カローラは1966年に初代が登場して以来、2013年11代目が登場して現在に至っている。

初代当時トヨタ自動車では、「将来、マイカーを移動手段として使うようになり、日本に爆発的なモータリゼーションの隆盛が起きる 」という予測をし、愛知県豊田市の高岡にカローラの専用工場を建設している。トヨタ自動車の月間生産台数が約5万台だった当時、カローラは月間3万台を生産すると記者会見で発表したほどカローラにかけていたのだった。

初代カローラには、日本初やトヨタ初という技術や専用設備が多く搭載されている。当時は、コラムシフトのトランスミッションが普通の時代だったが、他社に先駆けてフロアチェンジの4段シフトを採用するなど、先端を行く存在だった。

初代の開発は80点主義プラスαの思想で取り組んだ。プラスアルファとは、4段フロアシフト、丸型メーター、1.1リッターという、+100ccの排気量などのスポーティー性の部分だ。キャッチコピーを「プラス100ccの余裕」とし、爆発的なヒットとなったカローラは、まさに日本のモータリゼーションを牽引する役割を担った。

1974年には3代目がデビュー。二代目に比べて全幅が拡大され、ファミリーカーとしての地位を確固たるものにした。3代目から海外への輸出も本格化し、歴代カローラ市場で最大の生産台数を記録したモデルでもある。だが、この時代は厳しい排ガス規制との戦いでもあり、電子燃料噴射装置を取り付けるなどで、クリアしていった。

1979年にはFRレイアウトが最後となる4代目が出たが、カローラとしては初採用の4灯式ヘッドランプは画期的だった。後期には国内で小型車初の1.8Lモデルが追加されたほか、ワゴンや2ボックスのカローラ㈼など、バリエーションも増やし、消費者の選択肢を拡大していった。

後世まで愛されるスポーツカーも登場

1983年に「素敵に、スポーティハンサム。」というキャッチコピーで、CMに郷ひろみさんを使ってデビューした5代目からFF(フロントエンジン・フロントドライブ)となった。だが、スポーツクーペのレビンはそのままFRであった。そして、車両型式AE86となるレビンはDOHCエンジンを搭載し、今なお愛され続ける名車となった。

バブル期の1987年には6代目が「ニッポンの自動車の新しい物語」というコピーで登場。新開発のハイメカツインカムエンジン、高級感あふれる内装もバブル期らしく、大人気となった。一方、レビンは、この代からFFになり、当時ブームだったハイソカーの仲間入りを果たし、FR好きを落胆させることになった。

1995年に出た8代目は「あのーちょっといいですか。ずっといいですよ。」という、刑事コロンボを使ったCMも話題となった。

2000年代に入ると、新しい技術が取り入れられ、海外と日本仕様で差別化が図られるようになった。2006年に「新しい尺度」のキャッチコピーで登場した10代目カローラは、トランスミッションにCVT-iが採用され、燃費が向上した。また、海外向けカローラは3ナンバーとなったが、国内向けでは、専用ボディで5ナンバーをキープした。その後、ハイブリッドも登場しており、33.8km/Lという低燃費で人気がある。

車名別乗用車登録台数ランキングでは1966年から2005年までの間で36回のナンバーワンを獲得している。さらに1968年から2002年までは、連続してナンバーワンを獲得し続けた。2002年に2位となったが、翌年03年にはまたナンバーワンに返り咲き、人気の強さを見せつけている。

カローラが人気なのは国内だけではない。2013年7月にはカローラが世界累計販売4,000万台を、そして2015年5月には国内累計販売1,000万台を突破し、世界のベストセラーカーとしてのポジションを確立している。これは1966年に良品廉価の原点として誕生したカローラだから出した偉業である。

昨年には50周年を記念してカローラアクシオに特別仕様車HYBRID G“50 Limited”(ゴーマルリミテッド)を設定し、500台限定で発売するなど、長年のファンが欲しくなるような一台も販売された。これからも日本車の代表でい続けてほしい存在である。(高橋大介、モータージャーナリスト)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)