子どもの権利の保護・改善に対する世界163カ国・地域の取り組みを評価した「子どもの権利指数(2016年版)」 で、日本は31位となった。

トップのノルウェーをのぞいて総体的に順位の入れ替わりが見られ、「経済的豊かさや発展度は、子どもに最適な環境を保証するものではない」事実がランキングに反映されている。その一方で、子どもの基本的人権を保護する目的で定められた国際条約「子どもの権利条約」が十分に遂行されていない国・地域が、徐々に増加傾向にあることに対する懸念も浮上している。

「子どもの権利に積極的に取り組んでいる21カ国・地域」 と前年のランク (現在公開されているもののみ)

子ども,権利,教育,子育て
(写真=Thinkstock/Getty Images)

19位 マルタ 0.887ポイント
19位 キューバ 0.887
19位(25位)タイ 0.887
17位 オーストリア 0.892
17位 ベルギー 0.888
15位 ラトビア 0.892
15位 ルーマニア 0.892
14位 スウェーデン 0.897
13位(2位)オランダ 0.904
12位 ドイツ 0.915
11位 英国 0.919

10位(9位)チュニジア 0.921
9位(8位)フィンランド 0.923
8位(10位)フランス 0.936
6位(7位)アイルランド 0.938
6位(5位)スロバキア 0.938
5位 スイス 0.944
4位(6位)スペイン 0.951
3位(4位)アイスランド 0.958
2位(3位)ポルトガル 0.960
1位(1位)ノルウェー 0.981

日本の弱点は子どもの意見を尊重する「権利環境」