女性のキャリアをはばむ、見えない壁を調査したところ、日本は28カ国・地域中 、27位となった。

これは、英エコノミスト紙がOECDやEU委員会、米サービス企業、MSCIを含む複数の機関から収集したデータに基づき、毎年作成しているもので「Glass-Ceiling Index」 という指数を算出している。

最新の2017年版における日本女性の労働環境は、OECD加盟国の平均(60ポイント)を大きく下回る45ポイント。80ポイントを超えているアイスランドやスウェーデンのおよそ半分のスコアで、韓国に次ぐワースト国2位となった。

女性の労働環境ベスト10カ国

男女格差,キャリア,労働
(写真=Thinkstock/Getty Images)

1位 アイスランド
2位 スウェーデン
3位 ノルウェー
4位 フィンランド
5位 ポーランド
6位 フランス
7位 デンマーク
8位 ベルギー
9位 ハンガリー
10位 カナダ

女性の労働環境ワースト10カ国