ABCラジオ【笑ってトクするマネークリニック】 特集「保険」 専門家たちの金言 広告特集「ライツ・オファリング」 特集「仮想通貨/ビットコイン」 特集AI 人口知能がもたらす禍福 特集「本を読む。」 DC特集
投資を始める
Written by ZUU online編集部 5,281記事

資産を増やす下地づくりを

「お金持ち」を目指す人が「本気」で読むべき6冊

昨今では、アベノミクスの影響もあり株式投資で財を成す投資家が巷にあふれるようになっている。しかし、一方では貧困女子が問題になったり、将来規定の通り年金が支払われるかなど将来に不安を感じるような話題も同じくらいあふれているのが現実だ。

もちろん上記の格差は、投資での成功やお金の使い方以外から生じる要素も大きいが、お金に関するリテラシーを身につけ、経済感覚を強めておくに越したことはない。ここではお金持ちを目指す方のはじめの一歩として経済的知力(ファイナンシャルリテラシー)を高めるための書籍をご紹介したい。

株や金融資産の運用知識を得る前の段階で読むべき「金持ち思考」を手に入れる書籍を中心に選んであるので、参考にしていただけたらと思う。

(1)『隣の億万長者 成功を生む7つの法則』
――トマス・J・スタンリー&ウィリアム・D・ダンコ著

お金持ち,本
(写真=PIXTA)

1億円以上の資産を保有している富裕層は意外と身近にいることが多い。しかし一見すると、富裕層には見えないシンプルなライフスタイルを送っていることも多い。非富裕層が抱きがちな、一般的な成金スタイルのライフスタイルとは一線を画し、お金を出すべきところは出し、出さないところは一切ださない(出す価値のないものには出さない)というライフスタイルを貫いているからこそ富裕層の仲間入りができるのだということが本書を読むとよくわかる。

お金持ちへの道はまずは蓄財優等生を目指すところから。

(2)『スノーボール ウォーレン・バフェット伝』
――アリスシュローダー著

投資をしていない人でもウォーレン・バフェット氏の名前くらいは聞いたこともあるかもしれない。それぐらい株式投資で成功した人物としてはおそらく世界一有名であろう。本書では、バフェット氏の数少ない伝記形式の書籍で、投資の手法ではなく生き方やビジネスに関する考え方を中心に話が展開される。

長編であるが読み応えのある一冊で世界一の大投資家の人生を堪能してほしい。

(3)『人を動かす』
――デールカーネギー著

良い人生は人と人との良い繋がりを生み出すことから。それはビジネスにおいても同じである。人を動かすというタイトルは一見すると、利己的なタイトルなようにも感じる。しかし話の内容は人から何かをしてほしければ人にまずは何かをすること、という人間関係の鉄則を説いている。名著「道は開ける」の著者が人的財産を作ることをの大切さを解説した本。

(4)『ユダヤ人大富豪の教え:幸せな金持ちになる17の秘訣』
――本田健著

一見無理難題に見えても発想の転換によって物事は解決することができる。特にビジネスにおいては考え方ひとつで物事が好転することもあれば窮地に陥ることもあり、本書を読むとそのメカニズムがよくわかる。投資に関する話は出てこないが、社会人として働くうえで成功したいなら読んでおくべき1冊だ。

(5)『テンプルトン卿の流儀』
――ローレン・C・テンプルトン (著)、スコット・フィリップス (著)、鈴木敏昭 (翻訳)

投資で成功する人の多くは、ライフスタイルの中に投資で成功するための教訓を見つけ出すことが多い。また成功話のみならず、失敗して破産してしまう人間の行動までも幅広く知っておくことで投資においてのリスク管理大切さがわかるはずだ。

倹約とバーゲンハント(1ドルのものを20セントで購入する行動原則)を守り、大金持ちとなったテンプルトン氏の投資に対する考え方を知ることのできる1冊となっている。

(6)『火車』
――宮部みゆき著

借金の怖さがわかる小説だ。

個人消費者にとってローンと名のつくものは大変便利で最も身近な借金の手段と言える。最近では特に若者の間でカードをオンライン上に簡単に登録し、クリックひとつで気軽に物やサービスを購入してしまう人が増えているようである。しかし、一度ローンの感覚に麻痺してしまうとそこから思いもよらない不幸が待っていることもある。

借金と金利の怖さを知ることができるミステリー小説形式の1冊。

金持ちへの道はまずは考え方を変えるところから

もともとのお金持ちでない普通の人の場合、お金持ちを目指すには「貧乏思考(体質)」からの脱却が必要だ。

貧乏思考とは例えば、「金持ちになるためには虎の子のボーナスを利用して株の信用取引で一気に資産を増やすこと」だとか、「金持ちにあるためには食費を節約して健康を害してまでお金を貯めること」といった金持ち気質でない考え方を持ってしまう。

そうならないためも、資産を増やすための下地を作ることから始めよう。

谷山歩(たにやま あゆみ)
早稲田大学法学部を卒業後、証券会社にてディーリング業務に従事。Yahoo!ファイナンスにてコラムニストとしても活動。日経BP社の「日本の億万投資家名鑑」などでも掲載されるなど個人投資家としても活動中。個人ブログ「インカムライフ.com」。著書に「超優待投資・草食編」がある

【編集部のオススメ記事】
最前線で活躍する大人のスキンケアの心得とは(PR)
9月に読まれた記事ベスト10|トイザらス破産、スタバ以上のホワイトな企業とは……
時代が変わっても変わらない金投資の魅力とは?(PR)
住宅購入の前に読みたい記事5選|年収5倍までの住宅購入は正しいのか?
NISA口座おすすめランキング、銀行と証券どっちがおすすめ?(PR)

「お金持ち」を目指す人が「本気」で読むべき6冊
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします
PREV 悲報!2017年上半期「改悪」された株主優待5選
NEXT 不労所得だけで月10万は実現できる?シミュレーションしてみた