株式投資,始め方,投資,投機
(写真=PIXTA)

社会人になってしばらくすると貯蓄も増えてきて資産運用に興味関心を持つ方も多いようだ。ほとんどの人がその時に初めて株式投資という世界に触れることになる。いざ株式投資を知ろうとしてもネット上でも書店でも様々な類の投資情報があふれているので、いったい何を選んだらよいのかわからない方も多いだろう。

実はこの時に多くの人は最初の間違いをしてしまう。それは自分がどういう投資を行いたいのか明確な立場を決めずに投資の世界に入ってきてしまうのだ。

明確な立場がないので、書店などでも「○万円を1億円にした~」という本をなんとなく手に取ってしまう。しかし、その本に書いてある情報は、自分が目指している株式投資のための知識とは全く異なっていることもあるのだ。

そこで、まず世間一般に言われている「株式投資はギャンブルだ。」が間違っていることをご説明したうえで、株式投資の本当の姿と株式投資の裏の姿を明確に線引きしていく。

株式投資はギャンブルか?

あなたの周りで、株という話が出たと同時にギャンブルだと決めつける人に出会ったことはないだろうか。そういう人は、たいていの場合、株を取引きしたことはない。ではなぜ株はギャンブルだと決めつけるのかというと、身内や友人から「株にまつわるこわい話」を聞くからなのだ。ちなみにその身内や友人も株をやったことはない人がほとんどだ。

実際、株にまつわるこわい話は存在するが、それは株式投資の中の一部の話なのである。

結論から言えば株式投資自体はギャンブルではない。もし株がギャンブルだというのであれば上場している企業の事業活動はギャンブル資金によって成り立っているということになってしまう。

そもそも株式とは、企業が企業活動を広げていくため広く資金を調達するための手段だ。もし株式という制度がなくなったら、銀行からの資金借り入れだけでは事業活動を維持できずに破産してしまう企業も数多くあるだろう。また就職活動などにおいても企業側が人を雇う余裕がなくなり、就職活動も激戦となってしまう。

株式という制度自体、資本主義社会の中で重要な役割を演じているのだ。

しかし、株式投資の世界の中には、ギャンブル的な側面もあることもまた事実である。それが投機といわれる世界の話だ。

株式投資における投資と投機

株式投資は「投資」と「投機」の2つの種類に大別される。

投資は、将来的な企業成長に着目して、企業へ資金を貸すことで企業の活動を応援することを指す。この投資の場合には配当や優待といった利益(インカムゲイン)をもらい続けることを目標とする。付随的に、株価の値上がり益(キャピタルゲイン)を得ることができればなおさら良いと考える。

この投資の場合には、基本的には長期的な目線に立ち、余裕資金で投資を行う。そのため取引スタイルも自分が持っているお金以上には使用しない現物取引というスタイルをとることが多い。例えば100万円しか資金がないのであれば、100万円までしか株を買わないということだ。この投資が株式投資の本当の姿といえる。

一方、投機は短期的な利益が発生することを見越して、企業の株価の値動きに対して資金を投入する。値動きが命なので、値幅が出る株式であれば基本的にはなんでもよいということになる。配当はもらわずにあくまで短期的な値動きにのみ注目するのだ。

この投機の場合には、短期的な目線で売買し余裕資金以上の金額で投資を行うことが多い。いわゆる信用取引という形で、資金を回転させることで利益を上げようとする。信用取引は、簡単に言えば手持ちの資金を担保に入れることで約3倍の資金を投資のために借りることができるのだ。

こちらは正直、「ギャンブル」に近い世界だ。初めに株にまつわる怖いはなしがあるとお伝えしたが、その話はたいていの場合、この投機側で起こることがほとんどだ。

どちらかといえば、株式投資の裏の姿といえる。

どちらを選ぶかはあなた次第だが……

さてここまで株式投資には2種類の世界があることをお伝えした。株式投資の世界に入ってくるにしても、どちらを選ぶかはあなた次第だ。

まだ若くリスクをとれる、短期的な売買で勝てると自信があるのであれば投機側の世界へと入るのもよいだろう。例えば、世の中に出回っている「○○万円を1億にした」とか「デイトレードで勝つ法則」とか、この手の情報は投機側の情報である。

また、配当(企業から定期的に支払われるお金)や優待(企業からのお礼)を目的に長期で企業を応援することも投資の醍醐味といえる。こちらは例えば、「株主優待投資の方法」や「投資信託の選び方」といったものが投資側の情報といえる。

まずは最初のスタート地点でどちらかの立ち位置を決めることだ。もし投資をしたいのであれば、株価チャートの分析だけを行っていても投資で成功することはまず無理なのだ。これから投資をしようとしている人はそのことを念頭において投資の世界に入ってきていただきたい。

谷山歩(たにやま あゆみ)
早稲田大学を卒業後、証券会社において証券ディーリング業務を経験。ヤフーファイナンスの「投資の達人」においてコラムニストとしても活動。2015年には年間で「ベストパフォーマー賞」「勝率賞」において同時受賞。個人ブログ「 インカムライフ.com 」を運営。著書に『 元証券ディーラーたにやんの超・優待投資 草食編 Kindle版 』(インカムライフ出版)がある。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)