マツダが初代ロードスターのレストアサービスの事業化と、復刻パーツの供給を8月に発表した。ほぼ同じ時期にホンダからも、ビートの純正部品の再生産が発表されている。ロードスターは1989年、ビートは1991年の発売で、既に25年以上が経過し純正部品による修理が難しい状況になりつつあった。

往年のオープンスポーツカーに、メーカーが手を差し伸べる理由は何だろうか?

そもそもクルマはいつまで乗り続けられるのか?

ロードスター,オープンカー,自動車メーカー,アフターサービス
(写真=betto rodrigues/Shutterstock.com)

タイヤ、オイル、バッテリーなど定期的なメンテナンスを行っていれば、10年、20万km以上乗り続ける事は十分可能だ。とはいえメーカー保証の5~7年または10万kmを超えてくると、足回りやエンジン内部などの部品交換が必要になることが多く、こうしたメンテナンスにはメーカーからの部品供給が欠かせなくなってくる。

メーカーやモデルによっても異なるが、生産終了から15~20年ぐらいで部品在庫がなくなり、修理やメンテナンス不能になるケースが多い。一般的には走行や車検の通過に必要な部品供給が止まるタイミングが、乗り続けられる限界といえる。

クラシックカーと呼ばれる1975年以前のハコスカGT-RやホンダS600などのメンテナンスには時間と手間がかかり、エンスージアストと呼ばれるマニアや、専門業者の手をかりなければ維持は難しい。

古いクルマの部品供給を止めたいメーカーの事情

古いクルマの自動車部品は現行モデルほど数が見込めず、需要の見通しがしにくい。また1台当たり3万点ともいわれる部品の保管や管理、サービス体制の維持にコストがかかる。部品の再生産が必要になったときに備えて、金型や生産設備を残さなければならないこともあり、メーカーにとっては苦労が多い割に見返りは少ない。

新車販売を社是とし厳しい競争の中で生き残りをかけるメーカーにとっては、20年以上経過したクルマの部品供給は「コスト削減のため、やめられるなら今すぐにでも止めたい」というのが本音だろう。

購買力の高いマニア向けビジネスは儲かる

ただし古いクルマでも需要が見込めるのであれば、部品供給もビジネスになる。初代ロードスターは2代目のNB系のパーツが流用できる場合も多く、ビートも廃番部品は多くなってきたものの純正部品の供給は同年代のモデルと比較して良いほうだ。

今でも人気の高いモデルのため、メーカー以外のアフターパーツやリビルド品も多く、維持しやすい状況にある。

こうした背景もありロードスターは国内で12万台販売され、約2万3000台が現存、ビートもほぼ同数程度が現役で走っているといわれている。これだけの台数が市場に残っていることでメーカーとしても部品再生産のリスクを抑える事ができるのが、初代ロードスターとビートが選ばれた大きな理由だ。

最新のND型ロードスター、ビート後継といわれるS660がありながらも初代モデルを保有するユーザーは、思い入れの強いマニアだがクルマ趣味にはお金や時間をいとわない。少量の再生産ゆえに現役当時の数倍の価格で販売しても、オリジナルコンディションにこだわるユーザーはこぞって購入するだろう。ニッチな市場ではあるが、メーカーとしてはビジネスとして成り立つ目論見があるのは間違いない。

ブランド力向上に結び付けば一石二鳥

メーカー自身が自社の製品に愛着を持ち、製品を永く愛してくれるユーザーを大切にする企業姿勢は、ブランド力を高めることができる。

フェラーリやランボルギーニ、ポルシェなどの高級スポーツカーメーカーは、ヘリテージ部門を持ち自社のヴィンテージモデルのレストアをメーカーが実施または認定を行っている。メルセデスベンツ、ボルボなどもクラシックモデルのレストア事業に取り組んでいる。

国産メーカーでもホンダは新品の純正部品を使用し、初代NSXを新車レベルにまで整備する事ができる「NSXリフレッシュプラン」を準備し、NISMOも GT-R(BNR32~34)を対象に同様なサービスを既に提供している。NSXリフレッシュプランではすべてのメニューを行うと新車価格と同等の1000万以上の費用が必要だが、2017年8月現在で1年待ちと好調だ。

高級車では当たり前になりつつあるサービスを、ロードスターとビートという量産スポーツカーで実現させた事はメーカーの英断であり、称賛に値する。

ただしブランドを高めるにはこうしたサービスを継続しなければ意味がない。レストアメニューや対象モデルの拡大などの施策も必要だろう。(ZUU online編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)