北朝鮮リスクの警戒から金価格の上昇が目立っている。投資の世界には「有事の金買い」という言葉があり、市場のリスクが高まると金が買われる傾向がある。今回の北朝鮮リスクをキッカケに、分散投資としてポートフォリオに金を組み入れようと考えた方も多いだろう。金投資の種類とそれぞれのメリット・デメリットを確認していこう。

北朝鮮に対する警戒上昇で金の価格高騰

金投資,有事の金買い
(写真=PIXTA)

金はロンドン市場での1オンス当たりの米ドル建ての価格が国債取引の指標となる。直近の底値である7月10日の1213ドルから、北朝鮮の地政学リスクの高まりを背景に、9月4日には1325ドルをつけ年初来高値を更新した。2ヶ月半で9%の上昇を見せている。

近年で金が1320ドルを越えたのは、16年6月から9月にかけて英国がEU離脱を決定した後や16年11月の米大統領選の直前など、金融危機が高まった時期と重なる。

有事の際には、機関投資家は運用ポジションを縮小して市場の下落に備え、損失の拡大を防ごうとする。株式や債券の比率を下げ、金などの有事に強い資産に資金をシフトする。これを金融市場では、リスクオフと称している。金はリスクオフで買われる代表的な資産だ。

金は実物資産として有価証券をヘッジ可能

金は、株や債券といった有価証券の金融資産と違い、土地や他の貴金属とともに実物資産として分類される。有価証券の場合は国や企業など発行体が倒産してしまえば価値がゼロになることがあり得るが、実物資産である土地や金は存在する資源量が限られているため価格が下がることはあっても価値がゼロになることはない。日本の財政が破綻したとしても、金は世界中どこでも取引が可能だ。

金は、運用の主要アセットである株や債券といった有価証券とは違う値動きをするため、金融市場の下げをヘッジできる「守りの資産」としての特徴を持つ。年金など長期の資金運用での分散投資として適している。

金への投資方法 ①金地金、②金貨や宝飾品、③純金積立、④投資信託・ETF投資

金投資の方法は主に以下の4種類がある。

①金地金

金の延べ棒(ゴールドバー)など金の現物に投資する方法だ。田中貴金属などの貴金属商や商品会社などで購入できる。5グラムからでも購入できるが、小口だと手数料が高くなる。通常は1キログラム単位。現在は1キログラム500万円程度と高く、小口では投資しづらい。自分で保管するのが基本であり、保管手数料などはかからない。

②金貨や宝飾品

金貨や宝飾品は、①金地金と比べて、小口でも投資が可能である。

金貨には記念金貨と投資金貨があり、これも貴金属商や百貨店等で買える。趣味としての嗜好性も兼ねるため、実際の金そのものの価格よりプレミアムが乗っている。嗜好品としての性格も高いため、流動性・換金性は低い。金のネックレスなど宝飾品に投資するのも同じ範疇だろう。

③純金積立

金融商品に近い形で毎月一定額で積立購入する仕組みが純金積立だ。少額での投資が可能で長期の資産保全が目的なら検討に値するだろう。貴金属商や証券会社で取り扱いがある。年会費など口座にコストがかかる。

④ETF投資・投資信託

金の投資を手軽に始めたいなら投資信託・ETFがある。特にETFは上場株と同じように取引することができ、証券口座があればすぐにでも始められる。流動性・換金性が高い点もメリットである。

もっとも、正確に言うと実物資産ではなく有価証券になり、発行する会社の信用リスクが絡んでくる。売買手数料や信託報酬もかかるが、信用取引や売建も出来るため使い勝手もいい。

東証上場の金のETF

東京市場で金関連のETFは以下の7本、総資産順に並べた。ETFは必ずしも金に完全に連動する商品ではなく、トラッキングエラーが生じることもある。また流動性が少ない銘柄もあるため、内容を精査した上で投資をしよう。

SPDR ゴールド・シェア <1326>
EFTS金上場投資信託 <1672>
純金上場信託 <1540>
金価格連動型上場投資信託 <1328>
NEXT 金ブル ETN <2036>
NEXT 金ベア ETN <2037>
One ETF 国内金先物 <1683>

総資産が一番多いSPDR ゴールド・シェアは9月1日に年初来高値の1万3830円をつけた。直近安値7月14日の1万3110円からは5%の上げだ。その間ロンドン金は9%上げている。実は日本の金のETFは、円建てになるため為替の影響がある。

米国で時価総額が最も大きい金のETFのSPDRゴールド・トラスト(ティッカー:GLD)はドルベースのため、7月7日安値から直近高値まで金価格と同様に9%上げている。

金取引のデメリット

①為替の影響を受ける

金取引の一番のリスクはドル円の影響を受けることだろう。金価格がいくら上昇しても円高になれば、円建て価格は金の価格上昇を素直に反映しない。

②ETF以外は保管コスト、盗難リスク

ETF以外の金地金・金貨は、盗難リスクや保管コストが発生する。

③利子・配当がつかない

有価証券には利子や配当がつくが、金は実物資産でありインカムゲインはつかない。

たとえば株は、倒産リスクさえ考慮しなければ、株価が安くなり利回りが高くなれば、投資家の買いが期待できる。不動産も賃貸に出し、賃貸利回りさえ高くなれば一定の買い需要が発生する。

一方で金はあくまで需給だけだ。理論的な価値がないため、割安感、割高感を測定しづらい資産である。こう言ったデメリットを理解した上で、有事のヘッジ資産としては考えてみる必要があるだろう。

平田和生(ひらた・かずお)
慶応大学卒業後、証券会社の国際部で日本株の小型株アナリスト、デリバティブトレーダーとして活躍。ロンドン駐在後、外資系証券に転籍。日本株トップセールストレーダーとして、鋭い市場分析、銘柄推奨などの運用アドバイスで国内外機関投資家、ヘッジファンドから高評価を得た。現在は、主に個人向けに資産運用をアドバイスしている。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)

【あわせて読みたい 「金」記事】
「億超え」投資家が実践 大暴落に備える方法とは? | ZUU online
「金利を生まない」金が今注目を集める理由 | ZUU online
2017年の金価格「高値は1350ドル」か? 政治的リスクと利上げ先送りが支援要因 | ZUU online
地金型金貨の地金の違い〜購入方法と今後の行方を考える〜 | ZUU online
金ETFを活用した資産運用で「究極のリスク」に備える | ZUU online