IT専門家の給与が最も高い企業は、ゴールドマン・サックスやシティ、UBSなど金融セクターであることが、給与ランキングから明らかになった。トップ20中10社が金融機関だ。

ほかには資産運用企業コーヘン&スティアーズや日本でも化粧品の販売でお馴染みのエイボン・プロダクツが上位にランクインしているが、1位と20位の給与差は約19倍も開く。

高給与のイメージが強いIT企業はIBMが唯一トップ20入り。米最大手電話・インターネット配信企業AT&Tや東芝グローバル・コマース・ソリューションズなどが圏外に名を並べるという結果に。

ランキングは人材広告サイト「グラスドアー(Glassdoor)」が 、ニューヨークの企業のIT専門家(合計550人)の給与から平均値を割りだしたもの。現金・株によるボーナスや利益分配などを含む。調査の対象となったのはIT専門家の平均給与は6.7万ドルだ。

「IT専門家の給与が最も高い大手20社」と役職

IT,高所得,銀行,給与
(画像=Thinkstock/GettyImages)

20位 エイボン・プロダクツ(Avon Products) ITビジネス専門家 10万~11.9万ドル
19位 ラルフ・ローレン(Ralph Lauren)IT専門家 10.8万~11.7万ドル
18位 シティコープ北米(Citicorp North America) ITビジネス技術専門家 11.3万ドル
17位 IBM シニアIT専門家 11.6万
16位 IBM コンサルティングIT専門家 12.4万
15位 IBM IT専門家 12.0万~13.0万ドル
14位 エイボン・プロダクツ(Avon Products) IT専門家 9.6万~16.3万ドル
13位 シティバンク(Citibank) ITビジネス・テクニカル専門家  13.3万ドル
12位 シティバンク(Citibank) ITプロジェクト・テクニカル専門家 13.5万ドル
11位 BNYメロン(BNY Mellon) 13.5万ドル

10位 UBS  ITセキュリティ専門家 13.1万~14.7万ドル
9位 エイボン・プロダクツ(Avon Products) シニアIT専門家 14.1万ドル
8位 コンピューター・データ・ソース(Computer Data Source) シニアIT専門家  13.3万~15.2万ドル
7位 スミスソニアン(Smithsonian) 監督情報科学技術専門家 14.8万ドル
6位 コーヘン・アンド・ステアーズ(Cohen & Steers) IT専門家 14.1万~16万ドル
5位 TDアメリトレード・ホールディング IT専門家 15.7万~17.2万ドル
4位 ゴールドマン・サックス(Goldman Sachs) IT専門家ヴァイスプレジデント 14.7万~19.3万ドル
3位 シティバンク(Citibank) ITビジネスシニアIT専門家 17.4万ドル
2位 ゴールドマン・サックス(Goldman Sachs) IT専門家GSECヴァイスプレジデント 17.7万ドル
1位 ゴールドマン・サックス(Goldman Sachs) IT専門家 19.3万ドル

多様な分野をカバーするIT専門家 人材不足が慢性化