米国でも不動の人気を誇るビールだが、近年のトレンドはノンアルコールや低アルコール系に移行し、2016年2月〜2017年1月にかけて最も売れたビールのトップ3を、バドライトやクアーズライトなど「ライト」と呼ばれる代替ビールが占める結果となった。トップ10入りしたアルコール度数が通常のビールは、バドワイザーとアンハイザー・ブッシュ、ブルームーンのわずか3ブランドしかない。

こうした新たな潮流はミレニアル世代を中心に全米に広がりつつあり、量より質重視するビール愛飲家の間では、小規模なビール醸造所で製造されている「クラフトビール」の人気も高まっている。ランキングは統計サイト・スタティスタ が集計したもの。

米国で最も売れているビール12ブランド

ビール,低カロリー,ヘルシー
(画像=Thinkstock/GettyImages)

12位 イングリング・トラディショナル・ラガー 1.49億ドル
11位 キーストーン・ライト 1.60億ドル

10位 ブルームーン・ベルジャン・ホワイト・エール 1.64億ドル
9位 アンハイザー・ブッシュ 1.94億ドル
8位 ミラーハイ・ライト 1.95億ドル
7位 アンハイザー・ブッシュ・ライト 3.21億ドル
6位 ナチュラル・ライト 3.36億ドル
5位 ミカロブ・ウルトラライト 6.31億ドル
4位 バドワイザー 7.17億ドル
3位 ミラーライト 8.99億ドル 2位 クアーズライト 10.6億ドル
1位 バドライト 23.0億ドル

ビールの売上増は値上げが原因?