(本記事は、秋畑誠の著書『楽算メソッドⓇ: 数式・図式で思い通りの人生を手に入れる法則』合同フォレストの中から一部を抜粋・編集しています)

未来も「今」決めている

未来
(画像=Getty Images)

先生 今はまだ、未来は来ていません。明日何が起こるかはまだ分からないし、1年先、今やっているプロジェクトがどうなっているか、10年先、どこの政党が政権を握っているか、分かりませんよね?

ミク はい。分からないから、知りたくて占いとかが流行するんだと思います。

先生 そうですね。朝のテレビの情報番組でも雑誌でも、必ずといっていいほど占いのコーナーがあります。どうしてでしょう?

ミク やっぱり、不安だからじゃないですか?

先生 不安ですか?

ミク だって、未来に何が起こるか分からないし、不安にもなりますって。私もたまに、会社が倒産したらどうしよう...... とか考えて、眠れなくなることがあります。

先生 それは結構重症ですね。でも、その不安も、「今」つくっているものです。

図 6 ─ 3
(画像=楽算メソッドⓇ)

ミク 今......ですか?

先生 1週間先はどうしてるかな、1年先はどうしているかな、というイメージ。これは今、思い浮かべていることです。1年先に感じているのではなく、現在「1年先」をイメージしています。

ミク まぁ、そういうことになりますね。

先生 先ほど、「自分の過去は今決めている」という話をしました。

ミク はい。

先生 そして今度は、今、未来をセットしているという話をしました。ということは、過去も未来も、「今」存在しているということになるわけです。

ミク 過去も未来も、全部が「今」なんですか?

先生 はい。そういうことです。

ミク ちょっと、頭が混乱してきました。

先生 ここが重要なポイントです。よく「今を大切に生きるんだよ」ということが言われますが、今が大切というよりは、そもそもにおいて「今がすべて」なんです。

ミク 今がすべて。

先生 今、過去をどう捉え、今、未来に何をセットしているか。すべて、「今」やっていることです。過去に起こった出来事を、今、どう捉え直すか。先々にどれだけワクワクする未来をセットするか。そこが大切です。

ミク じゃあ、今現在はどうするんですか?「今ここ」とか「今を生きろ」とか言いますよね?

先生 もちろん、現在を楽しみ、味わうことも大切です。それと、過去、未来は共存します。過去をどう捉え、未来をどうイメージするか。それが、「今を生きる」という中に含まれているということです。

過去と未来が自在になる「砂時計の法則」

砂時計,時間
(画像=beeboys/Shutterstock.com)

ミク ううん......。

先生 どうしましたか?

ミク やっぱり、過去、現在、未来のところがよく分からないんです。

先生 ここは、これまでの常識とはかけ離れているので、ちょっと理解が難しいかもしれませんね。ちょっと、図解してみましょうか。

ミク お願いします。

先生 これまでは、このように、過去→現在→未来という理解をしていたんです(図6─4上部)。

図 6 ─ 4
(画像=楽算メソッドⓇ)

ミク はい、そうです。

先生 これ、ぐるんと90度回転してみましょうか。

ミク 回転?

先生 こんな感じで、縦にします(図6─4下部)。「楽算メソッド」では、時間の流れは、未来→現在→過去です。

ミク は? どういうことですか?ますます分からなくなってきました。

先生 未来から現在、過去に時間が流れていく。ちょうど砂時計のようなイメージです。砂時計の一番くびれているところが現在で、そこから過去に向かいます。

図 6 ─ 5
(画像=楽算メソッドⓇ)

ミク 砂時計はイメージしやすいですが、時間の流れというのはまだよく分かりません。

先生 まず、未来をセットしました。

ミク はい。

先生 未来をセットするというのは、上のガラスの部分に砂を入れるということです。その砂が、落ちてきて現在を通過する。

ミク セットした未来が叶ったということですね。

先生 そうです。そして、それが過去のものになっていく。

ミク ああ、なるほど。

先生 現在、つまり今は、常に砂時計の中心にあります。未来も過去も、この中心、今から見るものなのです。分かりますか?

ミク さっきまでよりは、だいぶ分かってきました。

先生 それはよかったです。この砂時計の法則を理解できると、思うままに自分を変えることができるようになりますよ。

ミク 砂時計の法則を理解するだけで自分を変えられるって、どういうことですか?そんな簡単に変われたら、苦労はないような気がするんですが......。

先生 みんな、過去に引きずられすぎです。「これまではこうだった」という過去の経験にがんじがらめにされています。だから、それに捉われてしまって変われないんです。

ミク だって、仕方ないじゃないですか。いろいろあっての今、なんですから。

先生 そうですか? この砂時計、砂はどちらに流れているんでしたっけ?

ミク あ、未来→現在→過去でした。

先生 そうですね。この砂時計の「今」には、過去は関係ありません。だから、好きに変われるんです。未来には何だって入れられるんですから。

ミク どんなふうにすれば変われるんですか?

先生 変わろうとする必要すらありません。楽しい未来をセットすればいいだけです。好き放題、セットしてしまってください。未来にセットしたことが、どんどん現在をつくっていきます。

図 6 ─ 6
(画像=楽算メソッドⓇ)
楽算メソッドⓇ
秋畑 誠(あきはた・まこと)

1974年生まれ。1999年電気通信大学大学院修士課程修了。
同年ソニーへ入社。16年間エンジニアとしてオーディオ設計に携わる。
2010年、小学校4年生で受けた全国一斉知能テストが全国1位だったことを知り、自分では当たり前だと思っていた思考方法が特異(強み)であることに気づく。
その後、心身不調をきっかけに、モノづくりからヒトづくりへの転身を決意。
2016年、株式会社バランス&チューニングを設立。
世の中の法則をシンプルな算数で図式化した「楽算メソッドⓇ」を開発。
4年間、営業ゼロ・告知ゼロにもかかわらず、口コミだけで受講生が集まり続ける。分かりやすさと高い成果が評判となり、ソニーや富士通をはじめとする企業・団体から定期研修や講演の依頼が相次いでいる。

※画像をクリックするとAmazonに飛びます
ZUU online library
(※画像をクリックするとZUU online libraryに飛びます)