資産運用,老後,退職金
(写真=PIXTA)

少子高齢化の進展によって、年金原資の不足が深刻な状況の中、老後安心して暮らしていくためには自分自身で老後の資産を確保することが不可欠となっている。そこで、今回は、退職前から始める資産運用について考えていく。

人生の中にはさまざまなリスクがあるが、「長生きのリスク」を耳にした方も多いのではないだろうか。もちろん長生きは良いことだが、金融資産がない状況で、長生きすることは金銭的に厳しくなるということでリスクになる。

国民年金の場合、40年間支払って受け取れる年金額は、年額780,100円、月で換算すると約65,000円となっている 。この金額は、生活保護費の金額よりも低く、到底これだけでは生活できない。

不動産収入のように、年齢に関係なく、しかも持続的に収入が入ってくる人はよい。しかし、多くのサラリーマンは、国民年金とそれに上乗せされる厚生年金をベースに退職金と預貯金等の金融資産で賄っていかなければならない。

つまり、年金で不足する分は退職金と預貯金等を取り崩していくことになる。そうすると、長生きして退職金と預貯金が底をつけば生活はできないことなる。

一生懸命働き、やっと老後ライフを楽しもうという時、まさか自分が生活保護を受けるなどと考えている人はいないと思うが、現実には老後に生活保護を受給している人は多くいる。

現役世代が老人の年金を負担するという年金の制度設計自体が問題だが、それを嘆いても何も始まらない。結局は自分のことは自分で守るしかない。では、どうすればよいのだろうか。


20代の資産運用「積み立ての習慣づけ」

20代の場合、収入も少なく、交際費や結婚資金なども大きな負担だ。しかし、少額でも良いので、積み立てるという習慣をつけ、長期に資金を貯めていくことが重要だ。

具体的には、定期預金、投資信託、個人年金などの積立性の金融商品を中心に資産運用を考えると良いだろう。ある程度資金が貯まったら、リスクの高い商品への投資も検討してみると良いだろう。


30代の資産運用「分散投資で資産の積み立て」

30代からは、家族が増えたり、住宅購入、自動車購入など出費も増える時期で、一定の金額は積み立てていくことが重要である。

この時点で一定の資金を保有している場合には、積立だけでなく、運用によって資産を増やしていくという視点も入れていく必要がある。具体的には、インフレ対策として株式投資や株式投資信託を、為替リスクの回避には外貨預金、などといった分散投資が有効となる。


40代の資産運用「退職後の資金準備」

40代の場合、既に資金を貯めてきた人とそうでない人では結構な差がついている。残念ながら資金は貯めてきていないと言う人でも退職まではまだ時間があるので、今からでも資金を準備すべきだ。

ここで注意すべきは、退職まで時間があるとはいえ、それほど遠い将来ではないので、あまりリスクの高い商品には手を出してはいけない。

一方、ある程度の資金がある人は、例えば、収益物件としての不動産を購入することなども視野に入れるとよいだろう。


50代の資産運用は「整理・活用の計画」

50代では、いよいよ、退職まで10年程度ということなので、資産を整理しながら、退職後を見据えて、資産をどのように活用していくかを考える必要がでてくる。

どのような資産を保有し、それを維持するためにはどのようなコストが掛かるのか、年間の資産減少額を補うだけの収益が確保できるか、また、資産が減少したとして何年資産を維持できるのかなど、綿密なシミュレーションを行う必要がある。

そして、いよいよ退職となった場合には、その計画に従い着実に実行していく。高齢になるにつれて、医療費等若い時には掛からなかった費用も増大してくるので、定期的に支出を見直しすることをお勧めする。

このように、年齢や資産の有無により、運用方法は多種多様であり全てを紹介することはできない。しかし、少なくとも、この機会に老後の備えは自分でしなければならないということと、そのためには早い段階で準備することが大事であることを確認していただきたい。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
・資産運用の初心者が大失敗しないために押さえたい4つのポイント
人類史上長者1位は誰?「現役」からはビル・ゲイツ氏が9位にランクイン
なぜ、今「赤色」が人気なのか?景気と色のおもしろい関係
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
10位でも1億円?世界一高いスーパーカーランキング【2015年版】