楽天証券のNISA 概要

概要 | 楽天証券のNISAでお得に投資!国内株式の売買手数料無料&楽天ポイントが使える

国の税制優遇制度であるNISAは、楽天証券でも投資ができます。通常の証券口座の投資では、株式を売却することで得られる売却益や投資した会社が利益を上げると得られる配当、分配金には20.315%の税金がかかります。NISAの口座で投資を行えばそれらの税金はかかりません。しかし、税金がかからないからいくらでも投資していいという訳ではないのです。非課税となる年間投資限度額は120万円までなので、年間の投資額には注意が必要です。

楽天証券では楽天ポイントで投資を行えるのが特徴です。実は楽天ポイントでもNISAに投資を行うことができるので、普段から楽天ポイントを利用している方ならお得に運用できるでしょう。また、国内株式の売買手数料が無料な点や専用アプリが使いやすいという点で、投資初心者の方でもはじめやすい設計になっています。ただし、新規公開株式(IPO)は楽天証券のNISAでは取引対象外です。

取扱銘柄数

楽天証券の一般NISAで取り扱っている対象商品は大きく分けて3つあります。国内株式、投資信託、外国株式(海外ETF含む)です。新規公開株式(IPO)は対象外になっています。

特に投資信託の本数が豊富で、それぞれ目的にあった投資商品を選べるのが魅力的です。投資信託は投資家たちから集めたお金で、運用のプロが株式や債券に投資をして利益を還元する仕組みなので、低リスクで運用できます。NISAなど長期運用前提のものと非常に相性が良いでしょう。

国内株 | 楽天証券では国内ETFや国内リート、楽天証券取り扱いの公募増資・売り出し(PO)//立会外分売も対象

楽天証券NISAの国内株式は現物取引はもちろん、国内ETF、国内リートや楽天証券取り扱いの公募増資、売り出し(PO)、立会外分売も対象です。ただし、新規公開株式(IPO)と貸株サービスはNISA対象外となるため注意が必要になります。

日本の企業に投資ができるので、普段自分が使っているブランドやサービスに直接投資できるのが魅力です。また、株式投資だとリスク面が気になるという方には国内ETFもNISAの対象なのでそれぞれのニーズにあった投資ができます。

海外株 | 楽天証券で取り扱っているすべての外国株式がNISAで取引可能!

楽天証券NISAの外国株は、米国株式、中国株式、アセアン株式、海外ETFが対象となっています。原則として楽天証券で取り扱っている、すべての外国株式がNISAで取引可能です。

外国株式で得た配当金は、国内の所得税、住民税の非課税対象です。ただし、外国税は発生するので、投資する際は外国税も視野に入れて検討するとより効率的な運用が行えます。

投資信託 | 楽天証券で取り扱っているすべての投資信託がNISAで取引可能!

楽天証券NISAの投資信託取扱本数は大手ネット証券の中でもトップクラスです。一部例外もありますが、楽天証券で取り扱っているすべての投資信託がNISAで取引できます。投資信託の本数が多いことでさまざまなニーズに対応した投資が可能です。NISAは損失が出てしまうと非課税のメリットがなくなってしまうので、リスク分散に適した投資信託で運用するのに適しています。

IPO対応 | 楽天証券ではIPO非対応

残念ながら、楽天証券NISAは新規公開株式(IPO)に対応していません。IPOに対応している他のネット証券だと「SBI証券」や「GMOクリック証券」が挙げられます。

手数料

楽天証券NISAの手数料には買い付け手数料と売却手数料がありますが、国内株式の取引に関しては買い付け手数料、売却手数料ともに無料です。しかし、投資信託の場合は買い付け手数料は無料ですが、ファンドによっては売却時に信託財産留保額と呼ばれる売却手数料が発生する場合があるので注意が必要です。

外国株式は買い付け、売却ともに手数料が発生してしまうので、楽天証券NISAでは国内株式をメインで投資をすることで低コストで運用できます。しかし、外国株式といっても海外ETFであれば買い付け手数料に関しては全額キャッシュバックされるので海外ETFの買い付け手数料は実質無料です。

また、楽天証券NISAの口座開設料、管理料は無料なのも魅力の1つです。

今、読まれている記事