睡眠,ランキング
(写真=Thinkstock/Getty Images)

iTuneストアなどでも購入可能なスマート睡眠アラーム・アプリ「スリープ・サイクル」のユーザー94万1300人から集計したデータから、世界各国の睡眠パターンが明らかになった。

対象となった50カ国中、最も良質の睡眠をとっている上位3カ国はスロバキア、中国、ハンガリー。アジア諸国からは台湾7位、香港17位、タイ19位、韓国21位などがランクインし、日本は35位という結果となった。そのほか米国48位、オーストリア46位、英国44位、カナダ41位と、発展国の多くが「良質な睡眠」に渇望している。

興味深いのは、睡眠時間と睡眠の質が必ずしも比例しているわけではないという点だ。睡眠の質では1位のスロバキアだが、平均睡眠時間では6時間57分と平均睡眠時間が最も短い日本(6時間52分)とわずか5分の差しかない。また最も平均睡眠時間が長い国であるニュージ—ランド(7時間27日)は、睡眠の質では世界47位となっている。

世界中が最も上機嫌で夜更かしするのは土曜日

調査によると、中国、チェコ、スイスを含む58%の国が水曜日の夜から木曜の朝にかけてに最も良質の睡眠をとっており、90%近くの国が土曜の夜から日曜にかけて最も睡眠時間が長くなる。日本の週間平均睡眠時間は5時間52分と世界1短いが、土曜日には27分多い6時間9分の睡眠をとっている。

各国が最も早起きするのは月曜日で、中での南アフリカの平均起床時間は6時9分。最も寝起きが悪いのは火曜日の朝で、米国、スペイン、ブラジルなどの人々が「嫌々起きている」。

寝起きが最高の朝と最も夜更かしをする日は同日というパターンが多く、日本を含む71%の国では土曜日、米国、カナダ、ニュージーランドでは金曜日となっている。意外にも66%の国で睡眠時間が最も短いのは日曜日だ。

最も良質の睡眠に恵まれている国はスロバキア

20位 ベルギー(平均睡眠時間 7時間18分)
19位 タイ(6時間42分)
18位 オランダ(7時間24分)
17位 香港(6時間39分)
16位 フランス(7時間14分)
15位 コロンビア(6時間37分)
14位 ルーマニア(6時間58分)
13位 イタリア(6時間54分)
12位 ポルトガル(6時間59分)
11位 ロシア(6時間45分)

10位 ドイツ(7時間7分)
9位 ウクライナ(6時間52分)
8位 オーストリア(7時間7分)
7位 台湾(6時間21分)
6位 スイス(7時間8分)
5位 ポーランド(6時間50分)
4位 チェコ共和国(7時間00分)
3位 ハンガリー(7時間2分)
2位 中国(6時43分)
1位 スロバキア(6時間57分)  (ZUU online 編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)