ジブリの法則,小型株効果,サザエさん効果,年末株高
(写真=Thinkstock/Getty Images)

年末はなぜか株価が上がりやすいというのは株式市場では有名な話だ。株式市場はその長い歴史の中で人間(最近ではロボットも)が株式を売買することで形作られてきた。

そんな中で代表的な分析方法であるファンダメンタル分析やテクニカル分析などでは説明がつかないような市場の癖(傾向)があることがわかった。科学的には説明できないのに株価の動きの傾向があることを市場のアノマリーという。

これは人間の行動や心理には一定の癖があり、株式市場の動きや流れにおいてもその癖がそのまま現れるということなのではないかと考えられている。それでは株式市場で有名なアノマリーのご紹介をしていこう。

年末株高のアノマリー 株価が高くなる理由

アノマリーの中でも最も有名なものが、年末へと向けて株価が上昇していく傾向があるといものだ。これは一般に言われるセルインメイ(5月の売り)とも関係している。株式市場では、5月に株価が売られ、海外市場の長いバカンス時期のある中だるみの時期を経て、ようやくハロウィンのころから株価が上がり始める傾向がある。また年末にはクリスマスがあるので、米国株式市場ではクリスマスラリーと呼ばれるご祝儀のような相場が見られる場合がある。それもあって株価は年末へと上がっていきやすくなるのだ。

今一番ホットな話題? 米大統領選のある年のアノマリー

大統領選のある年とその前年は株価が上がりやすいというアノマリーがある。なぜか大統領選のある年より前年の方がパフォーマンスが高くなるというデータがあるようだ。今年はトランプ大統領が誕生が決定した年である。トランプ大統領の政策の不透明性から一時的に株価が下がったが、その後米国株式市場は何事もなかったかのように高値を更新し続けている。これにアノマリーが関係しているかどうかはわからないが少なくともアノマリーがはずれたというわけではなさそうである。

アニメからわかる株価のアノマリー

――サザエさんの法則、ジブリの法則

日本のアニメが株式市場の動きに関係しているというアノマリーである。

まずはサザエさんの法則。これはサザエさんの視聴率が低い時には株価が高く好景気であり、逆に視聴率が高い時には株価が低く不景気であるというものだ。たしかに、景気の悪い時には巣ごもり消費が流行ることなどから、家の中にいる時間が長くなる。そのため、日曜の夕方に定番のサザエさんを見ている、つまりお金のかからない行動をとっているということがそのまま景気に現れるということなのであろう。

次にジブリの法則も非常に有名だ。これはジブリが放送される金曜の夜には外為市場が荒れるというもの。根拠はないがなぜか市場にて話題となることがおおいアノマリーだ。毎月第一金曜日に発表される米国雇用統計と重なることもあり、外為市場が活発化したときにジブリが放送されることがあったことからこの法則が生まれたとする説がある。ちなみに直近4回のジブリの法則では2016年1月22日放送後、11月4日放送後にパニック的な暴落が発生しているのは興味深い。

小型株効果のアノマリー パフォーマンスが高くなる?

トヨタ自動車や東京三菱UFJ銀行などの企業規模の大きな株式を大型株というが、市場には企業規模が数十億円程度の小型の株式もたくさん存在している。小型株効果とは、そんな規模の小さめな企業への投資をしている方が大型株への投資をするよりも投資対効果が高まるというアノマリーである。

確かに小型株は一度投資家に注目されると大きく上昇することがある。銘柄によっては株価が10倍以上になることもあり、大型株にはほとんどない傾向だといえる。しかし、それだけ大きく動くということはリスクも高いということであり、リスクとリターンを総合的に判断するとアノマリーとして確立されている小型株効果はすこしだけ大げさだとみる向きもある。

アノマリーは盲信してはいけない 参考程度に

アノマリーはあくまで「そう動く傾向がある」というものだ。必ずしもそう動くとは限らないと認識しておこう。ただ、アノマリーを見て投資をしている投資家も多いため、その投資家たちの流出入する投資資金によってアノマリーがより一層強められるということも忘れてはならない。

個人的な見解としては、もしアノマリーを利用するのであれば、「○○の時期は売られるから、一応警戒しておく」「○○には株価が上がりやすいから、少しだけ打診で買っておく」程度の軽いスタンスで利用するのが良いと考えている。いずれにせよ、有名なアノマリーだからと言って妄信しないことが大事なのだ。

谷山歩(たにやま あゆみ)
早稲田大学を卒業後、証券会社において証券ディーリング業務を経験。ヤフーファイナンスの「投資の達人」においてコラムニストとしても活動。2015年には年間で「ベストパフォーマー賞」「勝率賞」において同時受賞。個人ブログ「 インカムライフ.com 」を運営。著書に『 元証券ディーラーたにやんの超・優待投資 草食編 Kindle版 』(インカムライフ出版)がある。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)