3月株主優待特集 特集「2016年回顧→17年展望」 広告特集「太陽光投資」 特集「不動産投資のはじめ方」 特集「仮想通貨/ビットコイン」 「トランプ大統領」誕生へ DC特集
特集「2016年回顧→17年展望」
サクソバンク
Written by ZUU online編集部 3,954記事

【ウォール街 特急便】

2017年の金価格「高値は1350ドル」か? 政治的リスクと利上げ先送りが支援要因

金価格,見通し
(写真=Thinkstock/Getty Images)

今年2月、LBMA(ロンドン貴金属市場協会)が公表した金価格の見通しは、2016年の平均値で1103ドルと予想されていた。2015年は1160ドルだったので、4年連続の下落が見込まれていたことになる。だが、2016年12月16日現在までの平均は1253ドルであり、今年は4年ぶりの上昇となりそうだ。

2016年の金価格上昇の原動力は、政治リスクとFRBの利上げ先送りだった。政治・経済の不透明感が「資金の安全な逃避先」としての金の魅力を高めたのだ。英国民投票後の7月には金価格は一時1350ドルを上回った。またこの時期、米利上げが先送りされたことで米金利が低下したことも追い風となった。

米大統領選挙後は、政治的な不透明感が後退するとともに金利が急騰、為替市場でもドルが上昇したことから金価格は反落しているが、2017年はどのような展開となるのだろうか?

世界の金需要は大幅に減少している

ワールド・ゴールド・カウンシルが発表した、今年7〜9月期の世界の金需要は993トンと前年同期比10%減少した。7〜9月期の金価格の平均は1335ドルと前年同期(1124ドル)を19%上回っており、価格の上昇が需要減少を招く結果となった。一方、供給はリサイクルが大幅に増加したことで4%増の1173トンとなり、差し引き180トンの供給過剰となった。

金価格の上昇で宝飾品需要が21%減の493トンに落ち込んだほか、投資需要では地金・コインも36%減の190トンへ減少した。一方、英国のEU離脱や米大統領選挙を控えた先行き不透明を反映してETFの投資が146トン増加している。ETFの増加は欧州で顕著だった。欧州では来年も主要国で選挙が予定されていることから、引き続きETFの購入は高水準を維持する見通しだ。

国別では、世界最大の消費国であるインドが28%減の155トン、第2位の中国が22%減の142トンとなった。

インドでは金価格の高騰が需要の後退を招いたことに加え、政府が金取引の透明性を高める目的で規制を強化していることもマイナス要因となっている。ただし、インド政府が11月9日に高額紙幣の廃止を打ち出したことで金への需要が盛り返しているとも伝えられている。

中国でも価格の高騰が需要減少の主因となったが、「モノ」から「体験型」へと消費者の嗜好が変化したことも指摘されている。すなわち、「金」を購入するのではなく「旅行」などにお金を使いたいと考える消費者が増えており、特にミレニアル世代と呼ばれる若者に顕著であるという。

次のページ
ジム・ロジャース氏「金価格はしばらく下落するだろう」
12
page 1 of 2
2017年の金価格「高値は1350ドル」か? 政治的リスクと利上げ先送りが支援要因
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします

ウォール街 特急便

PREV 「2017年はより便利で身近なフィンテックサービスが生まれる...
NEXT ミレニアル世代に聞いた「2017年に始めたいこと」……2位は節約...