2017年3月の株主優待,配当利回り,実質利回り
(写真=Thinkstock/Getty Images)

2017年を迎え、企業の本決算時期も近づいてきた。それに伴い3月の株主優待や配当の権利取りの日も着実に近づいてきている。特に優待に関して言えば、3月権利のものだけで732社(2017年1月8日現在)が実施の予定であるため、できるだけ利回りが高く役立つ優待を選びたい。

そこで配当と優待を合わせて計算した実質利回りの高い優待株を20社ランキングにした。高利回りとはいっても業績進捗状況の芳しくない企業はランキングより省いてある。3月権利の優待株を買う際の参考にしていただければ幸いだ。

※利回り計算のための株価は2017年1月8日現在の終値に基づいて計算している。


2017年3月の株主優待1位:オートウェーブ <2666>

――実質利回り15.0%

【銘柄名 <コード> 】オートウェーブ <2666>
【株価】120円
【必要投資金額】1万2000円
【実質利回り】15.0%(優待利回り15%+配当利回り0%)
【優待内容と配当】年2回(3月・9月)100株以上でオートウェーブなどの店舗で利用可能な優待券を3枚(2000円ごとに300円割引)。保有株数増に応じて優待券も増。配当はなし。

2017年3月の株主優待2位:モーニングスター <4765>

――実質利回り10.86%

【銘柄名 <コード> 】モーニングスター <4765>
【株価】323円
【必要投資金額】3万2300円
【実質利回り】10.86%(優待利回り8.54%+配当利回り2.32%)
【優待内容と配当】株式新聞ウェブ版のクーポン3か月分。保有株式数に応じてクーポンも増加。これに加えて、サプリメントや健康補助食品などの無料引き換えや割引券も(前回実績)

2017年3月の株主優待3位:山喜 <3598>

――実質利回り10.82%

【銘柄名 <コード> 】山喜 <3598>
【株価】231円
【必要投資金額】2万3100円
【実質利回り】10.82%(優待利回り8.66%+配当利回り2.16%)
【優待内容と配当】年2回(3月・9月)100株保有で自社商品購入のための割引券1000円相当(紳士服などで使用可能)。保有株式数に応じて割引券も増加。配当は1株当たり5円。

2017年3月の株主優待4位:日神不動産 <8881>

――実質利回り9.47%

【銘柄名 <コード> 】日神不動産 <8881>
【株価】549円
【必要投資金額】5万4900円
【実質利回り】9.47%(優待利回り7.29%+配当利回り2.19%)
【優待内容と配当】①新築マンション分譲価格の1%割引券 ②平川カントリークラブ プレー割引券 2000円相当を2枚 1株配当は12円

2017年3月の株主優待5位:ニッコー <5343>

――実質利回り9.26%

【銘柄名 <コード> 】ニッコー <5343>
【株価】108円
【必要投資金額】10万8000円
【実質利回り】9.26%(優待利回り9.16%+配当利回り0%)
【優待内容と配当】年2回(3月・9月)5000円相当の自社陶磁器商品5点から1つ選択もしくは自社オンラインショップの商品5000円割引クーポン1枚 配当はなし

2017年3月の株主優待6位:オンキヨー <6628>

――実質利回り9.09%

【銘柄名 <コード> 】オンキヨー <6628>
【株価】110円
【必要投資金額】1万1000円
【実質利回り】9.09%(優待利回り9.09%+配当利回り0%)
【優待内容と配当】年2回(3月・9月)総合ショッピングサイト「ONKYO DIRECT」で利用可能なクーポン券1000円相当。保有株数に応じてクーポンは増加。9月は音楽配信サービス用のクーポン1曲分。配当はなし。

2017年3月の株主優待7位:ベリテ <9904>

――実質利回り8.47%

【銘柄名 <コード> 】ベリテ <9904>
【株価】124円
【必要投資金額】12万4000円
【実質利回り】8.47%(優待利回り4.03%+配当利回り4.44%)
【優待内容と配当】年2回(3月・9月)1000株保有でジュエリー専門店で利用可能な株主優待券5000円相当。保有株数に応じて割引券は増加。9月のみ10%割引カード。配当は1株当たり5.5円。

2017年3月の株主優待8位:リソルHLD <5261>

――実質利回り8.41%

【銘柄名 <コード> 】リソルHLD <5261>
【株価】345円
【必要投資金額】34万5000円
【実質利回り】8.41%(優待利回り6.96%+配当利回り1.45%)
【優待内容と配当】年2回(3月・9月)ゴルフ場・リゾート施設・ホテル・スポーツ施設などで利用可能な会員券。またRESOLファミリー商品券12000円分(2000円が6枚)。保有株数に応じて商品券は増加。配当は1株当たり5円。

2017年3月の株主優待9位:竹田印刷 <7875>

――実質利回り8.05%

【銘柄名 <コード> 】竹田印刷 <7875>
【株価】534円
【必要投資金額】5万3400円
【実質利回り】8.05%(優待利回り5.62%+配当利回り2.43%)
【優待内容と配当】年2回(3月・9月)1000株あたりで魚沼産コシヒカリ5キロ(3月)。9月は100株以上保有で自社カレンダー。配当は1株当たり13円。

2017年3月の株主優待10位:平和 <6412>

――実質利回り7.99%

【銘柄名 <コード> 】平和 <6412>
【株価】2754円
【必要投資金額】27万5400円
【実質利回り】7.99%(優待利回り5.08%+配当利回り2.90%)
【優待内容と配当】年2回(3月・9月)PGMグループ運営のゴルフプレー代金より最大で3500円の割引(季節による利用条件の制限あり)。100株以上で2枚。保有数に応じて割引券は増加。1株配当は80円。

2017年3月の株主優待11位:進学会 <9760>

――実質利回り7.58%

【銘柄名 <コード> 】進学会 <9760>
【株価】594円
【必要投資金額】5万9400円
【実質利回り】7.58%(優待利回り5.05%+配当利回り2.53%)
【優待内容と配当】自社運営のスポーツクラブや塾などで使用可能な3000円相当の割引券。1株当たりの配当は15円。

2017年3月の株主優待12位:まんだらけ <2652>

――実質利回り7.55%

【銘柄名 <コード> 】まんだらけ <2652>
【株価】543円
【必要投資金額】5万4300円
【実質利回り】7.55%(優待利回り7.37%+配当利回り0.18%)
【優待内容と配当】年2回(3月・9月)自社で発売している雑誌(3月権利分は6月・9月発刊の雑誌)。9月は2000円相当の割引券。割引券は保有数・保有期間に応じてグレードアップ。1株配当は1円。

2017年3月の株主優待13位:ラウンドワン <4680>

――実質利回り7.39%

【銘柄名 <コード> 】ラウンドワン <4680>
【株価】812円
【必要投資金額】8万1200円
【実質利回り】7.39%(優待利回り4.72%+配当利回り2.52%)
【優待内容と配当】年2回(3月・9月)100株保有でボウリング場などで利用可能な500円割引券を4枚(2000円分)とクラブカード引換券2枚。保有株数に応じて増加。初心者向けのボウリングレッスン券1枚も。1株配当は20円。

2017年3月の株主優待14位:ヤマダ電機 <9831>

――実質利回り7.24%

【銘柄名 <コード> 】ヤマダ電機 <9831>
【株価】635円
【必要投資金額】6万3500円
【実質利回り】7.24%(優待利回り4.73%+配当利回り2.21%)
【優待内容と配当】年2回(3月・9月)100株保有で1000円相当の自社商品券(1000円ごとに1枚利用可能)。9月は2000円相当の商品券。長期保有・保有株数に応じて、もらえる商品券は増加。1株配当は16円。

2017年3月の株主優待15位:プラザクリエイト <7502>

――実質利回り6.94%

【銘柄名 <コード> 】プラザクリエイト <7502>
【株価】317円
【必要投資金額】3万1700円
【実質利回り】6.94%(優待利回り+配当利回り)
【優待内容と配当】年2回(3月・9月)100株保有で商品割引1000円相当(デジカメプリント券)保有株数に応じて増加。9月は500円の優待券。1株配当は7円。

2017年3月の株主優待16位:オートバックス <9832>

――実質利回り6.77%

【銘柄名 <コード> 】オートバックス <9832>
【株価】1773円
【必要投資金額】17万7300円
【実質利回り】6.77%(優待利回り3.38%+配当利回り3.38%)
【優待内容と配当】年2回(3月・9月)自社グループ店舗で使用可能な3000円分のポイントカード。保有株数に応じてポイントは増加。1株配当は60円。

2017年3月の株主優待17位:SBIホールディングス <8473>

――実質利回り6.67%

【銘柄名 <コード> 】SBIホールディングス <8473>
【株価】1569円
【必要投資金額】15万6900円
【実質利回り】6.67%(優待利回り3.80%+配当利回り2.87%)
【優待内容と配当】健康補助食品「アラプラス」の無料引換申込券1枚(通常価格2980円分2個)。ほか割引購入申し込み券なども。保有株数に応じて申し込み券は増加。長期保有での優遇もあり。1株配当は45円。

2017年3月の株主優待18位:SANKYO <6417>

――実質利回り6.46%

【銘柄名 <コード> 】SANKYO <6417>
【株価】3870円
【必要投資金額】38万7000円
【実質利回り】6.46%(優待利回り2.58%+配当利回り3.88%)
【優待内容と配当】年2回(3月・9月)ゴルフ「吉井カントリークラブ」などで利用可能な5000円相当の割引券。保有株数に応じて、優待内容変更。1000株保有からは割引券ではなく無料券にグレードアップされる。1株当たりの配当は150円。

2017年3月の株主優待19位:海帆 <3133>

――実質利回り6.35%

【銘柄名 <コード> 】海帆 <3133>
【株価】940円
【必要投資金額】9万4000円
【実質利回り】6.35%(優待利回り6.35%+配当利回り0%)
【優待内容と配当】年2回(3月・9月)自社店舗で利用可能なお食事優待券3000円分またはおこめ券(3Kg相当)配当はなし。

2017年3月の株主優待20位:関門海 <3133>

――実質利回り6.35%

【銘柄名 <コード> 】関門海 <3133>
【株価】315円
【必要投資金額】3万1500円
【実質利回り】6.35%(優待利回り6.35%+配当利回り0%)
【優待内容と配当】年2回(3月・9月)100株保有で玄品フグなどで利用可能な割引券1000円券。保有株数に応じて、増加。300株で3980円コースへとグレードアップ。配当はなし。

3月の権利はほかにもたくさん

ご紹介した20社をみても一番利回りが低いものが6.35%であるなど、3月の権利確定においては高利回り優待の層の厚さが見て取れる。上記ランキングから探してもよいが、もう一つお勧めの探し方は、優待のジャンル別に利回りランキングを見てみることだ。

例えばヤフーファイナンスなどのサイトでは優待のページにおいてジャンルごとに絞ることができる。意外な高配当・高利回りのお役立ち優待が見つかるかもしれないので、3月優待を狙うのであればぜひそちらもチャレンジしていただきたい。

(注)当該記事は一般的な情報提供を目的としており、特定銘柄への投資を推奨するものではありません。

谷山歩(たにやま あゆみ)
早稲田大学を卒業後、証券会社において証券ディーリング業務を経験。ヤフーファイナンスの「投資の達人」においてコラムニストとしても活動。2015年には年間で「ベストパフォーマー賞」「勝率賞」において同時受賞。個人ブログ「 インカムライフ.com 」を運営。著書に『 元証券ディーラーたにやんの超・優待投資 草食編 Kindle版 』(インカムライフ出版)がある。

【編集部のオススメ記事】
NISA口座おすすめランキング、銀行と証券どっちがおすすめ?(PR)
株主優待投資デビュー「損を避ける」3つの選び方
10万円以下で買える2017年3月の株主優待 5銘柄
株主優待「一石二鳥」の投資法 必要な3ステップとは?
株主優待をタダでもらえる「クロス取引」の落とし穴
「利回り60%」の1株優待 たった1000円からできる株式投資

【あわせて読みたい 「株主優待」記事】
グローバル視点のビジネスパーソンが見るべき5つの英語情報源
株主優待「質の高い」情報を集める5つの方法
価値開発---2017年度株主優待、運営ホテル及びフランチャイズの一部ホテルを優待価格で利用可能に
JR九州、明日上場 株主優待はどんな内容? JRグループの他社の優待は?
ソフトバンクの株主優待で携帯料金がお得?